じみた 東京ツアー 2005/02〜03

2005/02/03(水)〜2005/03/17(火)


2005/02/03(木)
☆上京 高樹レイさんと飲み会 新宿【DUG】


2005/02/04(金) 画像
★田村セツコ(画家)バースデイライブ 新宿【J】

 田村セツコ(vo) Marica(vo) 沢田靖司(bs、fl、vo)
 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b) 福永綾子(vo) 他

2005/02/05(土)
★澤田一範グループ 渋谷【Ko-Ko】

 澤田一範(as) 久保田浩(p) 吉田豊(b) 田村陽介(ds)

2005/02/06(日)
★ヴォーカルセッション・ハウスバンド 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

2005/02/07(月)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2005/02/08(火)
★諸田富男六重奏団+鶴丸はるか 新宿【J】

 諸田富男(ds) 宮本やすし(tp) 宮崎勝央(as) 岡崎正典(ts)
 久保田浩(p) 矢野伸行(b) 鶴丸はるか(vo)

2005/02/09(水)
★川島智子グループ 赤坂【ケイ】
 川島智子(vo) 久保田浩(p) スタン・ギルバート(b)

2005/02/10(木)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2005/02/11(金)
☆オフ たいことの飲み会 御徒町【焼肉屋】【天狗】

 久保田浩(p) 草ヶ谷美保(ds)

2005/02/12(土)
★吉田豊グループ 松戸【ブルートレイン】
 吉田豊(b) 宮本やすし(tp) 久保田浩(p) 海野俊輔(ds)

2005/02/13(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

 天野丘(g) 長澤勇気(b) 野崎正紀(ds)

2005/02/14(月)
★New Voice Vol.77 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b) 水野直子(vo) 前田由維(vo) 橋本信行(vo)

2005/02/15(火) 画像
☆オフ ホテル岸の支配人と外で飲み会 御徒町【おかってや】


2005/02/16(水)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2005/02/17(木)
★高樹レイグループ 関内【ジャズイズ】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

2005/02/18(金)
☆オフ 高樹レイさんとの飲み会 池袋【膳丸】【和民】


2005/02/19(土)
★高樹レイグループ 荻窪【ルースター】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

2005/02/20(日)
★杉浦良三 没3周忌メモリアルセッション 関内【ジャズメンクラブ】

 皆川トオル(ts) 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 宇治雅久(b) 中屋啓之(ds)

2005/02/21(月)
☆オフ ライブ鑑賞 高樹レイ+山本剛トリオ 新宿【DUG】
 高樹レイ(vo) 山本剛(p) 金子健(b) 大隈寿男(ds)

2005/02/22(火) 画像
☆オフ 理科大ジャズ研OBの飲み会 水道橋【駒安】


2005/02/23(水)
☆オフ 諸田さんとの飲み会 with かっきぃ 吉祥寺【いせや】【三舟】

 久保田浩(p) 諸田富男(ds) 柿崎恭子(b)

2005/02/24(木)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2005/02/25(金)
★川島智子デュオ 六本木【ワインバー クリマ】

 川島智子(vo) 久保田浩(p)

2005/02/26(土)
★清水貴和子デュオ 市原【キャリオカ】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p)

2005/02/27(日)
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

 塩本彰(g) 岸徹至(b) 野崎正紀(ds)

2005/02/28(月)
★諸田富男グループ 吉祥寺【メグ】
 諸田富男(ds) 青木泰成(tb) 久保田浩(p) 矢野伸行(b) マダムF(vo)

2005/03/01(火)
☆オフ 風邪のため何もなし


2005/03/02(水)
☆オフ 風邪のため何もなし


2005/03/03(木) 画像
★諸田富男グループ 吉祥寺【メグ】

 諸田富男(ds) 志賀聡美(tb) 久保田浩(p) 矢野伸行(b) 鶴丸はるか(vo)

2005/03/04(金)
★深夜ヴォーカルセッション・ハウスバンド 六本木【All of Me Club】

 久保田浩(p) 松島憲昭(b) 金井塚秀洋(ds) Rinko(vo)

2005/03/05(土)
★小曽戸洋グループ+川島智子 上野【アリエス】

 川島智子(vo) 小曽戸洋(vib) 久保田浩(p) 水田欽博(b) 籠利達郎(ds)

2005/03/06(日)
★セッション・ハウスバンド 目黒【ジャムハウス】

 久保田浩(p) 高橋節(b) 吉田正広(ds)

2005/03/07(月)
☆オフ ホテル岸で1人で飲む


2005/03/08(火) 画像
★諸田富男グループ+高橋エミ 高田馬場【サニーサイド】

 高橋エミ(vo) 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

2005/03/09(水) 画像
★高西伸兒グループ+清水貴和子 四ッ谷【ウィル】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 高橋節(b) 高西伸兒(ds)

2005/03/10(木)
★久保田浩グループ ゲスト:高樹レイ 国分寺【T's】

 久保田浩(p) 池田芳夫(b) 安藤正則(ds) 高樹レイ(vo)

2005/03/11(金)
★大森明グループ 練馬【Lady Day】

 大森明(as) 久保田浩(p) 山崎弘一(b)

2005/03/12(土)
★林正男デュオ 熊谷【ルイス】

 林正男(b) 久保田浩(p)

2005/03/13(日)
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

  塩本彰(g) 増原巌(b) 亀山賢一(ds)

2005/03/14(月)
☆オフ 病気の雑誌の取材
☆ベースの林さんとの飲み会 新所沢【信濃路】

 久保田浩(p) 林正男(b) 辻田健太郎(ds)

2005/03/15(火)
☆オフ ホテル岸で飲み会


2005/03/16(水)
★New Voice Vol.78 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 山口裕之(b)
 三品友紀子(vo) 白川可奈子(vo) マダムF(vo)

2005/03/17(木)
☆帰郷



2005/02/03(木)
☆上京 高樹レイさんと飲み会 新宿【DUG】

 小倉駅午後3時40分発の新幹線で東京へ。

 この日は特に何もなかったので、レイさんと飲みに行くことにしていました。当初は「高田馬場あたりで」ということだったので品川で乗り換え。到着時間が9時ごろになりそうで、馬場だと終電も早いので、新宿のDUGへ行くことにしました。私はライブ以外でDUGへ行くのは初めてです。

 9時過ぎにDUGに着きました。店に入るとレイさんはすでに飲んでいました。横にマスターの中平さんもいて挨拶。中平さんと少し話をしました。その後、中平さんはすぐお帰り。レイさんと終電近くまで飲みました。

 12時頃まで飲んで、ホテル岸へ。支配人と深夜2時頃まで飲んで、解散です。


2005/02/04(金) 画像
★田村セツコ(画家)バースデイライブ 新宿【J】

 田村セツコ(vo) Marica(vo) 沢田靖司(bs、fl、vo)
 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b) 福永綾子(vo) 他

 画家・イラストレーターで有名な田村セツコさんの誕生日ライブです。セツコさんは画家というより、テレビにも出ている方なので芸能人といってもいいでしょう。沢田さんとは初対面。本当はピアノやヴォーカルなんですけど今回はサックスやフルートで参加。ジャズの先生としてもとても有名なベテランプレイヤーです。

 Jはいつものように6時半ぐらいに行きました。セツコさんがいたので挨拶。すると一番後ろのテーブルにコーラスで参加するの人たちが何人かいて、その中に福永親子ちゃんがいるではないですか。セツコさんと同じコーラスグループをやっているようです。

 ステージに行くと沢田さんがいたので挨拶。沢田さんも私のことはうわさでよく知っていたようです。ピアノを触っていると林さんも来ました。

 セッティングが終わると、林さんが「諸田さん、隣にいるでしょ?」と。ということで今回も演奏前からJの隣の居酒屋へ行くことになりました。お店に入ると・・・すでに諸田さんは1人で飲んでいたのだった(^_^)。そこで諸田さん、「じみたには言ってなかったけど、今日はヴォーカルのマリカが入るから」と。おお!それはうれしい。マリカさんはかなり前から知ってますが、彼女の歌は大好きなのです。それに相当な期間会っていません。とても久しぶりです。
※マリカ=Marica=平賀マリカです。

