じみた 東京ツアー 2004/11

2004/11/17(水)〜2004/12/14(火)


2004/11/17(水)
☆上京


2004/11/18(木)
☆オフ 飲み会 高田馬場【コットンクラブ】


2004/11/19(金)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2004/11/20(土)
★歯医者の忘年会での演奏 高樹レイグループ 水道橋【東京倶楽部】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

2004/11/21(日)
★セッション・ハウスバンド 目黒【ジャムハウス】

 久保田浩(p) 高橋節(b)

2004/11/22(月) 画像
★たむらとし子グループ 浅草【ジャノメ】

 たむらとし子(vo) 久保田浩(p) 嶌田憲二(b) 小島勉(ds)

2004/11/23(火)
☆オフ 理科大ジャズ研の大学祭


2004/11/24(水)
☆オフ ホテル岸で飲み会

2004/11/25(木) 画像
★清水貴和子グループ 六本木【リラキシン】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 高橋節(b) 高西伸兒(ds)

2004/11/26(金) 画像
★高樹レイグループ 荻窪【ルースター】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 渋谷盛良(b) 鎌倉規匠(ds)
☆ナオミ嬢上京記念パーティ at 岸邸

2004/11/27(土) 画像
☆オフ セッション参加 高田馬場【イントロ】


2004/11/28(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

 天野丘(g) 中西匠(b) 野崎正紀(ds)

2004/11/29(月) 画像
☆オフ ヴォーカルセッション参加 目黒【ジャムハウス】

 楠直孝(p) 佐藤えりか(b)

2004/11/30(火) 画像
★谷口英治グラマシー5リバイバルズ 浅草【HUB】

 谷口英治(cl) 片岡雄三(tb) 久保田浩(p) 山口裕之(b) 野村綾乃(ds) 押谷光子(vo)

2004/12/01(水) 画像
★諸田富男グループ ゲスト:ナオミ 新宿【J】

 ナオミ(vo) 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

2004/12/02(木) 画像
★鎌倉規匠グループ ゲスト:ナオミ 中山【レフトホース】

 ナオミ(vo) 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)

2004/12/03(金) 画像
★鎌倉規匠グループ 立川【ハーフトーン】

 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)
★深夜ヴォーカルセッション・ハウスバンド 六本木【All of Me Club】
 川島智子(vo) 久保田浩(p) 松島憲昭(b) 金井塚秀洋(ds)

2004/12/04(土) 画像
★清水貴和子グループ 市原【キャリオカ】

 清水貴和子(vo) 大和たまみ(as) 久保田浩(p)

2004/12/05(日) 画像
★深山エダ・川島智子グループ 六本木【All of Me Club】

 深山エダ(vo) 川島智子(vo) 久保田浩(p) 中津裕子(b)

2004/12/06(月) 画像
☆オフ 飲み会 新所沢【信濃路】〜新宿【ロッキンチェア】

 久保田浩(p) 林正男(b) 柿崎恭子(b)

2004/12/07(火)
☆オフ 飲み会

 久保田浩(p) 高樹レイ(vo) 鎌倉規匠(ds)

2004/12/08(水) 画像
★清水貴和子グループ 関内【ジャズメン倶楽部】

 清水貴和子(vo) 皆川トオル(ts) 久保田浩(p) 宇治雅久(b)

2004/12/09(木) 画像
★清水貴和子デュオ 池袋【ばがぼんど】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p)

2004/12/10(金)
☆オフ 理科大ジャズ研セッション


2004/12/11(土) 画像
☆オフ 名駒会の忘年会 水道橋【駒安】


2004/12/12(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

  塩本彰(g) 長澤勇気(b) 亀山賢一(ds)

2004/12/13(月)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2004/12/14(火)
☆帰郷



2004/11/17(水)
☆上京

 今回のツアーの最初の仕事は20日(土)なので、上京日は土曜か金曜でよかったのですが、地元北九州での仕事がなかったので、早々と水曜の夕方に新幹線で出発。夜11時過ぎにホテル岸に着いた。部屋に入ると、彼の友人が来ていた。友人はすぐ帰ったので、早速オーナーと初日祝い(^_^)。


2004/11/18(木)
☆オフ 飲み会 高田馬場【コットンクラブ】

 この日はオフ。高田馬場のイントロのマスターが新しく開店した、というより店を拡張した、高田馬場のカフェ「コットンクラブ」に友人と行くことにしました。以前は地下1階だけだったのを、1階、2階の吹き抜けにしたのです。コットンクラブに行く前に、景気付けに居酒屋へ。景気付けってわけではないが(^_^)。何か理由を付けないとね。

 ほどよく飲んだ後、コットンクラブへ。2階へ上がった。リバーサイドの神様、古庄さんが高田馬場のイントロにいるとのことで、すぐコットンクラブへ来てくれました。しばらく3人で飲んでましたが、その後マスターも来店。電球をいくつか持っていて、「店がまだ仕上がってないんだよ。取り付けなきゃ。」と言いつつ、電球を取り付けてました。

 マスターが「地下で飲もう。地下の分は俺がおごってあげるよ。」・・・ジャズハイエナの3人はイソイソと地下へ(^_^)。なぜ地下に行ったかというと、地下にはグランドピアノとドラムセットがあって、マスターがドラムを叩けるからです。ということはマスターのお遊びに付き合うということです。かなり飲んでいた私は演奏をしたくない。が、今はジャズハイエナ・・・ハイーッ!なんでもやりまっす(^_^)。お客もかなりいる中、酔っぱらい演奏をしてしまいました。失礼しました。

 そうそう、この時期、ボジョレー・ヌーヴォ解禁で、マスターから1本いただいて、みんなで飲んだのです。ところが私は「居酒屋+コットンクラブ2階」でかなり飲んでいたため、その味をよく覚えていないのです(T_T)。ああ、なんということか。なんだか、うまかったのはなんとなく覚えているのですが、正確には覚えていない。あたしゃ酒の使い方を間違っとるね(^_^)。

 時間はというと、もう深夜で、私は電車で帰れない。で、この日は古庄さんが泊めてくれることになりました。古庄さん、ありがとうございました。古庄さんといえばリバーサイドの神様と言われてるお方。リバーサイドのディスコグラフィーをまとめ、本家のアメリカのジャズ界ではかなり有名な方です。もちろん日本でもちょっとしたジャズアルバムファンには名が知れてます。さて、この方の家に行くと何が起こるのでしょうか?

