じみた 東京ツアー 2004/10

2004/10/10(日)〜2004/10/25(月)


前置き

2004/10/10(日)
★横浜ジャズプロムナード 高樹レイグループ

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 池田芳夫(b) 田鹿雅裕(ds)
☆ライブ鑑賞 with 高橋エミ
 清水秀子グループ 横浜【ヤマハ Music Harbor】

 清水秀子(vo) 西直樹(p) 桜井郁夫(b) 関根英雄(ds)
☆誕生日イベント

2004/10/11(月) 画像
★結婚式での演奏 中村真理子ちゃん関係 信濃町【明治記念館】

 中村真理子(vo) 久保田浩(p)

2004/10/12(火) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 with 高樹レイ
 山本剛トリオ+渡辺明日香 六本木【All of Me Club】

 山本剛(p) 海野欣児(b) 大隅寿男(ds) 渡辺明日香(vo)

2004/10/13(水)
☆オフ プライベート飲み会


2004/10/14(木) 画像
★鎌倉規匠グループ 中山【レフトホース】
 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)

2004/10/15(金) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 with 高橋エミ
 高樹レイグループ 荻窪【ルースター】
 高樹レイ(vo) 堀秀彰(p) 河原秀夫(b) 海野俊輔(ds)

2004/10/16(土) 画像
★清水貴和子グループ 市原【キャリオカ】
 清水貴和子(vo) 大和たまみ(as) 久保田浩(p)
☆深夜セッション参加 高田馬場【イントロ】

2004/10/17(日) 画像
☆リハ たむらとし子デュオ 池袋【フォルテ】
 たむらとし子(vo) 久保田浩(p)

2004/10/18(月) 画像
☆オフ 理科大ジャズ研OB飲み会 水道橋【駒安】

2004/10/19(火)
☆オフ プライベート飲み会

2004/10/20(水)
☆オフ プライベート飲み会

2004/10/21(木)
☆オフ 何もなし

2004/10/22(金) 画像
☆オフ ベースの林さんとの飲み会 新所沢【信濃路】
 久保田浩(p) 林正男(b)
☆乱入 野本晴美トリオ 所沢【スワン】
 野本晴美(p) 岸徹至(b) 小松伸之(ds)
☆深夜セッション参加 所沢【スタジオNave】
 高木宏真(p) 佐々木悌二(b) 渡辺鎌次(ds)

2004/10/23(土) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 菅野邦彦グループ+三保千春 富ヶ谷【&STYLE】
 三保千春(vo) 菅野邦彦(p) 佐野研二(per、g、vo)
☆深夜セッション参加 高田馬場【イントロ】

2004/10/24(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】
 塩本彰(g) 中西匠(b)、横山和明(ds)

2004/10/25(月)
☆帰郷


前置き

 この私のツアー、横浜ジャズプロムナードの出演が決まったのでやることにしたのですが、その後、名古屋ブルーノートの日程が決まるのが遅く、それを待っていたのもあり、東京でのライブや仕事がほとんどブッキング出来ませんでした。それでもブッキングしてくれた、中村真理子ちゃん、鎌倉規匠くん、清水貴和子ちゃん、どうもありがとうございました。


2004/10/10(日)
★横浜ジャズプロムナード 高樹レイグループ
 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 池田芳夫(b) 田鹿雅裕(ds)
☆ライブ鑑賞 with 高橋エミ
 清水秀子グループ 横浜【ヤマハ Music Harbor】

 清水秀子(vo) 西直樹(p) 桜井郁夫(b) 関根英雄(ds)
☆誕生日イベント

 横浜ジャズプロムナードについては、気まぐれ日記の「高樹レイ 名古屋ブルーノート 〜 九州ツアー 〜 横浜ジャズプロムナード」に書いてあります。その続きです。

 関内(小)ホールでのコンサートが終わって、池田さんと田鹿さんとはお別れ。レイさんとレイさんのマネージャーと私の3人で、関内(大)ホールの板橋文夫オーケストラのコンサートを見に行くことにしました。レイさんも私も1週間以上のツアーで疲れているのですが、私たちが演奏した場所の上の階のホールでやっていて、無料で見れるというので、行くことに。

 板橋文夫さんのステージは3部構成で、ホールに行ったらちょうど1部が終わったところでした。1部はデュオだったようです。2部が小編成、3部がオーケストラのようでした。

 さて、もうすぐ始まる、というところで、ヴォーカルの高橋エミちゃんから留守電が入っている。はて、エミちゃんが何の用かな? いや、それより私が横浜へ来てるのを知ってるのかな? 留守電を聞くと、「今どこにいるの?これから清水秀子さんのライブを見に行きたいんだけど」と。私が関内にいるのは知っているらしい。それにライブのお誘いのようだ。とりあえずエミちゃんに電話してみた。電車で移動中でまだ時間がかかるらしい。とりあえず電話は切って、板さんのライブを聴く。

 板さんのライブは、全曲オリジナルでしたね。昔は半分以上スタンダードをやっていたんですけどね。板さんも変わりましたね。

 2部を見ている途中で、レイさんのお疲れがドッと・・・。もちろん私もお疲れだったが。これで解散ということになった。夜7時半頃でしたかね。解散はいいんですけど、この日は私は恒例の「ホテル岸」に泊まれないのです。彼のほうの事情があって、その日だけは泊まれない、とあらかじめ連絡があったのです。そこでこの日は、鎌倉規匠くんの家に泊まることにしていたのです。彼はこの日はヒマでした。ところが、急に彼にライブが入り、帰ってくるのが12時頃になりそうだと。ということで、この日はどちらにしてもどこかで時間をつぶさないといけなくなったのです。で、高橋エミちゃんからライブ鑑賞のお誘い・・・ん、これは疲れてるとはいっても、行ったほうがよさそう♪ ってことでとりあえずエミちゃんと会うことに。レイさんのマネージャーに桜木町のランドマークタワーまで車で送ってもらいました。ありがとうございました。

