デューク・エリントン楽団 in 福岡
小島勉・Naomi・小林恵子・定行洋

2003年10月30日(木)~11月1日(土)

 このページのそれぞれの日の内容につながりはないのですが、デューク・エリントン楽団が共通の話題になっているので、まとめてみました。


2003年10月30日(木)
☆ライブ鑑賞
<福岡 バックステージ>
「佐藤達哉 グループ」
佐藤達哉(ts) 米田正義(p) 早川哲也(b) 小島勉(ds)
デューク・エリントン楽団がセッションしに来た!

2003年10月31日(金)
☆小林恵子ちゃんが福岡入り
デューク・エリントン楽団が来たらしい。

2003年11月1日(土)
<福岡大名のホテル>
<結婚式の演奏>
「小林恵子 デュオ」
小林恵子(as) 久保田浩(p)
デューク・エリントン楽団はやはり来た!


2003年10月30日(木)
☆ライブ鑑賞
<福岡 バックステージ>
「佐藤達哉 グループ」
佐藤達哉(ts) 米田正義(p) 早川哲也(b) 小島勉(ds)
デューク・エリントン楽団がセッションしに来た!

 この日、福岡のバックシテージへ佐藤達哉さんのカルテットを観に行きました。達哉さんとは福島で1回一緒にライブをやった事があるだけですが、ドラムの小島さんにはだいぶ前から大変お世話になっていて、小島さんから前もって連絡があったので、前々からこのライブへ行く予定にしていました。またこの日は北九州のヴォーカリストのNaomiさんも都合が良かったので一緒に行く事にしました。

 北九州をちょっと遅めに出たので、1ステージ目の最後から2曲めぐらいの時に店に着きました。達哉さんは相変わらずバリバリ吹いていましたねぇ。素晴らしいです。他のメンバーも素晴らしかったです。1ステージ目が終わって小島さんと挨拶。達哉さんとも挨拶。「福島のあの時のキーボード・・・」ですぐわかってもらえました。

 そしてライブが終わってからです。私と小島さんとNaomiさんとで話していた時、福岡ブルーノートで公演をやっていたデューク・エリントン楽団のメンバーがぞろぞろと入って来て、ジャムセッションをやるではないですか。これは凄い!マスターに聞くと、エリントン楽団がブルーノートで公演をやる時は、その後に必ずメンバーの一部がバックステージに来てジャムセッションをするとの事でした。いや~、こんなのはめったに観られるものではありません。この日はかなりお得でした。ライブも観れて、さらに本場のジャムセッションまで観られましたからねぇ。途中で達哉さんや小島さんも参加していました。

 何曲か聴いた後、バンドメンバーが打ち上げに行くとの事で、私とNaomiさんも帰る事にしました。Naomiさんもかなり感動した様子。そりゃそうですよね。感動の中、2人で北九州へ帰りました。


2003年10月31日(金)
☆小林恵子ちゃんが福岡入り
デューク・エリントン楽団が来たらしい。

 東京の知人ヴォーカリスト、小林恵子ちゃんから「福岡のホテルで友人の結婚式があって歌う事になったので伴奏をやってもらえませんか?」と連絡がありました。日程も合いOKです。彼女は1日前に福岡に入るとの事で、打ち合わせがてら会おう、という事になり、この日、福岡へ行きました。

 久しぶりの挨拶。そして打ち合わせ。といっても譜面や音源はすでにもらっていて、難しい曲もなかったので、すぐ飲み会をやる事に(^^)。ホテルの場所は福岡の大名で、ライブハウスのバックステージの近く。とりあえずバックステージへ行きました。が、時間が早すぎてライブまではかなり時間があったので、近くの居酒屋へ行きました。