 家に着き、ビールをごちそうになりながら、だんだん古庄ワールドに入っていきます。まず、リバーサイドのレコードはなんと全部順番に並べられている(@_@)。こんなのは見たことがありません。古庄さんが次々と珍しいレコードを掛けてくれます。その中で私が感動したのは、オスカー・ピーターソンの10インチのレコードです。ピーターソンが作曲家に捧げているシリーズがあるのですが、今までディスコグラフィーでも見たことがないレコードが存在していたのです。んなの、どこで手に入れたんだろうか?いや〜、ほんと、信じられないコレクターです。

 珍しいものをいろいろと見せられたのですが、居酒屋からの酒量が溜まってきて、だんだん意識が・・・ちゃんと寝たのですが、最後のほうは記憶がありません(^_^)。こんなに飲んだのは久しぶりです。

 翌朝、というか翌昼(^_^)起きて、ちょっと二日酔いの中、帰りました。古庄さん、お世話になりました。


2004/11/19(金)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 昼過ぎに帰宅したものの、まだちょっと二日酔いだったので、また寝る。結局この日は出かけずに、ホテル岸オーナーの帰りを待ち、宴会。その時間はもう二日酔いではなく、体調万全なのだ。ガハハハ。何の体調だか知らんが(^_^)。彼と2時過ぎまで飲みました。


2004/11/20(土)
★歯医者の忘年会での演奏 高樹レイグループ 水道橋【東京倶楽部】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

 このツアーの初仕事。ライブではなく、忘年会での演奏。場所は水道橋の東京倶楽部です。

 夕方に入り、軽くリハ。草平くんとは7月末のライブ以来でした。そして本番。忘年会とはいえ、演奏を聴いている方がかなりいました。レイさんと私のデュオでのバラードになると客席がシーンとなり、みんな静かに聴いてましたね。とても気持ちいいです。

 酒や食事もごちそうになりました。牛のステーキ(だったかな?)、やけにうまかったです。

 ほどよく飲んで、帰る時間なのですが、その時間になって風俗へのお誘いが・・・「おっぱいパブ」だって(^_^)。なんだそれ?聞いたことないです。某バンドメンバーがかなりしつこく誘われたようですが、無事に付いて行ったのでしょうか?・・・いや、ちゃんと断ったのでしょうか?(^_^)

 「おっぱいパブ事件」も終わり(^_^)、私はホテル岸へ戻りました。例によってホテル岸で2人でDVDを見ながら飲んでいました。

 この日は理科大の学祭の初日で、フェスというOBが集まるイベントが行われていて、現役やOBは理科大の付近で遅くまで飲んでいるとのこと。そのうちの3人ぐらいがホテル岸へ泊まりに来ることになっていました。まあホテル岸は広いし、3人ぐらい来ても十分余裕で泊まれます。

 深夜3時前、コールが鳴りました。現役たちが来たようです。

    「あの〜、11人いるんですけど・・・」
    (@_@)
    (@_@)
    (@_@)

コラーッ!!なんで3人が11人になるか!おまいらは何を考えとんのじゃ!シトの家を何だと思っとんのじゃ!!!・・・といっても深夜3時頃では追い返すわけにもいかないので玄関を開けた。

 右をクリックしなはれ。その後の状態でんがな。画像

 ちなみにホテル岸オーナーは、客を入れるだけ入れて、さっさと自分の部屋で寝ました。


2004/11/21(日)
★セッション・ハウスバンド 目黒【ジャムハウス】

 久保田浩(p) 高橋節(b)

 夕方頃、目黒へ。起きてから何も食べてなく、少しだけ時間があったので、お店の近くのモスバーガーへ入りました。モスはおいしいんだけど、注文してから出てくるまで時間がかかるんですよね。しかも注文したフライドポテトが揚げたてで出てきたから、食べるのに時間がかかってしまい、5時入りだったのがちょっと遅刻。

 店に入ると・・・ベースのともちゃんしかいなかった。このセッション、夕方5時から夜11時までという時間帯なのですが、早い時間はあまりお客が来ないようです。5時はやっぱり早すぎるんじゃないかい?

 しばらくして少しずつお客さんが来て、セッション開始。内容はというと・・・初心者セッションって感じだったですね。男性のアルトの方は結構よかったです。

 セッションが終わって、みんな早々に引き上げたので、私とともちゃんも退散。

 ホテル岸へ戻り、いつもの宴会です。


2004/11/22(月) 画像
★たむらとし子グループ 浅草【ジャノメ】

 たむらとし子(vo) 久保田浩(p) 嶌田憲二(b) 小島勉(ds)

 たむらとし子さん、通称とこさんですが、これまで私は一緒にライブをやったことがなく、しかも、セッションでも2、3曲やっただけ。しかし初めて会ったときから、とても私の状態を心配してくださっていて、私が何かお礼をしたいという気持ちから、このライブは私から提案したのです。ベースとドラムは、私が大好きな大活躍中の2人。私自身も楽しみなライブでした。それに、1ヶ月ちょっと前にとこさんと2人でリハをやった時に、かなりいい感触がありました。「これはいける」と。酒じゃないですよ(^_^)。演奏だよん。

 入りは5時。ホテル岸からジャノメまでは、電車で行くと乗換があって、しかも地下鉄の田原町駅からはちょっと遠い。でも距離的にはとても近いので、タクシーで行った。案の定2メーターだった。あまりに早く着きすぎたので、タクシーを降りてしばらくメールをしてからジャノメへ向かって歩いていると、「おはようございます」と、とこさんの声が後ろから・・・。