 居酒屋を出てJに戻るとマリカさんがいました。久しぶりの挨拶。

 そしてステージです。今回のメインはセツコさんのバースティパーティライブなのですが、バンマスが沢田さんで、セツコさんが参加しているコーラスグループや、講談師の女性の方の飛び入り(歌)などもあって、メインヴォーカルのマリカさんもいて、沢田さんも歌うし・・・ステージは盛りだくさんなんですけど、どのぐらいやったかというと、
    「1時間×3ステージ」
こんなに長くやったのは久しぶりですね。終わったのは12時前でした。ステージは初対面の人も多かったのですが楽しかったです。

 この日はお客さんが満員で、久しぶりにお店から大入り袋をいただきました。マスターの幸田さんもニコニコです。

 小林恵子(vo)ちゃんが来てましたが、あまりのステージの長さに飛び入りはありませんでした。東京出張中の定行さんも一番最後の曲の時に来ました。

 12時頃に終わったので、終電危うしです。結局、林さんにホテル岸まで送ってもらいました。ホテル岸の支配人はどこかで飲んできたらしく、この日は宴会なしでした。


2005/02/05(土)
★澤田一範グループ 渋谷【Ko-Ko】

 澤田一範(as) 久保田浩(p) 吉田豊(b) 田村陽介(ds)

 この仕事はベースの吉田君から誘われました。「知り合いに大好きなバッパーがいるので、ぜひじみたさんと会わせたい。」ということでした。私もバップ系の人は好きなので楽しみにしていました。

 ドラムの田村くんとは初めて・・・のはずだったのですが、実は2年前の8月、埼玉の病院での検査入院後に「じみた東京最後のセッション」と称して、イントロに数多くのミュージシャンを呼んでセッションをやったのですが、その時に来ていたらしいのです。その時は話もしなかったので私は全然知りませんでした。ですので実質これが初共演です。

 私にとっては初めての人が2名。吉田君ともまだ2回目で、インストバンドでやるのは初めて。しかしリハはないとのこと。私はお店も初めて。いったいどういう曲をやるのか、どういうライブになるのか全くわからない・・・。

 スタートの8時ちょっと前にお店に入りました。軽く打ち合わせをしてステージです。パーカーがやった曲がほとんどでした。音的にはとてもいいです。澤田さんは、吉田君が言っていたとおり正にバッパーで、素晴らしいプレイでした。ここまでバップしてる人はめったにいないでしょうね。

 初めての田村くんもなかなか素晴らしいプレイでした。まだ25歳とのこと。しかも東大出身!東大ジャズ研出身のプレイヤーはみんなうまいですからねぇ。これは今後期待できそうです。

 吉田君も相変わらずの力強いプレイで、とてもよかったです。一緒にやっていてとても安心できます。若手で彼の年代ではNo.1でしょうね。

 この日の演奏は、私が参加したインストのセッショングループではレベル的にもかなりのものだったと思います。とても楽しいセッションでした。

 澤田さんは私の演奏を気に入ってくれたのか、4月9日(土)にまた同じメンバーでKoKoでやることになりました。

 終わって終電でホテル岸へ。支配人と深夜3時半ごろまで宴会でした。


2005/02/06(日)
★ヴォーカルセッション・ハウスバンド 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

 毎月1回、ドラムの諸田さんがやっているヴォーカルジャムセッションです。6時半から11時までと少々時間が長いです。ハウスバンドの3人は2日前にも会っています。ま、腐れ縁トリオですな(^_^)。悪友トリオとも言う(^_^)。

 6時頃お店に行くと、2日前に会った田村セツコさんがいて、何か打ち合わせをやっていました。この日は日曜日で隣りの居酒屋は開いていません。恒例行事がないとなぜかちと寂しい(^_^)。3人でJで待っていると少しずつお客さんが来て、7時頃からセッション開始。私が知っている方では、六角さんの弟子の男性の方、理科大ジャズ研のOBの井口さん、12月の末に会った harario(vo) さん、渋谷KoKoのママさん(といっていいのかな?店長のお姉さんです)などがいらっしゃいました。

 11時頃に終わって、バンドメンバー、井口さん、Jで働いている方(ピアニストです)で終電まで飲みました。

 終電でホテル岸へ。例によって支配人と3時頃まで飲みました。


2005/02/07(月)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 この日は何もなく、ホテル岸の支配人が翌日休みで、朝方まで飲めるということで、どこにも出かけずに彼と飲むことにしました。10時半ごろ開始。解散は・・・約束どおり5時頃でしたね。


2005/02/08(火)
★諸田富男六重奏団+鶴丸はるか 新宿【J】

 諸田富男(ds) 宮本やすし(tp) 宮崎勝央(as) 岡崎正典(ts)
 久保田浩(p) 矢野伸行(b) 鶴丸はるか(vo)

 ドラムの諸田さんは、自己の「諸田富男六重奏団」(通称:諸田バンド)をもう20年ぐらいやっていると思うのですが、池田篤(as)、山田穣(as)、俵山昌之(b)、など、数々の素晴らしいプレイヤーを排出した、正に日本版ジャズメッセンジャーズです。私も2代目のピアニストとして在籍したのですが、調べてみると1992年から1998年と7年ぐらいやってたようです。ずいぶん長くやってたんですね。私は諸田バンドなしに自分のジャズ暦を語ることは出来ないし、諸田バンドで育てられたと言っても過言ではありません。それほど諸田バンドにお世話になり、諸田さん本人にもお世話になっています。

 さて、私は諸田バンドを退団して6、7年経つのですが、久しぶりにゲストで参加することになりました。メンバーは(ヴォーカルの鶴丸さん以外)全員知っているのですが、このメンバーで諸田バンドとしてライブをやったことはありません。私が退団したころは、テナーの岡崎くんはまだ参加していませんでした。

 6時集合で軽くリハ。その後はJという場所がら・・・当然の如く隣の居酒屋へ行く(^_^)。行ったのは、諸田さん、私、矢野君、宮崎君の4人。ただ宮崎君は飲んでいませんでした。

 ステージはというと、相変わらずの諸田バンドサウンドでした。ただ以前よりもアンサンブルがよくなったような感じがしました。レコーディングがあったらしく、アレンジも昔と多少変わっていたり、かなり練習もしたのでしょうね。とてもよかったです。ヴォーカルの鶴丸さんとは初めてでしたが、彼女もなかなかよかったです。

 終わって終電まで打ち上げ。ホテル岸へ戻ると、支配人はどこかで飲んで来たとのこと。彼は飲まず、私1人で2時過ぎまで飲んで、解散です。


2005/02/09(水)
★川島智子グループ 赤坂【ケイ】

 川島智子(vo) 久保田浩(p) スタン・ギルバート(b)

 ヴォーカルの川島智子ちゃんから誘われた仕事です。当初ベースが誰になるかわからないとのことだったのですが、その状態でこの日を迎えました。お店に行ってみると予定表に「スタン・ギルバート」の名前が書いてありました。私は赤坂ケイではスタンさんとしかやったことがないのですが、今回もまた彼と一緒に演奏できることになりました。スタンさんはキャリアも長くベテランプレイヤーなのですが、黒人ベースらしいベーシストで、私はとても好きなのです。ただし日本語がしゃべれないのだ(^_^)。

 ステージはというと、ちょっとお客さんが少なかったですけど、演奏は楽しいものでした。私は初対面でしたが、ケイやその他でも歌っている、Rinkoさんというヴォーカルの方や、ママさんのケイさんや、お客さんでヴォーカルの男性の方なども飛び入りして、ほとんどセッションの状態でした。

 終電1本前でホテル岸へ。例によって2時過ぎまで飲んで解散です。

 私は光栄にも以前からスタンさんに気に入られていて、4月27日(水)にまた同じメンバーでやることになりました。


2005/02/10(木)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 どこかに飲みに出かけてもよかったのですが、結局、ホテル岸で支配人と飲み会。彼がいつもより早く10時前に帰って来たので、早く開始し、12時過ぎに解散しました。