 ランドマークタワー内のホテルでエミちゃんと待ち合わせ。エミちゃんとは前年の12月以来かな。で、清水秀子さんがライブをやっている場所は、横浜駅の近くらしい・・・だったら横浜駅で待ち合わせたほうがいいじゃんか(^_^)。まあ、何か用事があったようだが。

 私が大荷物だったのもあり、タクシーでお店まで行くことに。場所はすぐわかりました。しかし時間が・・・ライブは9時までらしいのです。もう8時半過ぎてるし。お店に入ると、「ではこれで最後の曲になります」・・・やっぱりねぇ。まあしょうがないです。アンコールもあることだろうし、2曲かな。約束通り2曲聞いてライブは終了。

 時間はというと夜9時。鎌倉くんの家までは横浜から40分ぐらい。12時着まではまだまだある。エミちゃんはというと、これまた用事がない。じゃあ・・・飲み会ぢゃ(^_^)。

 横浜駅近くをうろうろし、居酒屋へ入った。最近ちょっとおしゃれな居酒屋には、周囲を仕切ってある個室がありますよね。そこへ通されました。あれはエミちゃんによると「ラブラブシ〜ト」というらしい(^_^)。いや、確かにビルの4階ぐらいだったので、眺めはいいし、個室だし、気分的にはいいんですが、「ラブラブシ〜ト」って名前はどうかな?(^_^)

 この居酒屋、料理がとてもおいしかったですよ。しかもですねぇ・・・この日は大きなコンサートがあって、しかもツアーの最終日で、この日私はまったく忘れていたことなんですが、エミちゃんと携帯メールアドレスの話題をしてて、私のアドレスの数字が誕生日だということを言うと、エミちゃん、
    「あれ、じみたさん、ひょっとして今日、誕生日?」
そう、そうなのですよ。今日は私の誕生日なのですよ、と発覚。この瞬間から単なる飲み会ではなく、私の誕生日パーティとなったのでした(^_^)。

 11時過ぎ頃、解散しようかということになりました。この居酒屋のお代は私の誕生日ということで、なんとエミちゃんがおごってくれました。エミちゃん、ありがとね。ん、たまにはいいことあるぞ(^_^)。そう、それとこの日は東京ツアーの初日で、私は大荷物を持ってたのですが、エミちゃんがずっと運んでくれました。エミちゃんに感謝です。お店を出て、居酒屋から横浜駅までは歩いてすぐです。私は地下鉄へ。エミちゃんとはここでお別れです。

 とりあえず横浜市営地下鉄で「あざみ野」へ。鎌倉くんに電話すると、あざみ野まで迎えにきてくれるとのこと。あざみ野の駅前のスーパーが開いていたので、宿泊料としてビールとつまみを買いました。そして鎌倉君が来ました。車で鎌倉くんの家へ。

 家へ着いて、早速、飲み会ぢゃ(^_^)。なんだか、前回の中山での鎌倉くんのライブに来てくれた女性の方が、私の誕生日プレゼントとしてワインを買ってきてくれたとのこと。白ワインが1本ありました。どうもありがとうございました。しっかり鎌倉くんと飲みました。「鎌倉君」とね(^_^)。その後もビールを飲んで、何時ぐらいだったかなあ、深夜3時〜4時の間ぐらいだったと思いますが、翌朝早いので寝ることにしました。ちょっと遅すぎたかな?いや、だいぶ遅すぎたかな?(^_^) 東京ツアー1日目終了です。


2004/10/11(月) 画像 (打ち上げのみ)
★結婚式での演奏 中村真理子ちゃん関係 信濃町【明治記念館】
 中村真理子(vo) 久保田浩(p)

 朝、10時頃起きる。いや、一応9時ぐらいに起こされたような気がする。入り時間が12時だったので、10時半前には出なければ間に合わない。ちょっとつらい。しかも「ホテル岸」に泊まれなかったので大荷物がある。

 鎌倉くんの車で青葉台の駅へ。そして電車で信濃町へ。信濃町から明治記念館は歩いていける距離。・・・なんですが、イマイチ道がわからない。とりあえず、駅に一番近い、坂道を下った。明治記念館は見える位置なのだが、入口がどこにもない。中村真理子ちゃんに電話してみた。坂を下るとだぶん行けないとのこと・・・。あちゃー。ただでさえきつい坂なのに、松葉杖ついて、東京ツアーの大荷物かかえて、あっしは何やってんでしょうね?(^_^)

 明治記念館に着きました。真理子ちゃんが待っていました。真理子ちゃんとは前年の11月に会っていたので、それ以来かな。

 サウンドチェックとリハ。といっても結婚式の会場でピアノ1本だから楽です。ヴォーカルのマイクもちゃんと用意されてるし。真理子ちゃんは友人代表の出し物として1曲歌うのみ。私は、その伴奏と、お色直し中のBGM10分ぐらい。結婚式の演奏として短いほうですね。