 早速リハ。うん、いい感じです。しばらくして嶌田さんと小島さんも来て、バンドでリハ。小島さんは1年ぶり。嶌田さんは4、5年ぶりぐらい。バンドもいい感じです。

 リハが終わってくつろいでいると、レイさんがいらっしゃいました。あらかじめ「行くよ♪」と連絡があったのですが、ライブが始まるだいぶ前からいらっしゃいました。

 本番。とてもGOODでした。とこしゃん、よかったよ〜♪

 本番は2ステージで、3ステージ目はセッションタイムです。アマチュアのミュージシャンやヴォーカリストの方がたくさん来ていました。そしてラストはレイさんとレギュラーメンバーで2曲。

 セッション参加者:
  高樹レイ(vo) shino(vo) IZUMI(vo) つばっち(vo)
  篠田敏光(p) アルコ山崎(b) トム石原(ds) 他

 終わって、ピアノの篠田さんにホテル岸まで送ってもらいました。この日はちょっと体調がよくなかったので、帰ってすぐダウンしました。


2004/11/23(火)
☆オフ 理科大ジャズ研の大学祭

 この日はオフで、理科大の大学祭の最終日だったので、鎌倉規匠くんを誘って行くことにしました。彼は前年も理大祭に行ってます。

 飯田橋で待ち合わせ。そして理科大へ。現役が演奏中でした。現役の演奏が終わってからはセッションタイムです。かなりの人数のOBがいましたね。

  シャインアンさん(b)、佐藤さん(p)、村山先生(b)、長谷川さん(ts)、
  友村さん(ds)、能登谷さん(ds)、大橋さん(b)、浅田さん(b)、
  たいこ(ds)、まるこ(tp)、藤原(tb)、市川(ts)、一ノ宮(vo)

他にもいたかな?最後は恒例の蛍の光。長谷川さん(ts)、浅田さん(eb)、たいこ(ds)たちと演奏。蛍の光が途中でスペインに(^_^)。よーわからん展開です。蛍の光に戻って、これでこの年の理大祭は終わりです。

 打ち上げ。村山先生は打ち上げには参加せず、イントロのセッションへ行ったようです。私と鎌倉くんは打ち上げに参加。例によって神楽坂の花のれん。

 2次会にも参加。神楽坂を登る途中のお店。3次会にも参加。飯田橋の笑笑。2人で最後まで参加しちゃいました。朝5時でんがな(^_^)。そして私はタクシーで帰りました。


2004/11/24(水)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 誰かと飲もうと企んだのだが、誰も相手にしてくれず(T_T)。人気ないなぁ・・・。仕方ないので、ホテル岸オーナーの帰りを待ち、いつもの宴会でした。


2004/11/25(木) 画像
★清水貴和子グループ 六本木【リラキシン】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 高橋節(b) 高西伸兒(ds)

 今回のツアーは貴和ちゃんがよくしてくれて、彼女とのライブが一番多い。その第一弾です。

 夕方、お店に入ると、すでに貴和ちゃんと高西さんがいました。ドラムの高西さんとは初めてです。ともちゃんも来て、リハ。

 本番。まさに貴和子ワールドワールドワールド!彼女の歌は私はとてもいいと思います。すばらし。お客さんで、吉村京花さん(vo)、つばっちさん(vo)が来ていて、途中で飛び入り。

 終わってビール1本だけ飲んで、解散。ともちゃんがホテル岸の近くに用事があるというので、車で送ってもらいました。

 ホテル岸へ着いて、いつもの宴会です。


2004/11/26(金) 画像
★高樹レイグループ 荻窪【ルースター】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 渋谷盛良(b) 鎌倉規匠(ds)
☆ナオミ嬢上京記念パーティ at 岸邸

 この日から1週間、北九州在住の超食い嬢、ナオミさんが東京上陸なのです。いったいいくつの東京のライブハウスを食いつぶすのだろうか?(^_^)

 1時半頃着くというので、羽田空港まで会いに行きました。そこにいたのはナオミさんだけではなく、ナオミさんや私の知り合いで、3月のレイさんの福岡ブルーノートライブを見に来た方もいました。ちょうどこの1週間ぐらい東京出張とのことで、ナオミさんと一緒にいて、私はびっくり。しかも約1週間ほど、私のライブを見に来てくれるとのこと。いや〜、北九州からはるばると、うれしいですね。

 一旦ホテル岸へ戻り、夕方、ルースターへ。全員集まったところでリハ。その後メンバー4人で近くのそば屋へ。私は天ざるにしたのだが、天ぷらの油がヘビー級だった。

 本番。う〜ん、ベースの渋谷さん、最高です。直接ブッキングをしたのはもちろんレイさんですが、私が7月に大森さんのグループで渋谷さんと演奏したときに「とてもいい」と再認識したので、それをレイさんに伝えたら、今回再び一緒にやれることになったのです。レイさんと渋谷さんは昔、よく一緒にやっていて、私が一緒の時もありましたが、それからしばらく一緒にやってなく、6年ぶりぐらい(?)といってましたね。ほんと、ベースらしいベースで、こういうタイプはなかなかいないと思います。渋谷さんのおかげもあって、この日はとてもいいライブでした。お客さんで、とこさん(vo)、ナオミさん(vo)、もいましたが、飛び入りはありませんでした。

 しばらくお店で飲んで解散です。


 終わってから、ナオミさんの東京初日記念ということで、この日は特別にホテル岸で、鎌倉くん、他、数人で、大宴会。ホテル岸のオーナーには鍋なんぞを作っていただき、たいへんお世話になりました。朝、解散。みなさま、お疲れ様でした。いや〜、楽しかったですね。


2004/11/27(土) 画像
☆オフ セッション参加 高田馬場【イントロ】

 この日は私はオフで、ナオミさんをどこかへ連れて行こうとライブハウスをネットで調べました。しかしあまりいいのがなく、深夜はイントロのセッションに行くことにしていたので、早い時間は村山先生もいることだし、ちょっと早めに行くことにしました。セッションは夕方5時から朝5時までやっているのです。