2005/02/11(金)
☆オフ たいことの飲み会 御徒町【焼肉屋】【天狗】

 久保田浩(p) 草ヶ谷美保(ds)

 翌日のライブが松戸で、リハがあるというので、出かける時間が早くなるかな?と思い、当初はこの日はどこにも出かけない予定でした。ところが理科大ジャズ研の後輩のたいこが、岸君に借りていた自転車を返しに来て、また翌日のリハの時間も7時からだとわかったので、結局2人で飲みに出かけてしまいました。

 まずホテル岸のすぐ近くにある焼肉店に入りました。ところが・・・高い!焼き物はすべて2千円〜3千円!お通しは5品も出てきた!これはいくら取られるかわからない。ビール2杯ずつと1品だけ頼んで、さっさと会計。値段は・・・2人で3千円。ふー、よかったです。

 飲み直しということで、駅前まで歩きました。路地を見ると「天狗」がありました。ここなら大丈夫です。ビールをピッチャーで注文し・・・2人で飲みに行ってこれは普通ないのだが(^_^)・・・11時過ぎまで飲んで解散です。ホテル岸へ戻って少々飲んで終了です。


2005/02/12(土)
★吉田豊グループ 松戸【ブルートレイン】

 吉田豊(b) 宮本やすし(tp) 久保田浩(p) 海野俊輔(ds)

 ベースの吉田君から誘われたライブです。彼自身がリーダーでライブをやることはあまりないそうで、それに誘われたというのは誠に光栄であります。メンバーは全員知ってます。ただ、私は松戸のブルートレインは初めてのお店です。

 7時からリハをやるというので、それなりの時間に出ましたが、ホテル岸から松戸までは意外と近かったです。

 お客さんも結構入って、ステージ開始。やはり吉田君のベースはいいですね。宮本くんとは4日前に会ったばかり。今回は1ホーンなので宮本君のプレイもじっくり堪能出来ました。ドラムの海野君は若干まだ25歳ですが、年の割にはすばらしい演奏をします。今後期待できますよ。

 終わって、吉田君に松戸の駅まで送ってもらいました。そしてホテル岸へ。翌日がちょっと早いので、この日は宴会なし。東京へ来て酒を抜いたのはこの日が初めてかな。


2005/02/13(日) 画像
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

 天野丘(g) 長澤勇気(b) 野崎正紀(ds)

 日曜日がオフの日は、恒例の国分寺T'sのセッションです。この日は村山先生が何時になるかわからないとの事で、個別に行くことになりました。3時半過ぎに店に入るとまだセッションは始まっていませんでした。するとすぐに村山先生が入店。ほんの数分違いでした。

 まずコーヒーを注文して飲もう・・・の前にセッション強制参加(^_^)。この日も次々と素晴らしい方が来て楽しいセッションが繰り広げられました。私が誘った人では、なんとベースの佐瀬さんが来てくれました。半年ぶりぐらいでしたけど、相変わらずの素晴らしいプレイでした。

 終わって、数人で近くの居酒屋へ行きました。そこで私は終電を逃してしまいましたが、佐瀬さんに車でホテル岸まで送ってもらいました。ありがとうございました。

 とりあえず私がわかる範囲でセッション参加者を書きます。忘れている人がいたら後で追加します。

  天野丘(g) 長澤勇気(b) 野崎正紀(ds)
  ?(as、女性) マスター高橋さん(ts) ?(ts、男性) 吉澤純一(g)
  久保田浩(p) 田崎美知子(p) ?(p、女性) 村山先生(b) 佐瀬正(b) 天野恵(b)
  滝幸一郎(ds) 横山和明(ds) ?(ds、男性)
  北川(vo) 村上陽子(vo、女性) ?(vo、女性)


2005/02/14(月)
★New Voice Vol.77 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b) 水野直子(vo) 前田由維(vo) 橋本信行(vo)

 諸田さんがやっているJでの New Voice シリーズです。毎回新人ヴォーカリストを3人程度参加させてのライブですが、これで77回目だそうです。すいぶん長くやってますね。

 例によって6時半ぐらいにJへ行き、隣の居酒屋へ。もはやこれがないとJの気分ではなくなってしまった(^_^)。

 軽く打ち合わせをして、本番は3ステージです。

 水野さんは、前週のJのボーカルセッションに来ていて初めて会いました。背が高く、声が低く、カッコいいタイプのヴォーカリストです。

 前田さんも、前週のJのボーカルセッションに来ていて初めて会いました。一度会話したら絶対に忘れないほど、特徴のあるかわいい声をしてます。最初「この声やキャラは作っているのかな?」と思ったほどですが、それが地でした。

 1人男性の橋本さんは、私は1年半ぐらい前に会ったことがあります。六角さんの弟子で、本職は・・・まあ多少はいいか・・・お医者さんです。さすが弟子だと思わせるほど、ほとんど六角さんと同じレパートリーで、Verse がある曲もバッチリ歌います。

 今回の New Voice ライブは、こういうバラエティーに富んだ3人でした。

 終わってJでしばらく飲んで、終電でホテル岸へ。この日は支配人とは飲まずに寝ました。


2005/02/15(火) 画像
☆オフ ホテル岸の支配人と外で飲み会 御徒町【おかってや】

 この日は私はオフで、ホテル岸の支配人の岸君もオフ。ということで、どこか近くのお店に飲みに行くことにしました。

 駅前付近をいい店がないかうろうろ。結局入ったのは、岸君が以前から目を付けてた「おかってや」という魚料理のお店。ネットで調べてみたらチェーン店なんですね。このお店は魚中心ですが、他にもメニューはいろいろあって、安くて美味しいお店でした。

 閉店まで飲んでホテル岸へ。時間的にはまだ大丈夫だったので、ホテル岸で2次会をやりました。


2005/02/16(水)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 この日はどこへも出かけずに、ホテル岸の支配人の帰りを待って2人で宴会でした。


2005/02/17(木)
★高樹レイグループ 関内【ジャズイズ】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

 関内のジャズイズでレイさんのライブ。ジャズイズは私は初めてでした。斉藤君と鎌倉君とは約2ヶ月ぶりです。

 私は初めて行ったお店なのでよくはわかりませんが、この前日に改装して楽器のセッティングを変えたそうで、サウンド的にどうなるのかマスターが気にしていました。かなり音にはこだわりがあるマスターのようです。響き的には残響感があってとてもいい感じでした。

 7時15分入りで、軽くリハ。そしてステージ本番。ステージは2回です。

 1ステージが終わった後、私はカウンターに座ったのですが、テーブル席にいた方が「横、いいですか?」と言って私の横に座り、いろいろと話しかけてきました。どうやら私の知り合いのヴォーカリストから私のうわさを聞いていて、私のHPも1年ぐらい前から見ていて、ずっと私の演奏を聴きたかったとのこと。いや〜、こういう人がいてくれるとうれしいもんですね。ありがとうございました。他にもレイさんのファンクラブの方たちもいらっしゃって盛り上がってましたね。

 終わってホテル岸へ。関内からホテル岸まではちょっと遠く、着いたのが深夜2時前で、すでに彼は就寝中でした。


2005/02/18(金)
☆オフ レイさんとの飲み会 池袋【膳丸】【和民】

 この日は私はオフ。レイさんは夕方に取材があってその後は空いているとのことで、時間を合わせて飲みに行くことにしました。

 池袋で7時半に待ち合わせ。メトロポリタンの近くの7階建てぐらいの居酒屋ビルに入りました。ところがこの日は金曜日でどこも満席で入れない状態。・・・世の中の景気は回復したのだろうか?それにしてはバンドマンは貧乏だが(^_^)。膳丸というお店に空席があったので、とりあえずそこへ行き、乾杯。しばらく飲んだ後、上のほうにある和民へ移動して、最終電車近くまで飲み会。