 結婚式は無事に終了。演奏も歌も問題なしです。

 次は2次会です。同じ明治記念館の中にある中華料理店で行われました。出番は会の最初のほうで、2人で数曲。ピアノはなくエレピ。これでお仕事は終わりです。あとは飲んで食って飲んで食って飲んで食って・・・(^_^)。

 7時半頃お開き。これで、この日の仕事は終わりです。真理子ちゃんともここでお別れです。私は大荷物のため、タクシーで信濃町の駅へ。そしてホテル岸へ向かいます。ホテル岸へ着いてもまだ時間が早いので、オーナーは帰っていません。シャワーを浴びてしばらく1人でゆったりと。そのうちソファーで寝てしまった。

 突然、オーナーに起こされた。おお、だいぶ寝てたらしい。っていうか、オーナーが帰ってきたのだった(^_^)。早速、「ホテル岸初日祝い」で飲み会開始(^_^)。ったく、バラクーダの歌そのままでんがなi(^_^)。例によって深夜3時ぐらいまでです。東京ツアー2日目終了です。


2004/10/12(火) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 with 高樹レイ
 山本剛トリオ+渡辺明日香 六本木【All of Me Club】

 山本剛(p) 海野欣児(b) 大隅寿男(ds) 渡辺明日香(vo)

 この日は仕事がなく、レイさんにライブ鑑賞を誘われていました。六本木の All of Me Club で山本剛さんのライブ。私は剛さんとは面識がなく、レイさんに紹介してもらえるというので、喜んで出かけました。

 ライブは8時スタート。六本木交差点での待ち合わせは7時。理由は、余裕を見て1時間前からお店に行ってゆっくりと・・・なわけがない。まず天狗です(^_^)。天狗については説明しません。確か前回は水道橋の天狗に行ったような記憶が・・・いや、今回は違います。六本木の天狗ですからね、ネットで調べる際もお間違えのないように(^_^)。そして、この日のヴォーカルが渡辺明日香ちゃんだということが判明。明日香ちゃんとは昔よく一緒にやってました。久しぶりです。

 1時間以上十分に飲んだ後・・・コラッ!何やっとるか!・・・いや、ライブ鑑賞だからいいんだった(^_^)・・・All of Me Club へ。このお店は12月に出演させてもらうので、剛さんに会いに行くだけでなく、挨拶代わりにちょうどよかったです。

 店に入って、レイさんに剛さんを紹介してもらいました。次に、海野さん、大隅さんです。そして、明日香ちゃんと再会。まさか彼女と会えると思ってなかったし、彼女もまさか私が来るなどまったく予想してなかったでしょう。昔話をいろいろとしました。四ッ谷のダイヤモンドクラブ、マンハッタン、お台場カフェ、最後に私が病気で行けなくなったライブ・・・などです。

 1ステージはじっくり山本節を堪能。なるほど、剛さんのレコードは持っているのですが、生は初めてです。ファンキー路線で、私と方向が同じ部分がありますね。楽しいピアノです。

 2ステージ目は・・・剛さんに弾かされるとは聞いてましたが、なんと丸々1ステージ弾かされてしまいました。インストも歌伴もです。ヒェ〜〜〜!山本剛さんが客席にいるんですよ。参った。酒飲むんじゃなかった(^_^)。その後、剛さんに戻ってまた演奏。とても楽しいライブでした。レイさんもこの状態では歌わないわけにいきません。1曲歌いました。

 ライブが終わって、終電の時間です。レイさんはかなりの酔っぱらい。私もそれなりの酔っぱらい。パ〜星人の酔っぱらるれ2人で六本木の駅へ。同じ大江戸線なんですが、方向は反対。構内でお別れです。

 深夜1時過ぎにホテル岸へ戻った。オーナーは起きていた。したがって、岸邸酒盛りが始まるのは当然である。・・・当然にすんな(^_^)。深夜3時過ぎに終了。東京ツアー3日目終了です。


2004/10/13(水)
☆オフ プライベート飲み会

 この日はプライベートな飲み会がありました。その後、恒例の岸邸での飲み会(^_^)。やめられまへん。東京ツアー4日目終了です。


2004/10/14(木) 画像 (打ち上げのみ)
★鎌倉規匠グループ 中山【レフトホース】
 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)

 夕方頃ホテル岸を出発、6時前にレフトホースへ着いた。店に入ると知らないベーシストらしき人と女性2名がいて、レッスンのようなことをやっていた。ん?6時集合のはずだが・・・私は日を間違えたか?いや、携帯で確認しても今日のはず。すぐにその3人は帰った。そして、高橋節ちゃんが来た。やっぱり今日で合っていたのだ。そしてすぐ鎌倉くんも来た。このお店は一度来ているので、だいたいの音はわかるので、サウンドチェックも楽です。

 ライブ。この日はお客さんが少なかったですねぇ。前回に続き、今回も理科大ジャズ研の先輩、ギターの広瀬さんがいらっしゃいました。ジャズ研の話題なんぞを。どうもありがとうございました。あと、鎌倉くんのファン(?)の女性(私に誕生日プレゼントでワインをくれた方)と、その友達の女性の方もいらっしゃいました。せっかくワインをもらったので、少々お話を。他には、ともちゃんの知り合いの方がいましたね。

 ライブが終わって、しばらくお店で歓談。そして、私、ともちゃん、鎌倉くん、鎌倉くんのお客2人(2人とも女性だぞ)で、近くのラーメン屋に行きました。かなりメニューがたくさんあるお店で、結構うまいお店でした。

