久保田浩トリオ
塩田哲嗣・高橋信之介 from New York
北九州・大分

2004年1月19日(月)、21日(火)

2004年1月19日(月)
<八幡 ANDY>
「久保田浩 トリオ」
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 高橋信之介(ds)
ゲスト:てつひさ(g)
司会;大下恵子

2004年1月21日(水)
<大分 カンタループ>
「久保田浩 トリオ」
てつひさ(g) 塩田哲嗣(b) 高橋信之介(ds)
ゲスト:久保田浩(ep)


2004年1月19日(月)
<八幡 ANDY>
「久保田浩 トリオ」
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 高橋信之介(ds)
ゲスト:てつひさ(g)
司会;大下恵子

 ベースの塩田哲嗣(しおたのりひで)くんとは、この時点で十年以上の付き合いになります。彼も私の病気をとても心配してくれていました。私は2年半前に入院して活動停止しましたが、彼はニューヨークへ住み、ニューヨークで活動する事になりました。その間、彼とは連絡はとっていませんでした・・・というより、ほとんど私は誰とも連絡をとってませんでした。彼とは前年の9月29日に福岡ブルーノートで再会しました。ただこれは彼が参加したライブを観に行っただけなので、会っただけで一緒に演奏はしなかったです。

 その福岡ブルーノートで会った時、「来年1月にまた九州に来るよ。空いてる日があると思うから一緒にライブやろうよ。」と言われました。嬉しいですね。後日、「1月19日が空いている。」と連絡が来ました。彼はその時期にギターのてつひさくんがリーダーでドラムの高橋信之介くんとツアーをやるとの事でしたが、相談した結果、この日だけ私がリーダーで、信之介くんとトリオでやろう、という事になりました。

 ドラムの高橋信之介くんとライブをやるのは初めてです。名前は前から知っていますが、会った事もないし、一緒に演奏した事もありません・・・と思っていましたが、彼にメールをすると、「だいぶ前に西麻布のオージャスで何度か会っていて、一緒に演奏した事がありますよ。」と返事が・・・おー、そうか、西麻布のオージャズで私も一緒にやっていた塩田くんがリーダーのライブは、前の時間帯がジャムセッションでTOKUちゃんがバンドリーダーをやっていましたが、そのドラマーだったのです。その時に多分名前を聞いたと思いますが、忘れてた(^^)。メンバーは20歳そこそこの人たちばかりでしたが、みんな良かったのです。TOKU(flh)、堀秀彰(p)、黒田勉(b)、高橋信之介(ds)。当時オージャスにはいい若手メンバーが集まっていました。信之介くんは2004年の時点で弱冠25歳ながら、すでにあちこちのグループで大活躍中。素晴らしいドラマーです。彼は塩田くんに誘われてニューヨークへ行ったようで、そちらでも活躍しているようでした。

 さて当日、御一行様は17時過ぎに店に到着。彼らのツアーは、ギターのてつひさくんと周っていたので彼も一緒に来ました。塩田くんとは数ヶ月ぶり、信之介くんとは数年ぶり、てつひさ君とは初対面でした。

 このライブですが、1つ大変な事がありました。この2日前に塩田くんに電話したのですが、彼から「あのさぁ、指、折っちゃってさぁ。」・・・えっ?指折ったって・・・なんと左手の小指の付け根当たりを骨折したようなのです。彼はウッドベースですから当然そういう状態だと弾けません。エレキベースならなんとか弾けるという事で、ツアーはエレベーで周っているとの事でした。なんという事・・・。う~ん、「塩田くんのウッドベースは素晴らしい!」という事で宣伝もしていたのですが。でも仕方ないです。

 塩田くんを見ると、左手に包帯が・・・う~ん、これじゃウッドベースは弾けないよなあ。でも彼は「少しぐらいなら弾けるかもしれない」と。エレベーでリハをやって、店にあるウッドベースを少し弾いてもらったところ、「調整が素晴らしい。これならちょっとは弾けるかも」と・・・これはぜひやってほしいので、1ステージごとの最後の1曲だけウッドという事になりました。てつひさくんにも来てもらったので、2曲ほど参加してもらう事にしました。

 本番。塩田くんと信之介くん、実に素晴らしかったです。この日演奏した曲です。

1st
1. Take The "A" Train
2. Cantaloupe Island
3. 上を向いて歩こう
4. If I Were A Bell
5. When A Man Loves A Woman
6. Fly Me To The Moon

