大森明 九州ツアー

2003年11月21日(金)~23日(日)

前置き

2003年11月21日(金)
<熊本 ペイアノPLUS>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 中村健(ds)

2003年11月22日(土)
<大牟田 グランドホテル清風荘>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 中村健(ds)

2003年11月23日(日)
<大牟田 グランドホテル清風荘>
<中学校同窓会>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 菅原高志(ds)


前置き

 2003年7月に実家の北九州に戻って間もなくの事、突然、電話がかかって来ました。

大森: 「アルトの大森と言いますけど。」
じみ: 「はい・・・?」

 「アルトの大森」と言っても誰だかわかりません。私は大森明さんとは面識がありませんでしたし、北九州在住のアルト奏者がいてもおかしくはないですからね。でも大森というと、ひょっとしてまさかあの大森さん・・・も考えられなくはないです。私が学生時代にテレビのジャズフェス番組などで何度も観た方です。いや、でもそんな方が私に電話などするはずがない・・・でもひょっとして・・・思い切って聞いてみました。

じみ: 「あの~、大森ナニさんですか?」
大森: 「アルトの大森明です。」
じみ: 「ゲボバギッ!」

 ・・・とは言いませんでしたが(^^)。しかし驚きましたねぇ!本当に電話口でアキラと言ってくるとは。「大森うたえもん」って言って欲しかった(^^;)。大森さんに聞くと、東京で「じみた」というピアニストが活動していて、最近九州に戻ったらしい、というのを何人かから聞いていたとの事。どうやらビョーキで2年間ぶっ倒れていた間に、違う意味で有名になっていたらしい(^^)

 用件は、九州ツアーでのピアノをお願いしたいとの事。「えーっ?一緒にやった事もない私なんかでいいんですか?」と聞くと、「いや~、みんなから評判は聞いてますよ。」だと。誰が言ったんでしょうか?まあでもありがたい話です。熊本と大牟田・・・なぜ大牟田?私は知らなかったのですが、大森さんは福岡県大牟田市の出身でした。

 という事で、大森さんの九州ツアーを3日間行なう事になりました。


2003年11月21日(金)
<熊本 ペイアノPLUS>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 中村健(ds)

 昼12時頃の高速バスで北九州を出発。3時間で熊本到着。それほど遠くはなかったですね。入り時間の1時間前に着いたので、交通センター内にある桂花ラーメンへ。東京で好きだったラーメン屋です。やっぱりうまかったです。

 15時頃、ぺいあのへ入りました。すでに他のメンバーは入ってました。おお!あの大森さんがいますねぇ。初めてましての御挨拶。ドラムの中村健(たけし)さんは、東京でも一度共演し、現在は福岡在住のドラマーで、北九州でも一緒に演奏していただいている方です。ベースの村上明さんは初対面です。

 リハ。インスト系の曲ばかりで、大森さんのオリジナルも多かったですね。

 リハが終わり、ホテルへ行き、チェックイン。歩いて数分のところだったので楽でした。

 本番。まずとにかく凄い客数でした。満員近く、たぶん百何十人か入ったはずです。演奏は、頑張りました。後から何人かに褒めていただきました。嬉しかったです。

 終わって、熊本在住のヴォーカリストの方などと会話をしました。

 それも終わって、打ち上げです。イタリアン風の居酒屋のようなところでした。これでこの日は解散です。

 部屋へ戻って、少しビールを飲んで、この日は終了しました。


2003年11月22日(土)
<大牟田 グランドホテル清風荘>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 中村健(ds)

 入りは昼15時頃。熊本から大牟田までは車で1時間少々。村上さんは家に帰ったようですが、他3人はホテル。チェックアウトは10時。かなり時間がありますねぇ。といってもやる事もないので、とりあえず健さんの車で大牟田へ。

 やっぱり昼にはホテルに着いてしまいました。ロビーへ行くと、雰囲気が普通のホテルでない。フロントの方に聞いてみると、もう部屋に入ってもいいと。結構融通が利くようです。1階に料理屋があるというので、まず食事。そして部屋へ。見ると風呂がない。ホテルというより旅館に近いですね。普通にベッドはあるのですが、シャワー室がなく、浴場が別にあります。珍しいタイプかも。

 15時に2階のコンサート開場へ集合。ホテル内でコンサートですから、移動がないので楽です。

 セッティング。ピアノはアップライトでしたが、ステージが凄い状態でした。会場が横にとても広く、真ん中にステージがあり、その前にも客席が少しありますが、左右にかなり遠くまで客席があります。左側の席は全部直角右向いて、右側の席は全部直角左向いています。ですのでピアノの位置がとても難しかったです。若干斜めの感じで落ち着きました。