 お店に着いたのは、9時半ぐらいだったかな?店に入ると、ちょうど先生がステージに向かうところで、村山先生は少々酔っていた程度でした。演奏もさすがで、素晴らしかったです。他にはリバーサイドの神様、古庄さんもいらしてました。あとギターの中村さんもいたかな。この方、いつも素晴らしい演奏をしますよね。中村さんとセッションメンバーが一緒だと、なんかとても安心するんですよ。ピアノの石田くんもいました。数ヶ月前にイントロで会って以来です。この日のハウスベースは早稲田を卒業したばかりの本川くん。この方も若いのに素晴らしいです。

 演奏内容ですが、村山先生が帰る12時頃までは、まあいつもの程度だったでしょう。深夜、私の知り合いがぞくぞくと入店してきました。これがかなりすごかった。

 まず高樹レイさん(vo)。レイさんとナオミさんとでカウンターにいると、近藤淳ちゃん(vo)が来ました。1年ぶりぐらいでした。とても素直ないい歌を歌いますよね。そして、西尾健一くん(tp)が来ましたね。私はずいぶん前に彼のバンドをやっていて、それからの付き合いです。

 この日、御茶ノ水のNARUでベースの塩田くんがリーダーでライブをやっており、そのメンバーが来るとの情報がありました。塩田くんはニューヨーク在住ですが、ちょうど日本にツアーをしに来ていたのです。

 まず、メンバーのピアノの百々徹くんが来店。彼とは5年ぐらい前に、あるバンドのリハでばったり会って、それ以来です。現在はアメリカ在住です。彼もとても素晴らしいプレイをしますね。

 そして塩田くんが来店。私は1月に北九州で一緒にライブをやって以来です。いきなり「なんだよ!そのロン毛は!」・・・これが挨拶でした(^_^)。人間は相変わらずですね。もちろんプレイも相変わらずで、この日も素晴らしいプレイでした。あと、私は初めてでしたが、若干20歳の広瀬未来(tp)くんというのが来ていて、これがまたすごかった、とても20歳とは思えないプレイでした。いや〜、次から次へといいのが出てきますね〜。そして演奏はしませんでしたが、現在日本でNo.1のテナーサックス奏者、峰厚介さんがいらっしゃいました。

 私の知っている人だけでもこのようなメンバーで、他にも、プロ並みの演奏をする方もいて、この日の深夜のセッションレベルはとても高かったです。

 朝5時に終了。6時頃、退散。楽しいセッションでした。

 セッション参加者:
  高樹レイ(vo) ナオミ(vo) 近藤淳(vo)
  西尾健一(tp) 広瀬未来(tp) 峰厚介(ts、演奏なし)
  久保田浩(p) 百々徹(p) 石田衛(p) 中村(g)
  村山秀樹(b) 塩田哲嗣(b) 本川悠平(b) 古庄さん 他。


2004/11/28(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

 天野丘(g) 中西匠(b) 野崎正紀(ds)

 日曜日が空いている時は、もう恒例となった国分寺T'sのセッションです。今回はナオミさんも引き連れて参加です。いつもリーダーはギターの塩本さんですが、この日は昼に仕事があったらしく、天野さんがリーダー。天野さんとは4年ぶりぐらいです。

 国分寺の駅に午後3時半に村山先生、ナオミさんと待ち合わせ。そしてT'sへ。マスターの高橋さんと天野さんに挨拶。他のメンバーもすでにいました。私は早速1曲目から指名され、ハウスメンバーに混ざってYesterdaysを演奏。そして次々とお客さんが来店。仕事が終わった塩本さんも7時ぐらいに来店。素晴らしいセッションが展開されました。

 セッション時間が終わって、ピアノの金子亜里紗ちゃんとドラムの横山くんが来店し、1曲演奏。その後、ベースの米木さんが来店し、私も参加して1曲演奏しました。

 残っている人たちで飲んで、私は最終電車で帰り、ホテル岸で宴会です。

 いや〜、参加メンバーも素晴らしく、とても楽しいセッションでした。参加するだけでなく、見ていても楽しい。こんなセッションはなかなかありませんね。T'sはやめられません。

 セッション参加者;
  ナオミ(vo) 宮野(as) 竹内郁人(as) 塩本彰(g) 天野丘(g) 土屋秀樹(g)
  久保田浩(p) 金子亜里紗(p) 楠直孝(p)
  村山秀樹(b) 中西匠(b) 長沢勇気(b) 米木康志(b)
  野崎正紀(ds) 鎌倉規匠(ds) 横山和明(ds) 他


2004/11/29(月) 画像
☆オフ ヴォーカルセッション参加 目黒【ジャムハウス】

 楠直孝(p) 佐藤えりか(b)

 この日はオフ。ナオミさんをどこかに連れて行こうとネットを探していると、目黒のJam Houseで、理科大ジャズ研の後輩のピアノの楠くんがヴォーカルジャムのリーダーをやっていることが判明。他に特に行きたいライブもなかったので、これに行くことにしました。

 何人かに連絡したところ、早速レイさんから「行く」と返事が。他にも、前日に会っていた村山先生が参加出来るとのことでした。

 村山先生は仕事の都合で何時になるかわからないとのこと。レイさんは時間的に余裕があったので、お店に行く前に食事がてら近くの居酒屋へ一緒に行きました。そこでジャズ談義。

 8時前にお店に入店。ハウスの2人と、もう1人の男性のヴォーカルの方がいました。しばらくして女性ボーカルの方が来店、そして村山先生も来店。その後、なぜかベースの渋谷盛良さんが来店。なんでも、住んでいるところがお店から近くて、この日は仕事もなく、散歩がてら目黒まで来て、お店に入ったそうな。数日前にレイさんのライブで一緒だったので、正に奇遇です。まさか別の店で再び会えるとは思いませんでした。ナオミさんは終盤近くに来店。

 セッション参加者の人数はあまり多くなかったですけど、メンバーがメンバーだったので、なかなか楽しいセッションでした。

 セッションが終わって解散。ホテル岸へ帰り、例によって朝方まで宴会でした。

 セッション参加者:
  高樹レイ(vo) ナオミ(vo) 久保田浩(p) 渋谷盛良(b) 村山秀樹(b) 他


2004/11/30(火) 画像
★谷口英治グラマシー5リバイバルズ 浅草【HUB】

 谷口英治(cl) 片岡雄三(tb) 久保田浩(p) 山口裕之(b) 野村綾乃(ds) 押谷光子(vo)