2nd
1. L-O-V-E
2. The Chickin
3. Elly My Love
4. Invitation (with てつひさ)
5. Tell Me A Bedtime Story (with てつひさ)
6. You Are My Sunshine

アンコール
7. There Is No Greater Love

 この日は司会で、知り合いの大下恵子ちゃんに頼みました。初司会だったようですが、途中で泣いておった(^^)。司会としてはどうかと思いますが(^^)、演奏者としては司会が涙を流して聴いてくれたというのはとても嬉しい事です。

 終わってから、バンドメンバー、てつひさくん、司会の恵子ちゃん、お客さんで来ていたドラムの定行さん、ギターの中村よしえさん、で打ち上げに行きました。黒崎へ移動。

 打ち上げが終わり、彼ら3人は、てつひさくんの家が大分にあるという事で大分へ行きました。そして解散。

 という事で私のスペシャルトリオライブは無事に終わりました。

 ・・・のはずだったのですが、実は終わりませんでした(^^)。続編が・・・


2004年1月21日(水)
<大分 カンタループ>
「久保田浩 トリオ」
てつひさ(g) 塩田哲嗣(b) 高橋信之介(ds)
ゲスト:久保田浩(ep)

 1月19日ANDYのライブが始まる前、控室でみんなで話している時です。ベースの塩田くん、司会の恵子ちゃん、私の会話です。

塩田:「今回のツアーはね、明日は福岡で、明後日は大分…」
恵子:「えっ?私、実家が大分なんですよー!」
塩田:「へぇ、見に来ればいいじゃん。来てよ。」
恵子:「行きたいです。行きますよ。」
塩田:「ジミちゃんは?空いてない?」
じみ:「明後日は・・・空いてるね。」
塩田:「じゃあ2人で来てよ。で、ジミちゃん、弾いてよ。」

さすが塩田くん(^^)。内容がよくわからない状態なのに2日後に飛び入り参加する事が決定しました。

 当日。なんと雪(^^)。しかもかなりの雪(^^)。店には16時頃に来ればいいとの事で、普通ならうちから大分まで車で2時間ぐらいなので、14時に出発すれば大丈夫なのですが…。車を出すのは恵子ちゃんで、彼女は飯塚という北九州より田舎のほうに住んでいます。雪ですから14時より早く来てほしかったのですが・・・どこかで大渋滞していると電話が・・・。かなり早い時間に飯塚を出たらしいのですが、なかなかうちに来ない。ようやく来たのは14時過ぎ。これじゃ大分に16時は無理です。雪のお約束で、高速道路は全面通行止め、幹線道路は渋滞&のろのろ・・・まあどうしようもないですね。16時過ぎに塩田くんに「まだ福岡県内にいる」と電話。結局着いたのは18時過ぎでした。4時間ぐらいかかった(^^;)

 着いて彼らに挨拶してすぐリハ。今回のライブはギターのてつひさくんがリーダーなので、私が飛び入りです。何曲かリハをやりました。で、私の出番はどこになったかというと・・・最終的に「2ステージ目、4曲目以外全部弾いて。」・・・なんだそれ?(^^)。飛び入りじゃなくてゲストやんか(^^)

 本番。1ステージ目は参加しなくて良かったので、恵子ちゃんと聴きました。うん、てつひさくん、なかなかいいですよ。まだジャズは勉強中とか言っていましたが、素晴らしいものがありました。

 2ステージ目から私も参加。楽器はエレピでした。演奏した曲です。

2ndのみ
1. Freedom Jazz Dance
2. Four On Six
3. Inner Urge
4. ?(不参加)
5. Tell Me A Bedtime Story

アンコール
6. Cantaloupe Island

 本番は無事に終わりました。打ち上げ。深夜遅くなってから、近くの居酒屋へ行きました。

 朝5時前に終了。彼らは大分駅前のネットカフェで仮眠する事になりました。ここでお別れです。

 5時過ぎ。調べると福岡県は大雪の模様。結局、寝ずに帰る事にしました。ところがここからが大変でした。大分市内は雪は降っていませんでしたが、福岡県に近づくに連れだんだん雪が凄くなり・・・

 大分を出発したのは、朝5時半頃。うちに着いたのは昼の13時半頃。なんと8時間(^^;)。恵子ちゃんはその後1時間かけて飯塚へ…。恵子ちゃん、お疲れ様でした。

 という事で、2日のイベントは、大変な事もありましたが、楽しく終了しました。またぜひやりたいですね。


気まぐれ日記目次
じみたトップページ