定行洋プロデュース フランク・シナトラ・トリビュート・ライブ
with 高樹レイ・右近茂

2004/07/17(土)〜2004/07/19(月)


2004/07/17(土) 九機プレスのパーティ 芦屋の国民宿舎
 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 小車洋行(b) 定行洋(ds)

2004/07/18(日) 福間【サーフサイドクラブ】 画像
 定行洋プロデュース 【フランク・シナトラ・トリビュート・ライブ】
 高樹レイ(vo) 右近茂(ts, cl) 久保田浩(p) 小車洋行(b) 定行洋(ds)

2004/07/19(月) 八幡【ANDY】 画像
 定行洋プロデュース 【フランク・シナトラ・トリビュート・ライブ】
 高樹レイ(vo)、右近茂(ts, cl)、久保田浩(p)、小車洋行(b)、定行洋(ds)
 司会:吉田安輝子


 この企画は、なんと、4月27日から29日まで行われた「定行洋プロデュース、デュークエリントン誕生記念ライブ」の時に、次の企画としてすでに決まっていたのである。そこまでスペシャルライブの予定を立ててしまうスーパーアマチュアドラマー「定行洋」は、

    二度グレイト

だ(^_^)。

 内容は、フランク・シナトラのトリビュート・ライブで、シナトラが歌った曲をやるということです。ところで、シナトラが歌った曲がどのぐらいあるかというと・・・

    1000万曲

もあるから、実は曲なんか何でもよいのだ(^_^)。

 メンバーはといえば、前回の定行スペシャル企画と同じ。お題を変えて、やる曲を変えるだけという、実に笑点な企画だ(^_^)。はたして次回はあるのか?


2004/07/17(土) 九機プレスのパーティ 芦屋の国民宿舎
 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 小車洋行(b) 定行洋(ds)

 この日は、最初からテナーの右近さんの都合が悪く、レイさんだけ空いていたので、シナトラのトリビュートライブではなく、レイさんをゲストとして、某社長が経営する会社のパーティの余興タイムを乗っ取ることとなった(^_^)。さすが社長。社員の権限は全くない(^_^)。

 私は小車さんと先に、芦屋にある国民宿舎へ。芦屋というのは、福岡県遠賀郡芦屋町という玄界灘に面している町です。それにしても宴会の会場が国民宿舎ってのがすごいです。いったいどのぐらい田舎なのか?といっても、この頃の国民宿舎は昔の「ほったて小屋」のイメージはありません。施設はホテル並み。ずいぶん立派な建物です。この国民宿舎の会議室のような部屋でパーティが行われることになりました。

 レイさんは定行さんが空港まで車でお迎え。そして国民宿舎へ。私はレイさんと久しぶりかといえば、そうではありません。約1年前に私が北九州に戻ってからも、なんだかんだよく会っているので、あまり久しぶりのような感じはしませんね。数ヶ月ぶりに会ったレイさんの格好はといえば・・・相変わらずのハデハデのピンクの服を着て登場しをった(^_^)。う〜ん、まさか自宅からその格好で来たのではあるまいか?と思って聞いてみたら・・・やっぱり、その服装で家から北九州まで来たらしい(^_^)。目立ち過ぎでんがな(^_^)。

 宴会が始まって、しばらく飲んで食べてました。余興で演奏するバンドは、私たちのバンドともう1つ会社関係のバンドがあり、私たちの出番は、もう1つのバンドの演奏の後でした。そのバンドの演奏が始まりました。ポップス系でしたね。

 そして私たちの出番となりました。生ピアノはなくエレピでした。時間は40分のみと短かかったので、数曲やって終わりです。終わった後、会社関係のバンドの人たちとセッションをやろうということになって・・・しかし、相手はジャズバンドではない。ポピュラーなどしか演奏しないバンドで、しかも譜面がないと演奏出来ないバンドである。1曲だけジャズの曲の譜面があったので(素敵なあなた、Bei Mir Bist Du Schon です)、それを一緒に演奏しました。それが終わってちょっと飲んで、宴会は終わりです。

 しかしこの日、食事付きの会だったのですが、「イカづくし」なるもので、料理は全部イカだった。イカじゃなかったのは、ご飯とすまし汁と漬け物と酒ぐらい。あとは見事に全部イカ料理でした。イカがダメな人には最悪のコースでしょうね。いや、私もこの日から1ヶ月ぐらいはイカは欲しくなくなりました。おくらイカ料理といっても、これだけ全部イカなのは初めてでした。いや〜、イカりましたよ。イカりや長介。・・・関係ないですね(^_^)

 国民宿舎の宴会が終わって、とりあえず解散です。レイさんは黒崎のホテルに泊まる予定だったのですが・・・いや、違う!