 クラリネットの谷口くんは、浅草のHUBで「グラマシー5 リバイバルズ」というグループ名で定期的にライブをやっているのですが、この日は私が中心のセッションにしようということで、メンバーはグラマシー5のレギュラーメンバーではなく、特別編成となりました。私は以前、グラマシー5にトラで何度も参加したことがあります。

 トロンボーンの片岡くんとは十数年ぶり。おそらくですが、当時の諸田バンドで一緒に演奏して以来です。ベースの山口さんは初めて。ドラムの綾乃ちゃんとは数年ぶり。ということで、私にとっては懐かしいメンバーとの再会となりました。ヴォーカルの押谷さんとは初めてです。

 演奏はというと、これが本当にとても楽しいものでした。曲はスタンダードばかりですが、少しアレンジがかかっているような感じのものが多かったです。谷口くんらしいです。谷口くんの演奏はもちろん素晴らしいですが、片岡くんは実力でいうと日本で一番、ぐらいに素晴らしいトロンボーン奏者です。山口さんは初めてでしたが、谷口くんが連れてくる人はまず間違いありません。これまた素晴らしいベースプレイでした。綾乃ちゃんは、演奏がほとんどダメな時から知ってましたが、私が会ってない数年のうちにとても進歩したようです。とてもいいプレイでした。

 お客さんでナオミさんや北九州から出張で来ていた方の姿も。この日は、とても楽しい1日でした。ホテル岸へ戻って、少し飲んでおしまいです。


2004/12/01(水) 画像
★諸田富男グループ ゲスト:ナオミ 新宿【J】

 ナオミ(vo) 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

 北九州から遠征してきたナオミさんですが、当初は東京のライブハウスを回るだけの予定だったのですが、特別に2日間、東京の人たちとライブをやることになりました。その1日目です。この日は、私が東京で一番お世話になっているドラムの諸田さんがリーダー。
諸田さんの配慮でこのライブが実現しました。

 夕方頃Jへ。お店へ入ると調律をやっていました。しばらくしてメンバーも全員揃いましたが、時間の関係でリハはありませんでした。

 さて、諸田さんは、いつもJのライブの前に何をやっているかというと・・・宴会でんがな(^_^)。場所はJのとなりの居酒屋です。なんと徒歩10秒(^_^)。この日もメンバー全員でその居酒屋へ行き、ナオミさん以外はビールを飲んでしまいました。

 本番。演奏はとてもいい感じだったです。私は諸田さんや林さんとはもう十数年の付き合いになりますからね。悪の腐れ縁・・・いや、あうんの呼吸なのです。ナオミさんも、これほどスイングするバンドとはやったことがないでしょうから、とても楽しそうでした。

 この日はヴォーカルの中村真理子ちゃん、伊熊さん、理科大ジャズ研の大先輩のドラムの内田さんと、その会社の女性の方、三木のり平の息子の小林のりかずさん、北九州から出張で来ていた方、等がいらっしゃいました

 ライブが終わって、お店で打ち上げでしたが、結局深夜2時までやっていました。内田さんたちとタクシーで帰りました。


2004/12/02(木) 画像
★鎌倉規匠グループ ゲスト:ナオミ 中山【レフトホース】

 ナオミ(vo) 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)

 この日はナオミさんの東京活動最終日で、ナオミさん自身が参加するライブの2日目。北九州での友人、鎌倉くんがリーダーのグループへのゲスト参加でした。

 メンバーは午後6時過ぎにお店に集合。そしてリハ。その後、近くの中華料理店で食事。私はその店名物(?)のカレーラーメンを頂きました。

 本番は無事終了。理科大の先輩、ギターの広瀬さんとベースの浅田さん、いつも来てくれる恭子ちゃん、北九州から出張で来ていた方、等がいらっしゃいました。

 ライブが終わって、理科大の先輩たちとちょっと飲んでから、鎌倉くんにホテル岸まで送ってもらいました。


2004/12/03(金) 画像
★鎌倉規匠グループ 立川【ハーフトーン】

 鎌倉規匠(ds) 久保田浩(p) 高橋節(b)
★ヴォーカルセッション・ハウスバンド 六本木【All of Me Club】
 川島智子(vo) 久保田浩(p) 松島憲昭(b) 金井塚秀洋(ds)

 この日はダブルヘッダーです。

 ナオミさんは朝早い飛行機のようで、私は見送りが出来ませんでしたが、無事に北九州へ帰りました。彼女はこの日の夜に北九州で仕事があったようです。

 6時にお店に集合予定。しかしお店が開いてなく、7時までお店の人が来ないとのこと。仕方ないので、近くの焼肉屋「牛角」で焼いた(^_^)。

 結構飲んでからお店へ。すぐ本番。

 前日に来た恭子ちゃんがまた来てました。他にピアノをやっている岡山さん、海野さんもいらっしゃいました。

 お店で打ち上げをやっている途中、私は次の仕事へ行く時間となり、急ぎ足で駅へ向かいました。駅へ向かっている途中、岡山さんが後ろから来て、電車で途中まで一緒になりました。


 六本木には12時50分ぐらいに着きました。川島智子ちゃんとは10月にばったり会いましたが、松島さんとは5年ぶりぐらいでしたかね。松島さんも私のことをとても心配してくれてた1人です。私も松島さんに会えてとてもうれしかったです。金井塚くんとは、大塚のドンファンで会ったことがありますが、仕事をするのは初めてです。

 セッションは深夜3時半までです。私は多少遅刻だったので、お店に着いてすぐセッションが始まりました。松島さんは私が大好きなベーシストですが、この日も本当に素晴らしいプレイでした。お客さんで、私は初対面でしたが、ヴォーカルの一泉ナオ子さんが来てました。