 リハ。前日と同じオリジナル曲やアレンジ物がありましが、2日めなので前日より慣れました。

 本番。またもや満員です。もちろん出身地という事もあるでしょうが、あれだけ集客できるとは、さすがです。演奏も頑張りました。MCはもちろん大森さんでしたが、地元ッティですから、アルト奏者は大森明ではありません。大森さんの自己紹介、「そして私、アルトサックスは大牟田明!」・・・誰だそれ?(^^)

 終わって、打ち上げ。グランドホテルの総支配人は学生時代、大森さんとサークルが同じだったそうで、この方に連れて行っていただきました。

 で、居酒屋か食事処かと思いきや、いきなりクラブ(^^)。オネーチャンがいるとこっす。なぜここへ?まあ普通の打ち上げと違って、これはこれでいいか(^^)。打ち上げの途中、村上明さんは帰られました。

 打ち上げも終了。ホテルへ戻りました。中村健さんは翌日朝6時にホテルを出発するという事で部屋へ戻りました。

 さて、元気がいいのは私と大森さん。「いえぃ、じみたくん、次行くか?」「行きましょうか?」「よし!行こう!」。総支配人に連れられて2次会です(^^)

 2次会。なんとまたもやクラブ(^^)。しかもこりゃいいクラブですわ。んでまたオネーチャン(^^)。ママさんもいて、オネーチャンもいる。で、このオネーチャン、私が「ピアノ弾きです」って言うと、「楽器できる人って尊敬しちゃうんですよ。手、触っていいですか?」だと(^^)。なんでも、楽器が出来る人の手を触ると楽器がうまくなるような気がするんだとか・・・んなバカな(^^)。帰り際にも「触らせてください」と(^^)。こんな変なヤツの手や腕ならいくらでも触ってくれ、です(^^)。一通り触らせて(?)、2次会終了です。

 さて、行ったのはクラブ2店。食い物はなかった。そこで総支配人と大森さんと私の3人で大牟田ラーメンを食べに行く事に。・・・ん?大牟田ラーメン?聞いた事ないです。でもですね、あるんですね。あれは・・・大牟田ラーメンでしょうね。長浜ではない。久留米でも熊本でもない。大牟田ですよ。とんこつ。とんこつもいろいろ種類がありますからね。間違いなく大牟田ラーメンです。で、これで〆です。

 ホテルへ戻って、部屋へ。大満足で寝ました(^^)。翌日は昼15時にこのホテルの同じ場所に集合。移動がないというのはとても楽です。


2003年11月23日(日)
<大牟田 グランドホテル清風荘>
<中学校同窓会>
「大森明 グループ」
大森明(as) 久保田浩(p) 村上明(b) 菅原高志(ds)

 何時に起きたか、いや、何度寝たかわかりません。昼15時頃、起き上がって前日の場所へリハをしに。移動はホテルの3階から2階。とても楽です。

 ドラムの菅原くん、うわさでは聞いていましたが、福岡で大活躍中の若手ドラマーです。リハで初めて共演しましたが、とてもいい演奏でした。

 この日は一般のライブではなく、大森さんの中学の同窓会で、本番は1ステージのみでした。演奏は楽しく終了しました。

 終わったのは18時前。これで3日間の演奏は終わりです。大森さんは同窓会の2次会に行く事になっていたので、ここでお別れです。私は翌日の朝一番の新幹線で東京へ行く事ので、終わってすぐ帰ろうと思ったのですが・・・あらかじめ総支配人にも「夕食はせず帰ります。」と伝えたのに、「食事でもどうですか?」と。ありがたい話です。ビールと食事を御馳走になりました。バンドメンバーに挨拶をして、2日間お世話になったホテルを出ました。大牟田から西鉄電車で天神へ。天神から高速バスで北九州へ。家に着いたのは22時前。翌日から2週間の東京ツアーです。

 3日間の大森明さんのツアー、無事に終了しました。大森さんとは初めてお会いし、初めて一緒に演奏しましたが、本当に素晴らしいアルトサックス奏者です。面識もなかった私を誘っていただき、ありがとうございました。人間的にもとてもフレンドリーで、気さくなで、打ち上げも大変盛り上がりました。とても楽しい思い出となりました。また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします!


気まぐれ日記目次
じみたトップページ