    「ホテル エビス屋」

そう、あのカウンター料理屋「エビス屋」に泊まらなければならないんです・・・んなことはないが(^_^)、でもわざわざエビス屋の横のホテルにしたんですよ。これは本当です。で、ホテルへチェックイン。

 そして、この日最大の目的のエビス屋へ・・・いや、それがですね、この日の宴会のコースがイカづくしだったでしょ。イカ、イカ、イカ・・・体がイカってしまったので、これからエビス屋に行っても何も食べることが出来ず、意味がないことが判明。

 結局、黒崎の小さなショットバーへ行くことになりました。ここはジャズのビデオが何本か置いてあるお店で、なかなかいいバーです。ドリンクも「○○な感じのもの」っていえば、マスターがそういうのを作ってくれるんです。いい感じのバーです。そこへ行って、話をしたりジャズのビデオを見たりしました。私も何種類かのドリンクを何杯か頂きましたが、途中でバニラの酒なるものを頂きました。これがまたいいんですわ。

 適当に飲んだところで解散です。みんなでタクシーでホテルまで行き、レイさんはホテルへ。定行さんはそのままタクシーで家へ。私は小車さんの車で家まで送ってもらいました。まさかレイさん、それからエビス屋に行ってないでしょうね?(^_^)  


2004/07/18(日) 福間【サーフサイドクラブ】 画像
 定行洋プロデュース 【フランク・シナトラ・トリビュート・ライブ】
 高樹レイ(vo) 右近茂(ts, cl) 久保田浩(p) 小車洋行(b) 定行洋(ds)

 この日から右近さんが加わってシナトラ・トリビュート・ライブが始まります。

 私は小車さんと一緒にサーフサイドへ。店に入るとすでに他の3人は到着していました。右近さんとは、前回の定行さんのスペシャルライブ以来で、約3ヶ月ぶりでした。

 今回の企画では、この日が初全員集合で、初めてやる曲も何曲かあったので、念入りにリハ。

 そして本番。本番はリハの甲斐があり、結構うまくいったと思います。あらかじめマスターのリクエストもあり、最後の曲はシナトラで有名な「ニューヨーク・ニューヨーク」でした。

 この日は右近さんのギャグの連続で、リハが終わった時、まずセロテープ鼻上げ攻撃(^_^)。みんなで休憩している時に、右近さんがセロテープを持って突然控え室を出て行ったので、楽器か何かに使うのかな?と思っていたら、しばらくして戻ってきたんです。でも他の4人はその時は別の話題をしていたので、気にもせずそのまま会話をしていました。右近さんが座って、突然「オレ、カッコいい?」・・・セ・セ・セロテープが鼻に・・・(^_^)。クソーッ!それに使ったのか・・・。その攻撃には参りました(^_^)。

 別の話ですが、サーフサイドの右近さんといえば、忘れられないのがカレーです。実際の会話ではないんですけど、こういうギャグがあるんです。
  店員:「何か飲まれますか?」
  右近:「う〜ん、カレーライス。」
  店員:「いえ、あの〜、飲み物なんですけど・・・」
  右近:「いや、僕はカレーは飲み物ですから。」
これ、どこかで使いたい気がします(^_^)。ちなみに右近さんは、ラーメンも飲み物だそうです(^_^)。

 ライブが終わって、お店で軽く打ち上げ。マスター特製のカレーやワインを頂きました。

 で、場所を変えて打ち上げです。今回はまず黒崎のストロベリサワーというライブもやっているお店へ行きました。この店は日曜日は基本的にライブをやっていないんですけど、この日は特別にやっていたようですが、私たちが行った頃にはすでに終わっていました。ここでゆっくり打ち上げです。この店は飲み物が豊富で料理もとてもおいしく、私が好きなお店です。

 そしてここでも「セロテープ右近」が出現(^_^)。打ち上げをやっている途中、翌日の司会をやる「よっしー」が来たのですが、挨拶をしたのは、「レトロな渋いテナー奏者、右近茂」ではなく、「セロテープ右近」(^_^)。これには彼女も爆笑でした。そして小車さんが翌日の昼に用事があるということで先に帰りました。

 さて、ストロベリーサワーは深夜2時か3時ぐらいで閉店なのですが、これで解散するようなメンバーではありません。この時間からこんな深夜に行くところといえば、そう、

    エビス屋

今回、初エビス屋です。ということで、たっぷり朝6時までいました(^_^)。

 これで解散です。といってもすでに明るい(^_^)。私と定行さんはよっしーに車で送ってもらい、この日は終了です。


2004/07/19(月) 八幡【ANDY】 画像
 定行洋プロデュース 【フランク・シナトラ・トリビュート・ライブ】
 高樹レイ(vo)、右近茂(ts, cl)、久保田浩(p)、小車洋行(b)、定行洋(ds)
 司会:吉田安輝子

 前日、朝6時まで飲んでた人種としては・・・前日ではないが・・・ひたすら寝るに限ります(^_^)。私は夕方6時前出勤です。

 前日に本番をやっているので、軽くリハ。

 本番も無事に終了。お客さんで、青龍さんやピアノのかおりちゃんが来ていましたね。

 打ち上げの場所は、車で数分のファミレスのジョイフルになりました。このファミレスは日本で一番安いんではないか?ぐらい安いお店です。ここでもまたまた「セロテープ右近」が登場(^_^)。もうすでにその顔が「右近顔」の標準となっています(^_^)。

 さて、レイさんと右近さんの2人は、翌日の午前中に飛行機で東京へ戻ることになっていたんですが、私も翌日から東京で、朝早い時間の新幹線に乗らなければなりません。定行さんは翌朝は会社。ということで、これで解散となりました。短い間でしたが・・・といっても、私はレイさんとは翌日も東京で一緒、右近さんとも4日後に東京で一緒だったので、名残惜しい感覚はありませんでした。私はよっしーに車で送ってもらい、3日間のイベントが終了しました。


気まぐれ日記目次 トップ