 しばらく飲み食いして解散です。女性2人は鎌倉くんが送っていくことになりました。そして、ともちゃんが私をホテル岸まで送ってくれるとのことでしたが、中山の付近からホテル岸まではエラく遠いです。なので、ともちゃんとどこか近くで飲んで、私は電車で帰ることにしました。で、行ったところは青葉台の駅の近くの居酒屋。ここは鎌倉くんの家からとても近いのだ・・・あとから彼に「なぜわしを誘わぬか!切腹せい!」と怒られた(^_^)。

 ともちゃんと朝5時まで飲んで解散。青葉台の駅から始発(だったかな?)電車でホテル岸へ戻りました。さすがにオーナーは寝てます。東京ツアー5日目終了です。


2004/10/15(金) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 with 高橋エミ
 高樹レイグループ 荻窪【ルースター】

 高樹レイ(vo) 堀秀彰(p) 河原秀夫(b) 海野俊輔(ds)

 10日にヴォーカルの高橋エミちゃんに会った時に、彼女はこの日のレイさんのライブを見に行きたいと言っていたのですが、私も特にこの日は予定が入らず、このライブを見に行くことにしました。

 エミちゃんは少し時間が遅れるとのことで、お店には私1人で行きました。私は11月にこのお店でレイさんのライブをやるので、挨拶代わりにちょうどよかったです。

 お店に入るとレイさんと堀くんがいました。堀くんには前年の6月に会っていたので、1年数ヶ月ぶりですね。しばらくしてベースの河原さんが来ました。河原さんと会うのは結構久しぶりです。そしてドラマー・・・実はこの日は本当は海野くんではなく、佐藤節男さんという方だったのです。私は面識ない方です。ところがある事情で来られず、急遽、海野くんになりました。海野くんも1年数ヶ月ぶりぐらいです。

 1ステージ目。ライブ鑑賞なのですが、飛び入りさせられるとなると、じっくり飲んでられません。まあ酒量が抑えられて肝臓にはいいんですけどね。・・・ほんとかね?(^_^)。途中で高橋エミちゃんが来ました。そして私は2曲ほど飛び入り。もちろん、レイさんのライブもじっくり堪能。

 2ステージ目。上記と同じ。ライブ鑑賞だが飛び入りで飲んでられず酒量が抑えられて健康。・・・ウソつけ(^_^)。1曲バラードだけ飛び入り。エミちゃんは飛び入りしないので、酒をガンガン飲んで不健康なのだ。ガハハハ。・・・いや、それは違うと思うな(^_^)。

 ライブが終わって、終電までエミちゃんやバンドメンバーと飲んでました。そして記念撮影。

 終電の時間になり、バンドメンバーとはお別れ。エミちゃんとは方向が同じなので、荻窪の駅から東京行きの電車に乗りました。で、御茶ノ水で総武線に乗り換え・・・の電車がないやんか。おいおい、今、乗ってた電車はうちらの終電じゃねーぞ。1本前だべ。あ゛ー、最終電車はちゃんと調べておくべきです(^_^)。

 電車がないとなればタクシーしかないです。しかし金曜の御茶ノ水の最終電車なんて、タクシー乗り場は人が渋滞してんじゃないの?・・・それほどじゃなかったです。で、お互い別々のタクシーで帰宅。エミちゃんは大丈夫だったのだろうか?私は1000円ぐらいで済んだけど。

 そして恒例の岸邸酒盛り大会。あんたら、飽きないねぇ。例によって3時ぐらいまで飲んで終わり。東京ツアー7日目終了です。


2004/10/16(土) 画像
★清水貴和子グループ 市原【キャリオカ】

 清水貴和子(vo) 大和たまみ(as) 久保田浩(p)
☆深夜セッション参加 高田馬場【イントロ】

 この日は千葉県市原市にあるキャリオカというお店でのライブ。市原ねぇ、ちょっと遠いんです。内房線の五井という駅に5時集合。千葉駅のいくつか先です。

 五井に4時40分着ぐらいの電車に乗って、改札へ向かうと、ピッカピッカのショッキングライトグリーン(って言うんか?)の服を着ている貴和ちゃんがいた。派手やなあ〜。とりあえず挨拶。私が前回7月に東京に来た時に会っていたので、それほど久しぶりではないですね。駅の外にアルトの大和たまみさんがいました。私は初対面です。そして、お店関係の人が駅まで迎えに来てくれるというので出口を出て待っていた。しばらくしてその方が来て、車でお店へ。

 お店はライブハウス風の造りではなく、レストラン風ですね。サウンドチェックとリハ。しばらくすると、私が北九州のお店で会っていたドラムの方が来ました。確かにその時に千葉の話をして、それは覚えていましたが、奇遇というのがあるんですね。

 ライブはというと、貴和ちゃんワールドです。貴和ちゃんのライブはいつどこでも貴和子ワールドになってしまうからいいのです。歌は相変わらずソウルフル&パワフルで素晴らしいです。アルトの方も、アルトを始めたのは遅かったとおっしゃってましたが、結構いい感じの演奏をしてました。2ステージ目は、ドラムの方も入れてのライブ。

 ライブが終わってお店でちょっとだけ打ち上げ。何せ終電が11時過ぎぐらいで、早くお店を出なければならないのです。

 駅まで車で送ってもらって、電車で千葉方面へ。貴和ちゃんとたまみさんは途中下車。2人が知ってるお店に飲みに行くとかで・・・一緒に行きたかったぁ〜(^_^)。この日はイントロセッションのインフォメーションをメールでバラまいたので、イントロに行かないと私はジャズ界から抹消されてしまいます。ということで、私1人だけ高田馬場へ向かいました。