 12時頃にビルを出ると、異様に寒く、雪がちらちらと。翌日のライブが心配です。池袋駅でレイさんと分かれてホテル岸へ。時間がちょっと遅かったのもあり、この日は真面目にそのまま寝ました。


2005/02/19(土)
★高樹レイグループ 荻窪【ルースター】

 高樹レイ(vo) 久保田浩(p) 斉藤草平(b) 鎌倉規匠(ds)

 荻窪のルースターでのライブは私は2回目です。前回もレイさんのライブでした。今回のメンバーは2日前の関内ジャズイズのメンバーとまったく同じです。

 5時入りでほとんど全部通して入念にリハ。こうすると細かい所の打ち合わせや、その場でのヘッドアレンジなども出来るのです。

 7時前に終わって、メンバー全員で近くのそば屋へ行き、軽くビールを。

 ステージは2回。ちょっとお客さんが少なかったですけど、マスターとお客さんが一緒になって盛り上げてくれました。マスターも相変わらずの面白いMCと、ステージの合間ではレイさんとの対談をやったりして、楽しかったです。

 ライブが終わってお店で軽く打ち上げ。マスターは歌も歌うらしいのですが、この日はバンドメンバーやお客さんの「歌え!歌え!」コールで、結局歌うことになりました。しかも伴奏は私(^_^)。それも4曲もやらされてしまった(^_^)。通常営業外のギャラは1曲1万円なのでホクホクぢゃ(^_^)。

 マスターはギターを持って弾き続ける中、私は終電の時間になり帰りました。電車でホテル岸へ。この日も支配人との宴会はなしでした。


2005/02/20(日)
★杉浦良三 没3周忌メモリアルセッション 関内【ジャズメンクラブ】

 皆川トオル(ts) 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 宇治雅久(b) 中屋啓之(ds)

 このライブは、当日、お店に行って初めてこういう企画だと知りました。杉浦良三さんは私は会ったことがないのですが、ビブラフォン奏者で、ジャズメンクラブのオーナーもやっていた方だそうで、亡くなられて1月で3回忌とのことで、こういう特別なセッションが開催されることになったようです。

 演奏は6時半からとのことで直前に入りました。すでに貴和ちゃんはカウンター席で飲んでいた(^_^)。皆川さんもいてビールの注文。うん、これは割りとラフな感じで出来そうですな。

 こういう企画なので、プレイヤーも何人か来る予定で、5人でのライブ自体は1ステージのみ。後はセッションとなりました。

 バンドメンバーは、約2ヶ月前にやったドラム以外の4人に私は初対面のドラムの中屋君が加わった形となりました。どういうサウンドになるかはだいたいわかっていましたが、ドラムの中屋君も弱冠25歳ながらいい感じで、1ステージだけでしたが、とても楽しいライブでした。

 セッションのほうは、私も知っているピアノの方、ドラムの方が3名、初対面のギターの方、初対面の尺八の方、が参加しました。これについては細かいことは書きません。・・・某人、これでいいかな?ガハハハ!(^_^)

 セッションも10時頃には終了。終わって貴和ちゃんとしばらく飲んでましたが、だんだん貴和子ボルテージが上がって行き、ついに「朝まで飲もう!」となった(^_^)。

 ホテル岸の最寄の駅まで電車で移動。駅前をうろうろ。そして和民を発見したので入店。ただ日曜なので大手チェーンの居酒屋でも深夜3時までのところが多いのです。この和民も3時まででした。で、3時に追い出されましたが、まだ電車が動いていないので、貴和ちゃんは帰れません。しばらくまたうろうろ。すると朝5時までやっている白木屋を発見。なんだ、最初からここにたどり着いておけばよかったのにね。白木屋で朝5時まで飲んで。解散しました。


2005/02/21(月)
☆オフ ライブ鑑賞 高樹レイ+山本剛トリオ 新宿【DUG】

 高樹レイ(vo) 山本剛(p) 金子健(b) 大隈寿男(ds)

 私のツアーの初日にレイさんとDUGへ行った時に、このライブに誘われていて、私はこの日オフで、山本剛さんにも会いたかったので、見に行くことにしました。

 私は前年の10月に山本剛さんのライブを見に行っていて、山本さんと大隈さんとは、4ヶ月ぶりぐらいでした。ベースの金子健さんとは、谷口君のグループで演奏して以来、5、6年ぶりです。

 内容はというと、レイさんに山本剛ワールドが加わった形で、楽しいライブでした。私も2曲ほど参加しました。改めて思うことですが、大きな意味で山本剛さんの世界のよさや、細かい意味でリズムの出し方、ソロの構成など、この日はかなり勉強させられました。この域まで行くには私もまだまだですなぁ。やはり一世風靡した方は何かが違います。もちろんレイさんもノリノリで素晴らしいライブでした。私の知り合いの古庄さんもいらっしゃってました。他にも評論家の市川さん、スイングジャーナル関係の方々など、お客さんもかなり入ってました。

 終わって、腹が減ったのでホテル岸近くのラーメン屋へ。高田馬場にある札幌ラーメンで有名な「えぞ菊」の支店が出来ていたのです。時間も遅かったので、この日は宴会なしでした。


2005/02/22(火) 画像
☆オフ 理科大ジャズ研OBの飲み会 水道橋【駒安】

 この日は、ホテル岸の支配人もオフ。ということで、理科大ジャズ研御用達の水道橋の居酒屋【駒安】へ行くことにしました。

 昼頃、ジャズ研の同期のEveにメール。彼は行けそうだったけど、他にメンバーは集まるだろうか?

 駒安に行く前に、岸君が知っていた、水道橋にある世界のビールのお店に行きました。なかなかいい感じでしたが、ここは男2人で行くお店ではない(^_^)。世界のビールといえば、私はベルギービール。それもオルバルがNp.1で大好き。このお店にはオルバルがありました。岸君はベルギーのカラコル(だっけ?)を注文。2人で1杯ずつ飲んで、このお店を出ました。

 7時ぐらいに駒安に移動。まだ誰も来ていませんでした。そのうち少しずつメンバーが集まりました。この日集まった人は、
  村山先生、能登谷さん、じみた、Eve、フェイ、山野、たいこ、大道寺、岸、吉田、
でした。

 通常営業時間が終わって、村山先生などは帰りましたが、残ったメンバーで通称「夜駒」の飲み会。さて、ここで困ったことに私は途中から記憶がありません(T_T)。やばーい!!私は記憶がないというのはめったにない(年1回あるかないか)なのですが、ここで出てしまいました。理性がなくなると何をやるかわかりませんからねぇ。残ったメンバーの方、すいません。何も覚えておりません。私が悪ぅございます。岸君に聞いたところ、私は3時半ぐらいまでロレツレス状態で飲みまくり、タクシーで帰り、玄関でコケて、部屋に入りダウンしたそうな。

 翌日、昼2時過ぎに目が覚めてかなりの二日酔い。「うっ、何も覚えてない」と反省したのでした。


2005/02/23(水)
☆オフ 諸田さんとの飲み会 with かっきぃ 吉祥寺【いせや】【三舟】

 久保田浩(p) 諸田富男(ds) 柿崎恭子(b)

 この日は、ドラムの諸田さんと飲むと約束していました。諸田さんと飲むとなれば場所は吉祥寺です。しかも「いせや」だって(^_^)。諸田さんは顔ですからねえ。

 5時にいせやで待ち合わせだったのですが、ちょっと私が遅れてしまいました。店に入ると諸田さんはすでに生ビールを1杯空けていました。私は前日の二日酔いのため、ビールを頼んだものの、あまり進みません。これは迎え酒の状態かな?(^_^)。仕方ないので、カルピスサワーに変更。諸田さん曰く、「それは子供が飲むものだろ?」・・・はい、そのとおりです(^_^)。

 この日のゲストはベースの柿崎恭子ちゃん、通称かっきぃ。しばらくして彼女が現れて3人で飲みました。いせやは10時で閉店とちょっと早い。かっきぃはその後に何か予定があったようで、帰りました。