 終わってしばらく飲んで、川島智子ちゃんと方向が同じだったので、一緒にタクシーで帰りました。この日も楽しい1日でした。


2004/12/04(土) 画像
★清水貴和子グループ 市原【キャリオカ】

 清水貴和子(vo) 大和たまみ(as) 久保田浩(p)

 私がこの年の10月に初めて行ったお店で、今回もその時と同じメンバー。市原の五井という駅に夕方6時に待ち合わせ。千葉の内房線です。ここ、遠いのよね〜。

 軽くリハをやって、本番。もちろん貴和子ワールド全開です。楽しかったですねぇ。

 ドラムの野村綾乃ちゃんが遊びに来ました。市原のあたりに住んでいるとのこと。お店にドラムセットはあるのですが、シンバルやスネアがないので、残念ながら飛び入りはありませんでした。

 さて、この日は前々から、ライブが終わった後にメンバー3人で忘年会をやることにしていたのです。飲む場所は千葉駅のあたり。したがってこの日は高田馬場のイントロの深夜セッションはなしです。後から聞きましたが、この日もプロの連中が結構来たらしい。クソッ!(^_^)

 関東地方は夕方からかなりの雨が降っていたのですが、私が家を出るときは降っていなかったので、私と貴和ちゃんは傘を持っていませんでした。傘を持っていたのは、たまみさんだけ。

 千葉にヒッチコックというお店があって、私もかなりお世話になったのですが、もつ焼き屋(だっけ?)になってから、ずっと行ってなく、そこで飲もうかという話もあったのですが、雨がすごくて、ちょっと無理そうでした。電車の中で貴和ちゃんが電話をして、私も久しぶりにヒッチコックのマスターと話をしました。

 千葉駅に着いて、結局入ったのは、千葉駅の近くの居酒屋「和民」。ここで朝まで飲みました。

 早朝の電車で帰るのですが、ここでたいへんなことが・・・。

 雨もかなり降っていたのですが、風がとてもすごかったのです。後から知ったのですが、どうやら「台風もどき」がきてたらしい。

 私の帰りのコースは、まず千葉駅から総武線快速で錦糸町。そこで各駅電車に乗り換えて秋葉原。で、山手線に乗り換えて御徒町方面です。

 さて、錦糸町で降りて各駅電車を待っていたら、アナウンスが・・・。

    「西船橋駅で強風でトタンが落ちたため、上り線はストップ・・・」

ナニー!!快速も各駅も動いてないとは何事!!どうにもならんではないか!!おまけに飲んでたから、わしはねむいんぢゃ!!錦糸町でどうしろっちゅーんじゃ!!

    「半蔵門線で振り替え輸送を行っております。」

ん?半蔵門線っていつ錦糸町まで延びたの?いや、そんなことはいい。わしは早く帰りたいのだ。で、半蔵門線に乗ってどうする?・・・三越前で銀座線に乗り換えて上野御徒町だ。

 三越前に着いた。銀座線に乗り換え。いったん改札を出る。・・・ん?おかしい。同じ会社の線なのに改札を出るってのはどういうこと?・・・歩いて歩いて歩いて歩いて歩いて・・・バカモーン!!こんなのは同じ駅名付けるんじゃないっちゅーの!!乗り換えじゃないっちゅーの!!

 んもう!!・・・ヘタヘタになりながら、家に着いたのは7時半ごろだった。そんなはずじゃなかったのに(T_T)。クソッ!!


2004/12/05(日) 画像
★深山エダ・川島智子グループ 六本木【All of Me Club】

 深山エダ(vo) 川島智子(vo) 久保田浩(p) 中津裕子(b)

 川島智子ちゃんから誘われたライブです。もう1人歌手がいるのはこの日まで知りませんでした。すいません。ベースは理科大ジャズ研の後輩の中津ちゃんです。

 リハもなく、本番。ライブは無事に終了。マリア・エバ(vo)さん、一泉ナオ子(vo)さん、有福隆(p)さん、横山裕(b)さん、などがいらっしゃいました。

 智子ちゃんとは3日にも会っていたんだけど、ベースの松島さんと久しぶりで、ほとんど松島さんと話をしてしまったので、この日は智子ちゃんといろいろ話をしました。

 中津ちゃんとはライブをやるのは初めてでした。中津ちゃんともあまり話をしたことがなかったので、ちょっとお話しました。ジャズ研の後輩なのでがんばってほしいですね。

 最終電車でホテル岸へ。オーナーといつもの宴会です。


2004/12/06(月) 画像
☆オフ 飲み会 新所沢【信濃路】〜新宿【ロッキンチェア】

 久保田浩(p) 林正男(b) 柿崎恭子(b)

 なんだか恒例となってしまった、ベースの林さんとの信濃路での飲み会です。これがないと東京に来た気がしません(^_^)。今回はベースのかっきぃ(柿崎恭子)も参加。彼女、信濃路は初めてらしく、とても楽しみにしてたみたい。

 林さんは昼に仕事があって、8時頃になるとのこと。私とかっきぃは時間的にもう少し早くても大丈夫なので、先に7時に行くことにした。駅で待ち合わせてお店へ。

 1時間ほど2人で飲み、その後、林さんも加わって11時頃まで飲みました。

 その後、林さんが知っているラーメン屋「香港屋台麺」に行って、ビール&とんこつラーメン。ここのラーメン、結構うまかったです。

 さて、新所沢から都心方面の最終電車の時間です。林さんは中央線沿線なので、途中で乗り換え。私とかっきぃは新宿まで行きました。新宿に着きましたが、新宿からの電車はおそらくない。それに西武新宿からJR新宿まではかなり時間がかかります。で「朝まで飲もうか」ということになった。・・・いや、した(^_^)

 新宿には、朝までやっているロッキンチェアというジャズ屋があります。ここは雰囲気がよく、私は結構好きなお店で、たまに行ってました。ここで、かっきぃと朝まで飲みました。

 朝、新宿駅で解散。始発電車で帰りました。


2004/12/07(火)
☆オフ 飲み会

 久保田浩(p) 高樹レイ(vo) 鎌倉規匠(ds)