 高田馬場に着いたのは深夜1時前。そしてお店へ。お店に入ると、レイさん、古庄さん、ベースの磯部くん、の3人がお出迎えしてくれました。古庄さんは、数々のジャズの名盤が出ているレコード会社「リバーサイド」のディスコグラフィーを作成し、「リバーサイドの神様」と言われているジャズ界では有名な方です。この日のハウスベーシストは本川くん。早稲田ダンモ研を卒業したばかりの若手ですが、かなりいい演奏をします。

 そして次々と私の知り合いも来ました。敬称略です。
  高樹レイ(vo) 辰巳哲也(tp) 守谷美由貴(as) 橋本信二(g)
  磯部英貴(b)  佐藤<ハチ>恭彦(b)  柿崎恭子(b) 織原良次(eb) 本川(b)
  たいこ(ds) 清水まる子(tp) 北澤誠(ds) ※3名は理科大ジャズ研関係
  しのぶ(vo、大塚ドンファン)
こんな感じだったでしょうか。大塚のライブハウス「ドンファン」の主、しのぶさんが来たのは驚きましたねぇ。自分のお店が終わってイントロに電話したら、「じみたさんが来てる」と聞いて来てくれたそうです。ありがとうございました。

 もちろんマスターも途中で来ました。店長の井上さんもアルトを演奏しましたね。

 セッションが終わったのは朝6時を過ぎてましたね。7時前ぐらいだったかな?で、次々と帰っていく中、店長の井上さんと私とベースのハチとかっきぃ(柿崎恭子)とかっきぃの知り合いが残りました。井上さんと私とハチはもちろん飲む(^_^)。かっきぃは車を運転しなきゃならないので、もう酒は飲んでませんでした。

 そしてハチが帰りました。私は結局、かっきぃの車で送ってもらうことになりました。かっきぃの知り合いの方も同乗。会社があるとかで・・・大丈夫だったんでしょうか?とりあえずホテル岸まで送ってもらいました。かっきぃ、ありがとね。着いたのは、朝9時過ぎでした(^_^)。夕方からリハがあるってのに・・・。東京ツアー8日目終了です。


2004/10/17(日) 画像 (打ち上げのみ)
☆リハ たむらとし子デュオ 池袋【フォルテ】
 たむらとし子(vo) 久保田浩(p)

 11月22日に一緒のヴォーカルのたむらとし子さん、通称「とこ」さんがリハをやりたいということで、どこかでリハをやることにしてましたが、お互い都合のいい日がこの日しかなく、この日になりました。もしリハがなかったら国分寺のT'sに行ってたんですけどね。ギターの天野さんとベースの林さんがリーダーをやっているのは塩本さんから聞いてました。村山先生によると、どうもこの日T'sでは「じみたが来るかもしれない」ということになっていたらしい。村山先生には私からあらかじめ「リハがあるので行けません」とメールしてありました。ま、T'sは次週に行くので勘弁してください(^_^)。

 リハの場所は池袋のフォルテというスタジオ。フォルテ?知りません。名前すら聞いたことがありません。池袋は十数年住んでたからスタジオの名前ぐらいは知ってるはずなんだけどなあ。で、前々日にホテル岸のオーナーに聞いてみたら、「それ、たぶん昔のLet'sですよ」と。え?池袋Let'sってフォルテって名前になったの?全然知りませんでした。池袋Let'sはよく使ったので場所も覚えてます。いつのまにかスタジオの名前も変わったのね。

 リハの時間は夕方5時から7時。池袋の駅で5時前にとこさんと待ち合わせ。といっても朝9時帰りの私はちょっとつらいぞ、自業自得くん(^_^)。今までとこさんとはライブをやったことはなく、飛び入りでも今まで2曲(?)しかないです。初めて私とちゃんとしたライブをやるのと、他のメンバーがいいのとで、リハもきっちりやったほうがいいですね。とこさんに会うのもまだ4回目ぐらいです。

 リハです。なんかいい感じです。ストレートな歌がなんかとてもいい。バッキングをやっててとても心地よい。こういうのはなかなかありません。とこさんの歌はずいぶんよくなってると思います。歌どうのこうのの問題はなし。譜面はちゃんとチェック。これでリハは終わりです。

 私はとこさんと会ってちゃんと話したこともなく、せいぜいメールをしていたぐらいなんですが、酒も好きということはわかっていた。リハが終わったのは7時。
    「飲み会ぢゃー!!」
なぜ私がいるとすぐこうなるんでしょうね?・・・この質問自体がおかしいような気がする(^_^)。

 池袋東口の「鳥どり」というお店には入りました。名前のとおり「鳥」のお店です。鳥関係がおいしかったです。

 とこさんは住んでいるところがちょっと遠く、終電も早いので、10時過ぎに解散。池袋駅でとこさんを見送りました。私はホテル岸へ。時間的には割と早く、オーナーはすでに帰ってましたが、私はこの前日は、いや当日は朝9時帰り(^_^)。オーナーもどこかで飲んで来たらしく、この日はこのまま寝ようということになりました。事実、この日私はこれ以上飲む気力はありませんでした。ほんとです。信じろ!(^_^)。東京ツアー9日目終了です。


2004/10/18(月) 画像
☆オフ 理科大ジャズ研OB飲み会 水道橋【駒安】

 この日からはライブ・仕事・リハなどは一切なし。なのでさっさと北九州へ帰ればいいのだが・・・帰ってもやることないし、せっかくだからちょっと遊んでいこうか、ということで、翌週の火曜日の北九州でのライブまでは東京にいることにしました。