 諸田さんと2人になって、2次会です。行ったのは、これまた諸田さんの顔だけで飲める(^_^)、三舟(みふね)です。昔は私もよく行ったんですけど、何年ぶりでしょうかね?諸田さんはこの三舟に30年以上行ってるそうな。さすが武蔵野住人です。

 さて、諸田さんはこの時点でかなりの酔っ払いです。2階の座敷へ行ったところ、隣のテーブルに25歳ぐらいの若い男が2人で飲んでいました。諸田さんいきなり、「ねぇ、君たち若者!僕はこのお店に30年以上来てるんだよ!」と話しかけてしまった。隣の若者はニコニコしながら「へえ〜、長いですねぇ」と。いきなりこの若者2人と話すことになってしまった。どうやら若者の片方はフォークか何かやっている様子。もう片方も音楽は結構詳しい様子。諸田さんは若者と話せて楽しくてしょうがないようだ。しばらく話した後、もう若者2人は帰る様子。諸田さん、「ええ!もう帰るの?」・・・それは若者にも予定があるから仕方ないです。

 2人だけになると今度は諸田さん、「マスター!!」・・・マスターをお呼び。つまみで注文した自家製キムチがうまかったので、「金払うから分けてくれ」という。売ってないものを欲しがるんだから困ったもんですけど、マスターと顔なじみだからいいんでしょうね。しばらくしてマスターが袋に入れて出して来ました。で、諸田さんは値段を聞いた。
マスター「1500円。」
諸田さん「えー?これで1500円?高いよ。」
マスター「店に出してるのが、それで350円だよ。そんなもんだよ。」
諸田さん「1500円でもいいけど量が少ないよ。もうちょっと足してくれよ。」
マスター「ダメダメ。」
諸田さん「頼むよ〜。足してくれよ〜。」
マスター「う〜ん・・・わかったよ〜。」
しばらくして出てきたのは、さっきの2倍入っているキムチの袋でした(^_^)。こんなただの酔っ払いがねぇ。これも人格なんでしょうか?諸田さんは何をやっても他人に嫌われないところがすごいです。なぜでしょうね?

 少しして諸田さんが横になりました。すかさずマスターが「もろちゃん!寝ちゃだめだよ。お友達が困るでしょ!」・・・怒られてます。これが2回ぐらいありました。まるで子供ですね(^_^)。

 諸田さんもかなり酔っ払ったので、解散です。諸田さんはその状態でバスに乗り込みましたが大丈夫だったんでしょうか?

 私は電車でホテル岸へ。この日も宴会なしでした。


2005/02/24(木)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 この日は特にどこにも出かけずにホテル岸の支配人と飲み会。11時頃から深夜2時頃まで宴会でした。


2005/02/25(金)
★川島智子デュオ 六本木【ワインバー クリマ】

 川島智子(vo) 久保田浩(p)

 お世話になっている川島智子ちゃんとのデュオ。このお店は私は初めてです。六本木駅から東京タワー方面へ歩いてしばらくするとお店はありました。お店の中へ入ると、席はカウンターのみのおしゃれな感じです。ステージは3回。ワインをいただきながら演奏しました。

 私は初対面でしたが、ピアノの上保一恵さんが来ていました。お客さんの中に誕生日の人がいたので、「なんちゃってハッピーバースティ」(クラシック風の感じで5曲)を弾いていました。他にもヴォーカルの男性の方の飛び入りもありました。

 終わると終電の時間です。川島智子ちゃんはヴォーカルの男性客と一緒に同じく六本木にある All Of Me Club へ行くことになっていたので、お店を出てお別れ。私は終電でホテル岸へ。翌日の入り時間こともあり、この日は宴会なしでした。


2005/02/26(土)
★清水貴和子デュオ 市原【キャリオカ】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p)

 私は3回目になる市原のキャリオカです。前回まではアルトの大和たまみさんという方がいたのですが、今回は貴和ちゃんとデュオになりました。

 6時に五井という駅で待ち合わせなのですが、私は4時前にホテル岸を出た。ほんと、遠いのよ。この日のライブは、もう私はすっかり慣れてしまった貴和ちゃんとのデュオなので、リハはありませんでした。

 ステージはというと・・・毎度お馴染み、
    「貴和子ワールド!!ガハハハ!!」
でした。

 お客さんで、村山先生に紹介されたヴォーカルの三輪明子さんという方が来ていて、数曲飛び入りで歌いました。なかなかよかったです。他にも北九州出身で千葉に住んでいるアマチュアのドラマーの方もアフターセッションで飛び入り。貴和ちゃんはピアノを披露しました。

 それとまったく意外だったのは、S社で私と同期のO君が来てくれたことです。何年ぶりかわかりませんが、私のHPはずっと見てもらっているようで、本当に久しぶりに会って、現況や当時の話で楽しい会話が出来ました。O君ありがとね。また会おう。

 終電の時間になり、2人で都心方面へ。途中、秋葉原駅で私は乗り換えて貴和ちゃんとお別れ。この日も遅くなったので、ホテル岸での宴会はなしでした。


2005/02/27(日)
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

  塩本彰(g) 岸徹至(b) 野崎正紀(ds)

 この報告の前に、私は風邪気味でした。行けばなんとかなるかなと思いましたが、最後のほうはちょっと朦朧としてました。もちろんこの日は酒は飲んでいません。(村山先生に注がれたウィスキーの水割りを舐めただけ)

 恒例の国分寺T'sのセッションです。前回行った時はリーダーがギターの天野さんでしたが、今回はレギュラーの塩本さんがリーダーでした。

 例によって村山先生と国分寺の駅で15時30分に待ち合わせ。店に入るとすでにハウスバンド+マスターの高橋さんで演奏が始まっていました。お客さんもすでに何人かいました。

 そして少しずつお客さんが来て、いつもの楽しい塩本ジャムが展開されました。私がわかる範囲でセッションメンバーを書きます。

  塩本彰(g) 岸徹至(b) 野崎正紀(ds)
  マスター高橋さん(ts) 中村忠(g) 吉澤純一(g) 成田(g)
  久保田浩(p) ?(p) 村山先生(b) 長澤勇気(b) 岩瀬(b) ?(b)
  滝幸一郎(ds) 横山和明(ds) ?(ds) 北川(vo) 村上陽子(vo) Yuki(vo)

 ほんと、いつも思うことですが、ここのセッションはレベルが高いです。しかも塩本さんが非常に過激度の高い進行(試練とも言う)を行うので、他のセッションとは明らかに違って、とても楽しく、勉強にもなります。

 この日は最後の30分前までピアニストが誰も来なかったので、私が弾き放題となったのですが、めったにやらない曲もやりました。
・The End Of Love Affair
はまずセッションでやることはないでしょう。私はこの日が初めてです。
・Isfahan
はライブでもなかなかやらないエリントンナンバーの難曲中の難曲です。ですから、単にセッションというだけでなく、私は勉強にもなるのですよ。こういうセッションはT'sだけでしょうね。


2005/02/28(月)
★諸田富男グループ 吉祥寺【メグ】

 諸田富男(ds) 青木泰成(tb) 久保田浩(p) 矢野伸行(b) マダムF(vo)

 吉祥寺のメグでやっている、諸田さんの「1ホーン+1ヴォーカル」のライブです。ホーンは、私はだいぶ前から知り合いのトロンボーン奏者の青木泰成(タイセイ)さん。熱帯ジャズ楽団でも吹いてますので、テレビなどで知っている方もいるかと思います。ヴォーカルは、1度だけJのヴォーカルセッションで会ったことのあるマダムFさん。すごい芸名ですよね。「マダムF」ですよ。名前のインパクトは完璧です。・・・とか言ってて実は本名だったりして(^_^)。

 さて、風邪気味で少々きついながらもJRで吉祥寺の駅へ。駅の近くの薬局でドリンク剤を購入。お店へ入るとマダムFさんがいました。すぐに諸田さんも入店。ベースが置いてあったので矢野君は来てるはずですが、どっかへ行っちゃったらしい。そのうち青木さんも入店。矢野君も時間ギリギリに店へ戻ってきました。