 この日はオフで、高樹レイさんと鎌倉くんと私の3人で飲もうということになりました。単に飲み会でもよかったのですが、最終的には反省会・勉強会のようなものになりました。まあ、ミュージシャンにはよくあることなんですけどね。メンバーは高樹レイさん、私、鎌倉君の3人でした。鎌倉くんにもがんばってほしいということもあります。電車を寝過ごしてるバヤイではないのだ(^_^)。

 適度に飲みながら、かなり長い時間、音楽の事をああだこうだ話しました。で、解散。私は最終電車でホテル岸へ戻りました。「バヤイ」の人が1名いたようだが(^_^)

 細かいことはいろいろ多すぎるので書きません。で、ちょっと1つ、素晴らしいと思うことがあります。

 レイさんとライブをやる時に、たいてい1ステージに1曲ぐらい、2人だけのバラードのデュオがあるのですが、これが自分でもかなりいいと思うのです。なぜかというと、最近はこのデュオが始まると、必ずお客さんが全員黙って、静かに聴くのです。11月20日にあった忘年会の仕事でも、他の曲では、ちゃんと聴く人は聴きますが、少し話をしている人もいました。お店のライブではないし、それはそれでいいのです。ところがバラードのデュオになったとたん、シーンとなり、全員が静かに聴いたのです。もちろんこの現象はこの時だけではなく、最近はずっとこのような状態です。こういうのってなかなかないと思います。私もあまり経験したことがありません。自分で言うのもなんですが、それだけいい音楽をやっているという証拠でもあると思うんです。実際、ピアノを弾いてても気持ちいいです。かなり素晴らしい音楽が出来上がっていると思うんです。

 これはもちろん2人の音楽性や波長などがその時に合ってないと出来ません。しかし回を重ねることに、そういう世界も出来上がってくるものなのです。私はこのへんがインタープレイの局地だと思います。速いテンポの曲をテクで押し通すだけがインタープレイではありません。

 客が心底感動する音楽とは何か?最近その答えの1つが見えてきたような実感があります。


2004/12/08(水) 画像 (「シシリア」での三保千春も)
★清水貴和子グループ 関内【ジャズメン倶楽部】
 清水貴和子(vo) 皆川トオル(ts) 久保田浩(p) 宇治雅久(b)

 今回の東京ツアーで一緒にやる回数が一番多いのが貴和ちゃんですが、このお店は私は初めて行く所で、他のメンバーも初めてです。どうなることやら?

 そのライブの前に。

 ヴォーカルの三保千春(vo)ちゃんと私は、彼女がライブを始める前からの友人ですが(もう11年になるみたい)、今回の東京ツアーでは仕事もないし、なかなか会えそうもない。この日、私は横浜の関内ですが、千春ちゃんも関内で、場所もとても近いらしい。しかも入りの時間もだいたい同じ。ということで、お互いの仕事の前に食事をすることにしました。入ったのは、関内のBarBarBarの近くの「シシリア」というイタリア料理店。千春ちゃんのオススメの店で、ピザがとても美味しかったです。もちろん2人ともちょっとアルコールをいただき(^_^)。

 時間になり、私は7時半過ぎにジャズメン倶楽部へ。メンバーは全員いたのですが、客の中にベースのかっきぃ(柿崎恭子)がいた(@_@)。別に呼んだわけでもないし、2日前に飲んだばかり。まったく奇遇です。なんでも近くでリハか何かやってて、お店の前を歩いてたら、私の名前が書いてあったので、入ったとのこと。いや〜、うれしいですね。でも翌日がたいへんらしく、ライブが始まる前に帰りました。私が来るまで待ってたらしい。かっきぃ、ありがとね。

 さて、本番です。まったくリハもなく、私はテナーの皆川さんやベースの宇治さんとも初めて。1曲目のインストが初共演となるのです。あらかじめ、自分と合わない人とか、初心者とか、「ヘタ」とブッキングされた場合は、最初からその気で演奏するからいいのですが、まったく初めての人とオンステージで初共演の場合は、もし1曲目で「ダメ」ってなると、その日は終わったようなもんです。演奏中も酒を飲むしかない(^_^)。ダメとわかってて演奏をしなければならない状態を「じみ語」で、

    「予定だめちん」

と言います(^_^)。・・・予定調和のマネ。

 で、はたしてそのインストの1曲目は・・・素晴らしい、いや、これは素晴らしいです。テナーの皆川さん、素晴らしいです。しかも私好みのオーソドックスなプレイ。ベースの宇治さんも、オーソドックスなプレイ。これがとてもやりやすい。1曲目から「今日はいけるぞ!」って気合が入りました。

 この日はとてもいいライブになりました。もちろん貴和子ワールドも全開です。最高でした。

 関内ってのは都心からはちょっと遠い。最終電車は12時付近。貴和ちゃんと急いで駅まで行き、品川まで一緒。彼女は乗り換え。私は乗り換えなしで、ホテル岸に到着。気分のいいまま、ホテル岸での宴会となりました。


2004/12/09(木) 画像
★清水貴和子デュオ 池袋【ばがぼんど】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p)

 今回の東京ツアー最後のライブ。貴和ちゃんとのデュオです。私にとっては清水貴和子2Daysとなりました。お店は私は初めて。貴和ちゃんは月に2回ぐらい出演しているようです。居酒屋のようなお店だと聞いていました。

 夕方7時過ぎにお店に入ると、なるほど、飲み屋ですね。すぐ貴和ちゃんも来ました。そして本番です。ここは30分4回のステージ。居酒屋や夜店では、時間が短くて4、5回というステージが多いです。

 いや〜、またまた貴和子ワールド全開でした。前日、本人に、

    「いつも掲示板じゃ、貴和子ワールドだとか、全開だとかだよね。」
    「ガハハハ・・・!!」

と言われてしまったので、もっと彼女の雰囲気が出るように書き直します。

    貴和子ワールド全開!!
    ガハハハ・・・!!