 この日までに飲み会・セッションなどが決まっていた日は、水曜、金曜、土曜、日曜の4日間。月曜、火曜、木曜は空いてました。早速知り合い何人かにメールで「空いてるよ〜、飲もう!」の連絡。

 昼の3時頃に理科大ジャズ研の同期のEveからメールが来た。彼には前週の週末にメールをしておいたのだが、今頃返事が来た。なんと「パソコンのメールは見ていなくて、今日見た」とのこと。そりゃ返事遅れるわな。彼に何をメールしてたかというと、アメリカ出張に行ってたジャズ研の先輩の能登谷さんが出張から戻ってきたというのを聞いていて、Eveに「能登谷さんと飲めないか?」と連絡しておいたのです。どこで飲むかというと、ジャズ研の溜まり場である水道橋の居酒屋「駒安」。もう30年ぐらいジャズ研でバイトをし続けているお店です。

 Eveからの2回目のメール。「今日駒安に集合」。能登谷さんとEveは大丈夫らしい。でも当日の3時過ぎて、他のOB連中が集まるのかな?まあ、あとはEveに任せよう。・・・あの〜、ちなみにEveって名前は愛称で、ジャズ研に1年生で入ってきた時、ボロボロのコート姿で、当時の伊武雅人にそっくりだったため先輩がEveと名付けて、それが20年続いてるのです。女性のEveちゃんではありません。

 とりあえず、私とEveは19時に駒安に集合。そのうちOB連中が続々と集まった。まあよく集まったものであります。
   村山先生 能登谷さん 早川さん 苅田さん 浅田さん
   Eve フェイ 山野 たいこ 大道寺 まるこ 北澤
同期のフェイだけはお店が終わってからお店に来ました。お店は11時ぐらいで終わりなんですけど、これだけOBが集まったものだから、駒安の社長も特別に深夜、お店を開けてくれました。

 結局何時まで飲んだでしょうか?最後のほうはよく覚えていません(^_^)。タクシーでホテル岸の近くまで行って、歩いて帰ったはずです。翌日わかったことだが、どういうわけかコンビニで大量のいらぬ買い物をしていた。しょうがないですね、じみたってヤツは(^_^)。東京ツアー10日目終了です。


2004/10/19(火)
☆オフ プライベート飲み会

 この日はプライベートな飲み会がありました。この日は、岸邸での飲み会はなし。東京ツアー11日目終了です。


2004/10/20(水)
☆オフ プライベート飲み会

 この日もプライベートな飲み会がありました。その後、恒例の岸邸での飲み会(^_^)。飽きまへん。東京ツアー12日目終了です。


2004/10/21(木)
☆オフ 何もなし

 この日は完全オフ。何もしてません。オーナーもちょっと疲れ気味だったので恒例の岸邸で飲み会はビール1本ずつのみ。私は翌日からのイベントに向けて体調を整えないとね。・・・何の体調や?(^_^)。東京ツアー13日目終了です。


2004/10/22(金) 画像
☆オフ ベースの林さんとの飲み会 新所沢【信濃路】
 久保田浩(p) 林正男(b)
☆乱入 野本晴美トリオ 所沢【スワン】
 野本晴美(p) 岸徹至(b) 小松伸之(ds)
☆深夜セッション参加 所沢【スタジオNave】
 高木宏真(p) 佐々木悌二(b) 渡辺鎌次(ds)

 この日は10日以上前からベースの林さんと飲む約束をしてました。ジャズ界で「じみたの悪友」といえば林さんです。・・・んなことはないか(^_^)。

 新所沢の居酒屋といえば、
    「信濃路」
スワンを知って信濃路を知らない人は、人生の半分を捨ててます。それぐらい素晴らしい居酒屋です。串焼きが安くてうまいです。これほどの串焼きを安い値段で出すお店は関東でもないと思います。

 19時に信濃路で待ち合わせ。そして飲み始めます。結局2人でサシで飲むこととなりました。結構いろんな人に連絡したんですけどねぇ。みんなダメでした。まあいいです。こっちはこっちで楽しみますから。アハハ(^_^)。

 串焼きと酒を十分楽しんだ後です。この日、ライブハウス「スワン」でピアノのおはる(野本晴美ちゃん)がライブをやっているのは知ってました。彼女からメールが来たのです。「スワンでライブなので信濃路に行けそうなら行きます」と。休憩時間ってことでしょう。ところがおはるは信濃路に来なかったのです。これは、いたずらをしにこっちから出向いてやらんといかん。

 ってことで、11時前に林さんと2人でスワンに乗り込みました。ちょうど最後の曲をやろうとした時でした。おはるは私たち2人に気が付きました。で、「1曲どうですか?」・・・んな、あたしゃ今たんまりビールを飲んで酔っぱらってるのです。飛び入りなんて絶対無理無理、拒否です。で、最後の曲を聴きました。メンバーは、野本晴美(p)、岸徹至(ds)、小松伸之(ds)。ベーシストとドラマーは名前は知ってましたが、初対面でした。

 ライブが終わって、みんなでしばらく歓談。そうすると、近くのスタジオNaveというところで、ベースの佐々木悌二さんがジャムセッションのリーダーをやっているという情報が入りました。で、みんなで行くか、ということになりました。