 ステージは3回。病気の時の3回は結構つらいですよ。しかもピアノのイスが背もたれのないもので、風邪のつらさ+背中の痛みでどうしようもなかったですね。この日は自分的にはあまりよくなかったと思います。失礼しました。

 このお店は、ライブ終了が10時半と早く、諸田さんはバンド関係者の何人かと近くに飲みに行くのが恒例なのですが、私はとてもそんなものに行ける状態ではありませんでした。マダムFさんは知り合いの方と先に帰ったし、青木さんは車だったので、結局、諸田さんと矢野君の2人で飲みに行ったようです。

 つらい中、JRでホテル岸の最寄の駅へ。起きてから何も食べてなく、さすがにこれだとマズいので、吉野家へ。ホテル岸へ着いて、即ダウンです。


2005/03/01(火)
☆オフ 風邪のため何もなし

 本当はこの日、ベースの林さんと信濃路へ行く予定にしていたのですが、風邪のためキャンセル。残念ですなあ。でも今回の東京ツアーでもう1回企画する予定。風邪は特にひどくなったわけではないのですが、遊びの外出はちょっとつらいです。で、この日は結局ずっと寝ていました。


2005/03/02(水)
☆オフ 風邪のため何もなし

 風邪は、前日より少しは良くなりましたが、翌日から4日間連続で仕事なので、大事をとって何もせず。1日ずっと寝ていました。


2005/03/03(木) 画像 (打ち上げのみ<矢野君の誕生日>)
★諸田富男グループ 吉祥寺【メグ】

 諸田富男(ds) 志賀聡美(tb) 久保田浩(p) 矢野伸行(b) 鶴丸はるか(vo)

 3日前にもやった吉祥寺メグでの諸田さんのライブです。この日の管楽器奏者は、元々はトロンボーンの青木泰成さんだったのですが、何かで出来なくなったらしく、志賀さんという女性の方になりました。志賀さんは、諸田さん以外は全員初対面でした。ヴォーカルの鶴丸さんは私は2回目です。

 風邪はだいぶよくなり、演奏時間少し前に入り軽く打ち合わせ。そしてステージ。ステージは全部で3回です。お客さんもそこそこ入りました。

 終わって、恒例の打ち上げ。3日前はあまりの風邪の症状のつらさに私は帰ってしまいましたが、この日は大丈夫そうです。諸田さん、矢野君、私の3人で近くの居酒屋へ。しかしお店に入った時間が11時10分ぐらい。私の終電は12時ぐらい。30分ちょっとしか飲めません。こういう状況の場合、どうなるか?・・・ワハハ、いつのまにか帰れなくなって朝までコースなのです(^_^)。例によって諸田さんは途中で寝たので、それからは矢野君と2人で会話してました。朝、お店を出て解散です。


2005/03/04(金)
★深夜 ヴォーカルセッション・ハウスバンド 六本木【All of Me Club】

 久保田浩(p) 松島憲昭(b) 金井塚秀洋(ds) Rinko(vo)

 ベースの松島さんから誘われた、六本木の All Of Me Club のヴォーカルセッションのリーダーです。時間は深夜12時半から3時半です。司会進行は、赤坂ケイであったRinkoさん。ドラムは松島さんがお気に入りの金井塚君です。

 この日はセッション参加者や、聴きに来たお客さんでいっぱいでした。ヴォーカルの川島智子ちゃんもいました。松島さんは相変わらずの素晴らしいプレイでした。

 それと、関内ジャズイズでお会いした、私の演奏を見に来ていただいた男性客の方が来ていて、セッションが終わってから始発まで一緒に飲みました。

 時間になり、私は始発でホテル岸へ戻りました。


2005/03/05(土)
★小曽戸洋グループ+川島智子 上野【アリエス】

 川島智子(vo) 小曽戸洋(vib) 久保田浩(p) 水田欽博(b) 籠利達郎(ds)

 この日は元々オフだったのですが、3日前に川島智子ちゃんから誘われました。どうやらこのグループのピアニストのブッキングの日を間違えてたようで、私がたまたま空いてたのでトラとして行くことになったのでした。スタンダードしかやらないとのことで、リハも特になしで、ステージ本番直前に入ればよいとのことでした。

 上野のアリエスは、なんとホテル岸から歩いていけるお店。これは出勤が楽です。お店に入り、みんなに挨拶して、しばらくしてステージです。少々お客さんが少なかったですが、ステージは順調に進みました。川島智子ちゃんの知り合いの男性ヴォーカルの方もいらっしゃってました。

 終わって、ホテル岸へ。風邪もかなりよくなったので、この日は久しぶりにホテル岸で宴会でした。


2005/03/06(日)
★セッション・ハウスバンド 目黒【ジャムハウス】

 久保田浩(p) 高橋節(b) 吉田正広(ds)

 ドラマーの吉田正広さんのお店、目黒のジャムハウスでのジャムセッションです。このお店は予定を見たら金・土・日がインストのジャムセッション、月・火がヴォーカルのジャムセッションと、週に5日もジャムをやっているのですね。お店の名前にふさわしいというかなんと言うか。時間は6時から11時までです。

 この日はかなりのセッション参加者が来店しました。店主の吉田さんも結構演奏してました。レベル的には初心者〜中級というところでしょうか。

 終わってホテル岸へ。彼はすでに寝ていたので、私1人でちょっとだけ飲みました。


2005/03/07(月)
☆オフ ホテル岸で1人で飲む

 この日は予定なし。ホテル岸の支配人の帰りを待って飲もうかと思ったのですが、いつまでたっても帰って来ません。仕方ないので、11時ぐらいから1人で飲み始めました。私は2時半ぐらいまで飲んでいたのですが、彼が帰って来ないので、先に寝てしまいました。翌日聞いたのですが、彼は珍しくどこかで遊んで来たようです。


2005/03/08(火) 画像 (打ち上げのワインのみ)
★諸田富男グループ+高橋エミ 高田馬場【サニーサイド】

 高橋エミ(vo) 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 林正男(b)

 高田馬場のサニーサイドが、経営者が変わって再び営業を始めました。この日は諸田さんのグループで、ヴォーカルが高橋エミちゃん。7時過ぎに店に着いてしばらくするとお客さんが入ってきました。ステージは7時半から3回です。いつもの諸田サウンドに高橋エミちゃんと、とても楽しいライブでした。

 ステージは11時前に終わりました。ちょっと時間が早いので、みんなで高田馬場駅近くに飲みに行くことにしました。もちろん終電までの1時間ぐらいの予定でしたが・・・この4人には固い意志というものはありません(^_^)。なんだかんだ話してるうちに終電がなくなってしまった。というか、4人は最初から帰る気があったのかどうかも不明でんがな(^_^)。結局、朝まで飲むことになってしまいました。そして私は始発でホテル岸へ戻りました。


2005/03/09(水)
★高西伸兒グループ+清水貴和子 四ッ谷【ウィル】

 清水貴和子(vo) 久保田浩(p) 高橋節(b) 高西伸兒(ds)

 ドラムの高西さんから誘われたライブです。このメンバーでは前年に六本木のお店でやっています。

 夕方7時入り。軽くリハをやっているとお客さんが少しずつ入ってきました。ステージは2回です。相変わらずの貴和子ワールドガハハ!でした(^_^)。吉村京花(vo)さんともう1人、貴和子ちゃんの弟子のヴォーカルの方がいらしていて、飛び入りで歌いました。あとドラムの矢藤健一郎くんが遊びに来て、アフターセッションで1曲やりました。
※矢藤君との写真です→画像

 終わってしばらくお店で飲んでいました。するとだんだん貴和子ボルテージが上がって行く・・・(^_^)。でもこの日はボルテージ30%ぐらいだったので、真面目に(?)帰りました。貴和ちゃん、地下鉄は間に合ったのかな?それとも歩いて帰った?