・・・ガハハはいらなかった(^_^)。

 いや〜、ほんとにいいんですよ。もう彼女とも12、3年になりますが、初めて会ったときから「この人の歌はすごい!」と思ってました。知らない人はぜひ聞きに行ってください。

 最終ステージ中にお客さんで、前週の水曜日のJにも来てくれた、理科大ジャズ研の大先輩のドラムの内田さんと、内田さんの会社の女性の方がいらっしゃいました。ステージが終わって、4人で飲みました。

 貴和ちゃんは終電でお帰り。他の3人は、閉店の2時まで飲み。そしてタクシーで帰りました。内田さん、お世話になりました。


2004/12/10(金)
☆オフ 理科大ジャズ研セッション

 この日はオフで、何をやろうかといろいろ考えましたが、最終的に、理科大ジャズ研にホテル岸のオーナーと遊びに行くことにした。彼が休みで、私もオフというのはめったにないのです。

 彼にちょっと用事があって、その後、夜8時過ぎに彼と一緒に理科大のジャズ研に行くと、部室に数人いました。早速セッション。メンバーは、じみた(p)、岸(b)、相本(tp)、須藤(g)。

 10時頃までセッションをやって、その後はその4人で飲み会。場所は神楽坂の上にある一番屋。この居酒屋は私が現役のころからあります。長いですねぇ。

 12時頃まで飲んで、相本くんはお帰り。3人で水道橋の駒安へ行きました。もう営業時間は終わっているんですが、電話をすると駒安の社長が誰かと飲んでいるようでした。

 3人でタクシーで駒安へ。社長と女性2人がいました。私は知りませんでしたが、2人の女性の内の1人は駒安で働いてた方のようでした。

 そっちはそっち、こっちはこっち、ということで、2時半ぐらいまで飲みました。

 そして、3人でタクシーでホテル岸へ。須藤くんも泊まりとなりました。


2004/12/11(土) 画像
☆オフ 名駒会の忘年会 水道橋【駒安】

 居酒屋の駒安はかつて飯田橋にあって、理科大のジャズ研で代々バイトをしていて、もう30年ぐらいなるのではないでしょうか?私が大学2年の時に水道橋へ移転したのですが、それからもずっとバイトをし続けてます。名駒会は、駒安でバイトをした人のOB会のようなものです。私も大学1年と2年の時にバイトをやっていました。

 時間は4時〜10時。しかし・・・夕方4時になんて、時間にルーズなジャズ研のOBたちが集まるのだろうか?

 一応4時15分ぐらいに行ってみた・・・誰もいましぇーん(^_^)。結局1時間ぐらい、私1人で飲んでましただわ(^_^)。

 5時過ぎに広瀬さん来店。そして幹事の早川さん、Eveが来店。その後は次々とOBが集まりました。

 最終的に来店した人です。楽器と、私との代の差も書いておきましょう。

  友村さん(ds、+11)、
  林さん(g、+8) 山田さん(ds、+8)
  早川さん(eb、+5) 水無瀬さん(ts、+5) 歌川さん(ts、+5)
  苅田さん(ts、+4)
  広瀬さん(g、+3) 鈴木さん(tp、+3)
  浅田さん(b、+2)
  じみた(p) Eve(tp、同期) 初田(eb、同期)
  $子(as、-1) 山野(ds、-1)
  大道寺(p、-4)
  吉田(as、-15?) 一ノ宮(vo、-15?)

あと、現役が2名、鉢村(ds)と須藤(g)。

 いや〜、楽しい飲み会でした。名駒会と名が付いてるものの、理科大ジャズ研のOB会のようなもんです。


2004/12/12(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

  塩本彰(g) 長澤勇気(b) 亀山賢一(ds)

 今回の東京ツアーで、最後のライブは9日でしたが、このT'sのセッションが最後の演奏です。

 例によって、午後3時半に国分寺駅改札で村山先生と待ち合わせ。そしてT'sへ。バンドメンバーはすでにいましたが、演奏はまだ始まっていませんでした。

 しばらくしてセッション開始。そうすると理科大ジャズ研の後輩のトランペットの清水まる子ちゃんが来店。お店は初めてだそうですが、前々から来てみたかったセッションとのことでした。その後、11月末の谷口君のバンドで初めて一緒になったベースの山口裕之氏、リバーサイドの神様、古庄さんなどが来店しました。

 セッション参加者:
  塩本彰(g) 長澤勇気(b) 亀山賢一(ds)
  清水まる子(tp) 伊地知晋平(ts)
  久保田浩(p) 吉澤純一(g) 村山先生(b) 荒巻茂生(b) 山口裕之(b)

他にも、ヴォーカル、フリューゲルホーン、テナー、ベース、ピアノ、ドラム、
の方がいらっしゃいました。

 この日もとても楽しいセッションでした。ベーシストが多かったですね。荒巻さんまでいらっしゃいました。やっぱりT'sのセッションはやめられませんねぇ。

 最終電車でホテル岸へ。そしていつもの宴会です。


2004/12/13(月)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 私の北九州での仕事は15日にあったので、それまでに帰ればよく、この日は何かしようと東京にいることにしたのですが・・・誰かと飲もうと企んだのですが、誰も相手にしてくれなかった(T_T)。どうも飲みとなるとあたしゃ人気ないなぁ・・・。仕方ないので、ホテル岸オーナーの帰りを待ち、宴会をやりました。オーナーは翌日休みとかで、時間制限なしでやってたのですが、気が付いたら朝5時でした(^_^)。


2004/12/14(火)
☆帰郷

 前日は朝5時まで飲んでたので・・・だから日本語が変だっちゅーの(^_^)。昼過ぎまで寝て、3時過ぎに出発。約1ヶ月お世話になったホテル岸を出ました。次回は2月です。え?そんなにしょっちゅう来るなって?(^_^)。あまりによく東京に来るもんだから、ジャズ研の人に「じみたの希少価値がない」とか言われてます。

 4時前の東京発の新幹線で小倉へ。家に帰ってゆっくり休養を・・・ではなく、小倉駅で待っていたのは、いつもの社長であった(^_^)。ちょっち飲みに行って・・・(^_^)。東京ツアーが無事に終了しました。


気まぐれ日記目次 トップ