 おはるの車で移動。悌二さんはまだ来てなかった。スタジオに入ってみんなで話をしていると、横に座っていた方が私に話しかけてきた。「じみたさんって、理科大のじみたさんですよね?ピアノの高木です。」・・・ひょっとして、私の学生時代に東工大ジャズ研でレギュラーバンドをやっていた、青学の高木さん?・・・そうでした!あの高木さんです。その後も東工大で何度か会ったことはあるんですけどね。ちゃんと話したこともなく、なんといっても学生時代の私のあこがれの人でしたからねぇ。心の師匠としていた方です。こんなところで会えるとは、本当に奇遇です。

 そして佐々木悌二さんが来ました。悌二さんとは、ちょうど1年前ぐらいに福岡のライブハウスにピアノの吉田桂一さんを見に行った時にメンバーとして来ていて、その時に会っていたので、1年ぶりぐらいですね。ちなみにその時、私は悌二さんに誘われて打ち上げに参加したのだった(^_^)。スタジオのオーナーはドラムを演奏する渡辺鎌次さんという方です。

 これだけメンバーが揃うと、いくら酔っているとはいえ演奏しないわけにいきませんね。酔っぱらいつつも何曲か演奏しました。歌伴もやりました。ヴォーカルの方が隣に座っていたので、話しかけて写真を撮ったりしましたね。もちろん全員の記念写真も撮りました。

 この日は結局、林さんと私をおはるが車で送っていくことになりました。時代は変わっていくものですね。おはるが自分の車を運転してるとは。しかもその車で送ってもらえるとはねぇ。

 朝4時は過ぎていたと思います。林さんは所沢方面の道に詳しいので、とりあえず林さんの家へ。そしてその後ホテル岸へ。林さんの家からの道はだいたい私もわかります。

 結局、ホテル岸に着いたのは朝6時過ぎてました。おはる、ありがとね。助かりました。おはるもがんばってね。東京ツアー14日目終了です。


2004/10/23(土) 画像
☆オフ ライブ鑑賞 菅野邦彦グループ+三保千春 富ヶ谷【&STYLE】

 三保千春(vo) 菅野邦彦(p) 佐野研二(per、g、vo)
☆深夜セッション参加 高田馬場【イントロ】

 この日の1週間前ぐらいにヴォーカルの三保千春ちゃんから、「土曜日に渋谷でライブがあるので、よかったら見に来てね」とメールがあったのです。で、特に重要な用事も入らなかったので、このライブを見に行くことにしました。メンバーもあらかじめ聞いてました。ピアノの菅野さんは、昔、私が新宿のJで諸田バンドをやっていた時、Jの隣りの歌留多(かるた)というお店で演奏していて、休憩時間にJに来て、ソロピアノを弾いていったことが何度かありました。なので初対面ではないのですが、ちゃんとした面識はありませんでした。千春ちゃんに会えるのも楽しみですが、菅野さんのピアノも楽しみです。パーカッションの佐野さんはまったく初めてです。

 場所は、始めは渋谷と聞いていたんですが、その後のメールに住所が書いてありました。「渋谷区富ヶ谷」。私は知りません。そんな駅もないし。どこぢゃそれ?ネットで調べてみた。小田急線の代々木八幡から山手通りを歩いていけばよさそう。

 別の話ですが、この日の夕方、かなり大きな地震がありました。ホテル岸ではまずテレビを見ないのですが、パソコンでテレビが見れるので画面を出してみると、新潟のあたりで震度6強とのこと。これはたいへんな地震です。ホテル岸の彼の部屋は12階なのでかなり揺れたのもあるでしょう。すごい揺れました。

 で、この地震の時、私はシャワーを浴びていました。体を石けんで洗ってお湯で流し終わり、頭にシャンプーをしようかな、と思った時です。グラグラと・・・。さすが12階、よく揺れます。ホテル岸にいて地震があったのはこれが初めてです。でも私も東京に20年住んでいますから、地震の揺れは慣れてます。揺れ自体はいいのですが、問題は・・・水が止まったのです!安全のためでしょう。最近のマンションは水が止まるようになってるんですね。おいおい、あっしのシャンプーは・・・いくら待ってもシャワーは出ません。仕方ないので、これでシャワーは終わりにしました。ん?待てよ。もし体が石けんだらけの時に水が止まったら・・・もし、頭がシャンプーだらけの時に水が止まったら・・・私はどうしてたんでしょう?うん、考えないことにしよう(^_^)。

 演奏開始時間は9時と聞いてたので、間に合うぐらいに行きました。代々木八幡の駅から山手通りを歩きました。しかしこれがかなりの距離。地図の縮尺の見方が失敗したか?エラい時間歩いて目印のガソリンスタンドへ着きました。住所からするとそのあたりです。1本道を入って探したが、店はない。もう9時は過ぎてる。お店に電話してみるか。携帯で電話を・・・なーんと!地震の影響で携帯電話は使えないだと(@_@)。はぁー、こんな時になってこった。仕方ないので、近くの車屋にいた人に聞いてみた。「そういう名前のお店は聞いたことないですね」・・・んなバカな。住所はこのへんのはず。で、車屋の住所を聞いてみたら、やはり番地が1つ違うだけ。だからお店はこのへんにあるはずなのにぃ・・・知らないなんて、そんな殺生な。で、その人は地図で調べてくれた。やはりこのあたりなんですよ。マンションを指して「その一画がそうですね」と。仕方ないので、その一画を歩いた。

 やっとありました。山手通り沿いにありました。1本道を入らずに、まっすぐ歩いてればよかったみたいです。うー、だいぶ遅れた。でも店に入ると、まだライブは始まってなかった。