 私は高橋節ちゃんの車でホテル岸まで送ってもらいました。すでに支配人は就寝中。私も真面目に寝ました。


2005/03/10(木)
★久保田浩グループ ゲスト:高樹レイ 国分寺【T's】

 久保田浩(p) 池田芳夫(b) 安藤正則(ds) 高樹レイ(vo)

 東京で私がリーダーでライブをやるのは何年ぶりでしょうか?本当に久しぶりです。いつも日曜日のジャムセッションでお世話になっている国分寺のT'sで、私がリーダーでライブをやることになりました。しかも、この素晴らしいメンバーです!いや、素晴らしいを超えて、なんてこったですよ(^_^)。池田芳夫さんはもちろん日本No.1のベーシスト。安藤正則くんは、向井滋春、佐藤允彦、辛島文雄、伊藤君子などで売れに売れている若手ドラマー。しかもイケメン!(^_^)。これにレイさんですからね。あまりの凄さにあたしゃ爆死ですよ(^_^)。

 レイさんと会うのも久しぶりで、リハの1時間前に食事へ行くことにしました。場所はT'sの近くの「一八屋(いっぱちや)」。よく日曜のジャムの打ち上げで行く所です。ん?打ち上げだと?・・・何屋さんかは想像にお任せします(^_^)。

 7時にお店に入り、サウンドチェックとリハ。レイさんは安藤君とは初めてで、私も1回しかやったことがなく、池田さんが入るとどういうサウンドになるのか想像出来ませんでしたけど、リハの時からとてもいい感じです。これはいけそうです。

 ステージは8時半からと10時からの2回です。

 いや〜、少々久しぶりだった池田さんのパワーは相変わらずですが、本当に凄いです。これほどいいリズムで、大きな音で、とてもグルーブするベーシストは他にいないでしょうね。安藤君は1年以上会っていませんでしたが、やはりタダモノではないです。テクニック、スイング感、音のよさ、全体のバランス、曲の構成など、どれをとっても完璧です。日本にもこれほど素晴らしい若手ドラマーがいるとは、これまた本当に心強いです。バックがこの2人ですから、私も楽しくてしょうがないです。レイさんも、バックのよさのためか、いつもに増してノリノリで、この日は素晴らしいライブだったと思います。

 お客さんで私の知り合いでは、村山先生夫妻、同じくジャズ研の先輩の内田さんと会社の女性の方、ドラムの細田くんが来ていました。

 終わって、お店で終電まで飲みました。内田さん、会社の女性の方、レイさん、私の4人で国分寺の駅へ。そして私はホテル岸へ戻りました。支配人は就寝中で、私も気分いいまま寝ました。

 演奏したインストの曲だけ書いておきます。ヴォーカルの曲は・・・レイさんの新譜を買いなさい(^_^)。

1-1. Vilia
フランク・レハールという人の作曲で、歌ものらしいのですが、私はコルトレーン・カルテットの演奏でしか聴いたことがないです。ネットで調べたら「ヴィリアの歌」という曲名で、合唱で歌われる曲のようです。昔、とても手に入りにくかったインパルスの寄せ集めのレコードに入っていた曲ですが、今は、コルトレーンの何かのCDに入っていると思います。ミディアム・ファーストの楽しい曲です。

1-2. You Taught My Heart To Sing
マッコイ・タイナー作曲の美しいバラードです。1980年代に発売された、マッコイとジャッキー・マクリーンとの「It's About Time」というアルバムに入っている曲です。小節数が、7−7−8−7、と半端で、少々やりにくい曲ですが、メロディーはこの半端な小節数になぜかとても合っています。

2-1. Berimbau
ボサノバギターの名手、バーデン・パウエルの作曲。彼の代表曲といってもいいと思います。ビリンバウとはブラジルの弦楽器で、ビンビンと独特の音がするのですが、この楽器をイメージして作ったのでしょうね。もともとはボサノバのゆったりとした曲なのですが、ドラムの安藤くんをフィーチュアしてサンバで演奏しました。彼のダイナミックなドラムソロが素晴らしかったです。


2005/03/11(金)
★大森明グループ 練馬【Lady Day】

 大森明(as) 久保田浩(p) 山崎弘一(b)

 アルトサックス奏者の大御所、大森明さんのグループです。前回、前年の7月の時もそうでしたが、ドラムの水野くんという方も半分ほど参加しました。ベースの山崎弘一さんは名前をずいぶん前から知ってましたが初対面です。

 6時からリハ。この日は雨が降っていました。

 ステージは8時から2回です。だんだんお客さんが増えていき、最後はほとんど満員の状態。さすが大森さんですねぇ。大森さんのライブの時はいつもお客さんがいっぱいで、少なかったということが今まで一度もありません。やはりキャリアも長く、人気があるのでしょうね。演奏も楽しく出来ました。

 この日、とても久しぶりに会った方がいます。今は名前は「ジョーンズ満寿美(ますみ)」というらしいのですが、かつては「スーマミ」の名前で知られていた、稲葉満寿美ちゃん。早稲田大学のハイソサエティというビッグバンドで叩いていたドラマーです。彼女が大学生のころ、よくセッションをしたのです。彼女は卒業してバークリーへ行き、向こうで結婚をし、子供も出来、今は日本に戻って主婦ドラマーとしてやっているようです。練馬に住んでいるようで、この店で私の名前を見たので来てくれたらしいです。私は彼女と会うのは実に10数年ぶりでした。この掲示板を見ている人で「スーマミ」を知っている人がどれぐらいいるだろうか?彼女は大森さんとは知り合いのようで、数曲ほど飛び入りで参加しました。

 お客さんでレイさんも来ていたのですが、飛び入りはしませんでした。あと、挨拶は出来なかったのですが、ピアノの大徳さんも来ていたようです。

 ステージが終わり、一番前のテーブルで、来ていたお客さんたちと飲みました。もちろんスーマミともなつかしい話で盛り上がりました。終電の時間になり、みんなに挨拶して、1人でホテル岸へ戻りました。


2005/03/12(土)
★林正男デュオ 熊谷【ルイス】

 林正男(b) 久保田浩(p)

 昔、ずっとお世話になった埼玉県熊谷市にあるルイスでのライブです。その昔は私はベースの林さんとテナーの野村潤ちゃんでやっていましたが、そのうち林さんと誰かヴォーカリストの3人でやることがほとんどになりました。ここで一緒にやったヴォーカリストも多かったです。一番多いのは鈴木リエちゃんかな? 次に高橋エミちゃんか? あと、野間瞳さん、広瀬麻美さん、池野弘美さん、高樹レイさん、斉田佳子ちゃん、三保千春ちゃん、などがいました。ヴォーカルではないですが、ギターの天野さんや、バイブの渡辺さんともやりました。とにかくたいへんお世話になったお店で、この日、久しぶりにまたライブをやることになりました。今回はヴォーカルはなしで、林さんとのデュオです。

 ステージの時間は、夜10時頃〜深夜2時か3時頃と、かなり遅い時間帯です。

 7時前にホテル岸を出てJR。上野で高崎線に乗り換えて1時間以上かけて熊谷です。ステージはというと、腐れ縁(^_^)の林さんとのデュオなので、とても楽しい3ステージでした。

 深夜2時過ぎに終わって、恒例のサンドイッチのサービス。これが自家製マヨネーズを使っていてとても美味しいんですよ。お店にこのサンドイッチや酒をコチになりました。

 帰りは深夜ですから電車は動いてなく、林さんにホテル岸まで送ってもらいました。


2005/03/13(日)
☆オフ セッション参加 国分寺【T's】

  塩本彰(g) 増原巌(b) 亀山賢一(ds)

 例の国分寺T'sでのジャムセッションです。この日も前回と同じく塩本さんがリーダーで、
いつもの楽しいジャムセッションが展開されました。私がわかる範囲で、セッション参加者を書きます。

  塩本彰(g) 増原巌(b) 亀山賢一(ds)
  ?(as、男性) マスター高橋さん(ts) ?(ts、男性) 吉澤純一(g)
  久保田浩(p) 田崎美知子(p) 村山先生(b) 磯部英貴(b) 長澤勇気(b) ?(b、男性)
  ?(ds、男性) ?(ds、男性) 北川(vo) 村上陽子(vo) 国貞雅子(vo)