 その後、バックステージへ行きました。ライブはピアノの井上さんのトリオでした。井上さんの演奏は前にも観ましたが、やはり良かったです。

 私はこの日、深夜0時過ぎの最終の高速バスで帰らなければならなかったので、時間になり、2人で店を出て天神バスセンターへ行き、そこで恵子ちゃんと別れました。

 その後の事です。恵子ちゃんはこの後すぐホテルへ戻ると思っていましたが、後から話を聞くとバックステージへ戻ったとの事でした。理由はもちろん「エリントン楽団のメンバーがジャムセッションをしに来るかもしれない」という情報があったからです。恵子ちゃんが店に戻ると、やはりメンバーは遊びに来て、大ジャムセッション大会になったようです。私は最終バスだったので帰らなければならなかったんですよねぇ。クソッ(^^)


2003年11月1日(土)
<福岡大名のホテル>
<結婚式の演奏>
「小林恵子 デュオ」
小林恵子(as) 久保田浩(p)
デューク・エリントン楽団はやはり来た!

 この日は、東京の知人ヴォーカリスト、小林恵子ちゃんと結婚式の仕事でした。

 私の出番は彼女の歌の伴奏の数曲だけ。彼女は新婦の友人ということで席がありましたが私は無く、裏で1人で出番を待ってました。そして本番。曲は、ジャズのスタンダードナンバー、So Many Stars など、最後は新婦のリクエストでミーシャの Everything でした。

 結婚式が終わって二次会まで少し時間があったので、恵子ちゃんはホテルへ、私はCD屋へ行きました。

 夕方、恵子ちゃんと待ち合わせて、集合場所へ。二次会。博多もつ鍋屋でした。私は東京の博多もつ鍋屋は行った事がありますが、本場は初めてでした。濃ゆい。こっちのほうがいいです。

 二次会の終わり頃、ドラムの定行さんに電話をしてみました。理由は定行さんが日本一のデューク・エリントン・キチガイだからです(^^)。エリントンのメンバーがジャムセッションに来るなんてキチガイにとっては天国ですよ。ちょっと表現変だけど(^^)。行かないとメンバーに殺されます(^^)。もちろんこの日もセッションしに来る可能性はほぼ100%。定行さんはこの日は東京へ出張していて、それは私も知っていましたが、一応電話をしてみました。すると羽田空港にいて、北九州空港へ戻るところでした。エリントンの話を伝えると、「北九州空港へ着いたらすぐ福岡へ行く!」と返事が・・・。さすが日本一のエリントンキチガイです(^^)

 この返事があったので、二次会が終わってみんなでバックステージへ行く事になりました。

 店に着くと、ライブをやっていました。ドラムは中村健さん。なんだか最近よく会います。しばらくするとエリントン楽団のメンバーがぞろぞろと・・・そしてお約束のセッションとなりました。おお!始まりましたねぇ。そして定行さんも到着。少しずつエリントンのメンバーが増えて来ました。途中で弾いていたベースの方が止めたので、エリントンバンドのピアノの方が何曲も左手でベースラインを弾いていました。その後エリントンバンドのベーシストが来店。うん、セッションらしくなって来ました。ところがドラマーだけが誰も来なくて・・・しかもピアノの方が演奏を止めないもんで・・・健さんは2時間ぐらい叩いていました(^^)

 その後、定行さんが参加する事に。キチガイにとって・・・失礼(^^)、定行さんにとっては夢の実現でしょうね。

 そしてその後です。やっとピアニストが弾くのを止めました。10曲ぐらい弾いたのではないでしょうか?ベーシストはというと、まだやる気があったので、それから私も2曲ほど参加しました。ベースの方が気に入ってくれたのか、終わってから名刺をいただきました。いや~、嬉しいですねぇ。やっぱり本場の人は違いました。ベーシストの方、大変良かったです。最高でした。

 いやはや、私もデューク・エリントン楽団の人たちとセッションが出来ましたねぇ。気分最高の中、キチガイと・・・もういいか(^^)、定行さんと一緒に北九州へ帰りました。


気まぐれ日記目次
じみたトップページ