 チャージを払っていると、千春ちゃんがお出迎え。千春ちゃんとは前年の11月以来かな。そしてピアノのスガチンさんこと菅野邦彦さんを紹介してもらいました。結構フレンドリーな方なんですね。「昔、Jで・・・」でなんとなくわかったようです。

 ここで驚いたのが、菅野さんが持ってきていたキーボードです。お店にピアノがなく、持ち込みでやっていたのですが、菅野さんのキーボードが特注のものなんです。黒鍵の凸凹部分がなく、黒鍵が白鍵と同じ長さにビーンって伸びてる。画像を撮ってきたので見てください。茶色の部分が白鍵なんですが、黒鍵の凸凹がなく、白鍵と黒鍵の長さが同じなのがわかるでしょうか?しかも白鍵も黒鍵も同じ幅です。なので同じ大きさの木を横にずらっと並べただけの状態になっているのです。黒鍵部分は黒い色になってるだけ。このキーボードのメリットは簡単に平行移動が出来ること。ということは簡単に移調が出来るということです。普通の鍵盤は半音移調とかなるとたいへんなことですが、菅野さんのキーボードは手を平行移動するだけで済むんです。ただ、慣れるのはたいへんだと思いますけどね。菅野さんも練習中だそうです。といっても、この日はこれを使ってライブやってましたけどね(^_^)。

 このキーボードを使っての、菅野邦彦グループ+三保千春のライブをじっくり鑑賞しました。このキーボードじゃ、さすがに飛び入りは無理ですな(^_^)。弾け、っていったって絶対弾けやしない(^_^)。

 ライブ自体は朝までの予定のようで、私はイントロのセッションに行くことにしてたので、2ステージ目が終わった1時過ぎにバンドメンバーとお別れしました。当然その時間に電車はないのでタクシーです。代々木八幡から高田馬場なので、それほど高くはないでしょう。


 イントロに着くと、階段の上で「おお、来たよ」と・・・。見ると、アルトの池田篤さんとヴァイブの竹田直哉君でした。2人とも1年ぶりぐらいです。池田篤さんは何か用事があって帰ろうとしてたらしいのですが、私が来たので、また店内へ戻りました。もちろん竹田くんもです。しかし、ヴィブラフォンはイントロに楽器がないのでセッションできないんですよね。楽器は持ってきてたらしいのですが、この日、竹田くんはすでに鑑賞モードになってました。

 この日、私が呼んだ知り合いはこの2名だけでした。ハウスベーシストは早稲田ダンモを卒業したばかりの本川くん。このところイントロでは必ず会っています。若さの割りにはとてもいいベースですよ。途中でマスターが来て、この日は「池田篤&じみたデー」にされてしまった(^_^)。もちろんマスターもドラムを演奏。

 他の参加者も少なく、朝5時前には終わりました。マスターが帰って、他の人たちも帰って、私は井上さんと少し飲んで6時前には帰りました。東京ツアー15日目終了です。


2004/10/24(日) 画像
☆オフ セッション参加  国分寺【T's】

 塩本彰(g) 中西匠(b)、横山和明(ds)

 今回のツアー最後のイベント、国分寺T'sの塩本さんのジャムセッションです。7月に初めて参加して、とても楽しいセッションだとわかってから、これが楽しみになってきました。もちろん、ジャズ研の大先輩、村山先生が毎週楽しんでおられるのもあります。

 昼の3時半に村山先生と国分寺の駅で待ち合わせ。まだお店までの道をちゃんと覚えてないのもあります。そしてお店へ。店長の高橋さんや塩本さんと挨拶。この日のハウスバンドのメンバーは、塩本彰(g)、中西匠(b)、横山和明(ds)。ドラムの横山氏は19歳のナベサダのグループにいるドラマーです。私は初対面です。

 この日はピアニストが私しかいなく(セッションの最後のほうに金子亜里紗ちゃんが来ただけ)弾き放題状態だったので、少しずつ休みながら、演奏しました。ここのセッションはほんと楽しいですね。やめられません。ここに人が集まるのは。塩本さんやマスターの高橋さんの人間性やセッションのスタイルでしょうね。この日に来た人で、私が知っているセッション参加メンバーです。

   塩本彰(g) 中西匠(b)、横山和明(ds) 高橋(ts、店長)
   吉野ミユキ(as) 井口健一(ts) 伊地知晋平(ts) 金子亜里紗(p)
   村山先生(b) 柿崎恭子(b) 細田崇雄(ds) たむらとし子(vo) 清水貴和子(vo)

他にもいたかもしれません。貴和ちゃんはセッションタイムが終わってから来ましたが、店長とはずいぶん昔の知り合いだったそうで、アフターセッションとなりました。セッションが終わってからも飲んで、私は終電で帰りました。

 ホテル岸へ着いて、今回のツアー最後の岸邸での飲み会です。ホテル岸へ泊まるようになって、最後の飲み会をやるのは初めてかもしれません。だいたい最後の日は朝までどっかに行ってて、朝帰りの後、すれ違いで帰郷するというパターンでした。この日は2人で3時過ぎまで飲みました。そして解散。東京ツアー16日目終了です。


2004/10/25(月)
☆帰郷

 昼過ぎまでだらだらとしてました。3時ぐらいに、2週間以上お世話になったホテル岸を出ました。まあ、また1ヶ月経たないうちに来るんですけどね。

 4時過ぎの東京発の新幹線で小倉へ。東京ツアー17日間が無事に終了しました。


気まぐれ日記目次 トップ