 私が誘った人では、ベースの磯部君とヴォーカルの国貞雅子さんが来ました。

 国貞雅子さんは、この年の始めまで山口に住んでいて、私は北九州で一度だけ一緒にライブをやったことがあって、その時に「いいヴォーカリスト」と思いました。その後は、山口のポルシェというお店で一度会って、それ以来一緒にやる機会がなかったのです。

 彼女はこの年から東京在住になったとのこと。私は東京在住ではありませんが、よく東京にいる身分(^_^)。そこでお店やミュージシャンをいろいろと紹介をしたいと思い、その第一弾でこのT'sのセッションに誘ったのでした。もちろん彼女の歌は大好評。塩本さんもお相手をしてました。塩本さんは音楽的に厳しく「だめちん」には話すらしません(^_^)。ドラムの亀山さんもとても気にいってくれたようです。名刺交換してました。彼女にはこれからあちこちで活躍してほしいです。歌、とてもいいですよ。

 セッション曲ですが、私の1曲目はエリントンナンバー最大の難曲、Isfahan。んもう、マスターの練習曲とはいえ、こんな曲が1曲目なんて爆死ですよ(^_^)。でも、毎回この曲をやらされるもんだから、コードを覚えてしまった。マスターのおかげです。ありがとうございました。

 セッションが終わって、この日はマスターの高橋さんと約束した飲み会があります。・・・んなもん、約束するなっての(^_^)。行ったのはT'sの近くの「一八屋」。ん?最近どこかで聞いたような・・・(^_^)。参加者は8人で、私、マスターの高橋さん、塩本さん、亀山さん、吉澤さん、陽子さん、国貞さん、そしてなんと、すでにかなり酔っ払っていた村山先生も参加(^_^)。マスター曰く「村山さんがここにいるなんて!」。先生は打ち上げには初参加らしいです。先生、覚えてますか?

 終電の時間になり、私と国貞さんと陽子さんの3人で国分寺の駅へ。JRの途中まで一緒でした。そして私はホテル岸へ戻りました。かなり飲んだので、この日は宴会なしでした。


2005/03/14(月)
☆オフ 病気の雑誌の取材
☆ベースの林さんとの飲み会 新所沢【信濃路】

 久保田浩(p) 林正男(b) 辻田健太郎(ds)

 この日の出来事は2つ。病気の専門雑誌の取材と、飲み会です。

 夕方の4時から、雑誌の取材を受けることになっていました。場所はホテル岸。雑誌は、三雲社というところが出版している「CC JAPAN」というものです。これは、潰瘍性大腸炎とクローン病(2つとも炎症性腸疾患)のための専門雑誌で、おそらく市販はされておらず、通信販売のみです。三雲社のHPは病気のページにあります。

 夕方4時前に、ホテル岸の呼び鈴が鳴りました。三雲社の方の女性2名がいらっしゃって、取材開始。記事にする内容は、「潰瘍性大腸炎でジャズピアニストとして活動している人の姿」です。これまでの音楽経験や病気についてをお話しました。終わったのは7時半頃。結局、予定時間を越え、3時間半も話してましたね。


 その後、ミュージシャンの飲み会です。上記のメンバーは、まるでピアノトリオのライブのようですが、単なる飲み会です。これも恒例となってしまった、ベースの林さんとの信濃路での飲み会。今回はドラムの辻田さんが来てくれました。辻田さんとは10年近くの付き合いになり、ベースの林さんとヴォーカルの佐野亜利亜さんと4人で、長い間、埼玉県の鶴瀬にあるパオパオというお店に出演しました。辻田さんと最後に会ったのは、私が入院する直前のパオパオでのライブです。それ以来、3年半以上会っていませんでした。まあ、この日はライブではありませんが、飲み会ででも久しぶりに会えたのはよかったです。この3年半の間に辻田さんは結婚して、子供も出来ました。う〜ん、時代の流れを感じますねぇ。

 夜9時から飲み会開始。私はちょっと遅れました。辻田さんと久しぶりの挨拶。林さんとはよく会っています。途中、辻田さんがお帰り。私と林さんとで終電まで飲みました。

 そして終電でホテル岸へ。彼は翌日休みのためか、まだ帰っていませんでした。


2005/03/15(火)
☆オフ ホテル岸で飲み会

 この日は何も予定がなく、ホテル岸の支配人も休み。ということで久しぶりにホテル岸でゆっくり飲むことにしました。彼は部屋の掃除などをやり、また翌日が普段より早めの出勤のようで、飲み会を始めたのは10時過ぎ。つまみは宅配ピザにしました。最近の宅配ピザは結構うまいもんですね。彼は12時に就寝。私はその後1時間ぐらい1人で飲みました。


2005/03/16(水)
★New Voice Vol.78 新宿【J】

 諸田富男(ds) 久保田浩(p) 山口裕之(b)
 三品友紀子(vo) 白川可奈子(vo) マダムF(vo)

 私の今回のツアー最後の仕事、諸田さんがやっている、新宿Jでのヴォーカル3人のライブです。この日は私のお客さんで、ヴォーカルの国貞雅子さんと2日前に病気の雑誌の取材をした女性2名が来ることになっていました。この2名は写真撮影が目的でしたが、ライブハウスは初めてのようでした。

 ライブ開始の定時は7時15分。例によって、ライブ前に諸田さんと2人で隣の居酒屋へ(^_^)。やっと名前を覚えた。「くしろ村」でした。

 Jに戻るとメンバーが揃っていました。ベースの山口裕之氏は、前年にクラリネットの谷口君のグループで初めて一緒に演奏しました。とても素晴らしいプレイだったので、T'sのセッションにも誘って1回来てくれました。それ以来です。マダムFさんは、2週間ほど前に吉祥寺のメグで一緒にライブをやりました。他のボーカリスト2名は私は初対面でした。

 1ステージ目が始まる直前に、国貞さんと写真撮影の女性2名もいらっしゃいました。

 ステージ本番です。1ステージ目だけ、私は本番中に写真撮影。バシバシ撮られました(^_^)。ステージが終わってからも、にっこり写真や手の写真なんぞを撮られた(^_^)。写真撮影の女性2名は9時ぐらいに帰る予定でしたが、結局2ステージ終わるまでいらっしゃいました。この日は取材ではなかったのですが、また楽しくお話させていただきました。とってもフレンドリーな2名でした。ありがとうございました。

 国貞さんですが、諸田さんは飛び入り大歓迎な方で、通常のライブなら問題ないのですが、この日はヴォーカル3人で、飛び入りが時間的に難しかったのですが、とりあえず1曲歌ってもらおう、ということになっていました。2ステージ目の最初のインスト1曲の後に彼女に歌ってもらいました。どうやら諸田さんはとても気に入ってくれた様子。結局、3ステージ目にも、もう1曲歌ってもらうことになりました。

 ステージが終わって店内で打ち上げ。バックの3人と国貞さんで飲みました。彼女の歌はとても評判よく、マスターの幸田さんもとても気に入ってくれたようです。おい!国貞!もうあなたのファンは増えている。がんばれよ!!(^_^)

 終電の時間になり、新宿駅までみんな山口さんの車で送ってもらいました。後部座席に私と国貞さんと乗ったのですが、狭すぎて、重なって座ってました(^_^)。新宿駅で解散。私はホテル岸へ戻りました。


2005/03/17(木)
☆帰郷

 昼、3時過ぎにホテル岸を出て東京駅へ。4時過ぎの新幹線に乗って小倉駅へ。在来線で黒崎駅へ。駅まで父親に迎えに来てもらって自宅へ。1ヶ月半の東京ツアーが終わりました。今回は多くのライブや飲み会があり、また多くの出会いや再会がありました。皆様、たいへんお世話になりました。また2週間後には次の東京ツアーがあるんですけどね(^_^)。またよろしくお願いします。、


気まぐれ日記目次 トップ