じみたの好きなアルバム 【管楽器がリーダーのもの】


Blow, Arnett, Blow / Arnett Cobb
1. When I Grow to Old to Dream
2. Go Power
3. Dutch Kitchen Bounce
4. Go Red Go
5. The Eely One
6. The Fluke
Arnett Cobb (ts)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Wild Bill Davis (org)
George Duvivier (b)
Strethen Davis (org)
Arthur Edgehill (ds)

1959/1/9 録音
 私、ホンカー大好きです。テナーはやっぱりブロ〜せねば・・・ブローですよ、ブロー。テナーの良さ、いや、ジャズの良さはこういうところにもあります。
 ホンカーといえばまずアーネット・コブかイリノイ・ジャケーでしょう。これはアーネット・コブのリーダーですが、エディー・ロックジョー・デイビスも入っています。ロックジョーはホンカーではありませんが、それに近いものがあります。ロックジョーをホンカーという人もいますけどね。ブローテナーであることには間違いありません。ということでこのアルバムはホンカー率が2倍です。
 とにかく全曲ブローしっぱなしです。楽しいです。気持ちよいです。またこういうジャズにはピアノよりオルガンが合うんですよね。オルガンがホンカージャズのいい感じを出してます。
 1曲目はミディアムのナンバーです。2人にしては割と控えめな演奏ですが、それでも他のテナーに比べればブロー傾向にあります。楽しい演奏です。
 2曲目はアップテンポのリズムチェンジ(循環)の曲です。やはりこういうテンポの速い曲だと思いっきりブローしてしまいますね。ソロの先発はアーネット・コブですが、1コーカス目からすでにブローしてます。これぞアーネットでしょう。ホンカー度100%です。もちろんロックジョーもブローです。
 3曲目はミディアムの曲です。4曲目はアップテンポ気味の曲で、テーマに入る前に最初アーネットとロックジョーが交互に吹くんですが、ブローの追いかけっこです。5曲目はミディアムのブルース、6曲目はミディアムファーストの曲です。
 全曲、テンポはミディアム以上、キーはメジャー、リズムは4ビートです。バラードやマイナーの曲はありません。ホンカーがダメな人はこのアルバムは全くダメでしょうね。これを1枚通して楽しめる人はホンカー人になれます。
 テナーが2人以上の演奏っていうのは、どうしてもバトルって感じがするんですが、これはそうではありません。2人で楽しんで演奏しているという感じです。バトルでないところがこのアルバムのいいところです。
Maiden Voyage / Art Farmer
1. Nica's Dream
2. Ruby, My Dear
3. Blue Bossa
4. Goodbye Pork Pie Hat
5. Blue in Green
6. Maiden Voyage
7. Naima
Art Farmer (flh)
Ron Carter (b)
Jack DeJohnette (ds)
他 (strings)

1983/3 録音
 いつの時代もアート・ファーマーってのは渋い演奏をします。どのアルバムも実によくまとまって洗練された演奏だと思います。あのマイルス・デイビスも自叙伝でアート・ファーマーのことは褒めてます。
 アート・ファーマーのアルバムといえばまず「モダン・アート」となる人が多いと思います。アート・ファーマーはもちろんすばらしいですが、ベニー・ゴルソンがまだ気持ち悪いビブラートになる前の頃です。ピアノがビル・エバンスなんですよね。曲もゴルソンのFaire Weatherやジュニア・マンスのJubilationなどが入っていて、私も好きです。
 この「処女航海」はストリングスが入っているものです。どの曲もかなり凝ったアレンジがされています。1曲目はホレス・シルバーの「ニカの夢」ですが、これもなかなかいいアレンジだと思います。バックはかなり凝ってますが、アート・ファーマーはいつものとおりです。これがいいんです。
Soran-Bushi / Billy Harper
1.Trying To Get Ready
2.Loverhood
3.Soran-Bushi-B.H.
Billy Harper (ts)
Everett Hollins (tp)
Harold Mabern (p)
Greg Maker (b)
Horacee Arnold (ds)
Billy Hart (ds)

1977 録音
 ソーラン節です・・・ったく、ビリー・ハーパーはなんちゅうもんを出すんぢゃ・・・
 コブシ利いてます。テナーでコブシやってます。なぜこういう曲をやろうと思ったんでしょうね。ピアノがハロルド・メイバーンですけど、どう思ったんでしょうか。ビリー・ハーパーはこのアルバムだけでなく何回もソーラン節を演奏しているようです。はぁ、好きなんですね。
 いや〜、この演奏は一回聴くと忘れられません。おもろいです、これ。
Blue's Moods / Blue Mitchell
1. I'll Close My Eyes
2. Avars
3. Scrapple from the Apple
4. Kinda Vague
5. Sir John
6. When I Fall in Love
7. Sweet Pumpkin
8. I Wish I Knew
Blue Mitchell (tp,)
Wynton Kelly (p)
Sam Jones (b)
Roy Brooks (ds)

1960/8/24〜25 録音
 ブルー・ミッチェルは渋いトランペッターですよ。でもリーダー作はどうなんでしょうか。私は昔ディスクユニオンで安売りしてたレコードを1枚買いましたが、それはあまりおもしろくありませんでしたけど。
 このアルバムはいい演奏でしょう。選曲もいいですね。
 私はブルー・ミッチェルで1曲といえば、この1曲目の「アイル・クローズ・マイ・アイズ」になります。実に気持ちよい演奏だと思います。またピアノのウィントン・ケリーのソロももすばらしいです。
 3曲目の「スクラップル・フロム・ジ・アップル」はアップテンポのチャーリー・パーカーのオリジナルの曲です。
 7曲目の「スイート・パンプキン」はボーカリストがたまに取り上げる曲のようですが、インストではこれが一番よいのではないでしょうか。
Cannonball Adderley Quintet in Chicago / Cannonball Adderley
1. Limehouse Blues
2. Stars Fell on Alabama
3. Wabash
4. Grand Central
5. You're a Weaver of Dreams
6. The Sleeper
Cannonball Adderley (as)
John Coltrane (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

1959/2/3 録音
 キャノンボールがコルトレーンと一緒にライブで演奏したものです。
 この録音当時、キャノンボールとコルトレーンでは演奏スタイルがかなり違います。キャノンボールはバップフレーズ、コルトレーンはこの頃特有のシーツ・オブ・サウンドで攻めます。スタイルの違いがよくわかります。
 1曲目はデキシーでも演奏する古い曲です。かなりのアップテンポで演奏しています。
 2曲目はバラードのスタンダードナンバーの「アラバマ」です。キャノンボール、歌ってます。やはりバラードはこうでなきゃ。
 3曲目はキャノンボールのオリジナルの曲でミドルテンポの楽しいナンバーです。4曲目と6曲目はコルトレーンのオリジナル、5曲目はスタンダードナンバーですが、少しテンポを遅めに演奏しています。
 しかし両人ともすばらしい演奏です。他のメンバーも全員ノってます。キャノンボールの楽しい1枚でしょう。
Clifford Brown with Strings / Clifford Brown
1. Yesterdays
2. Laura
3. What's New?
4. Blue Moon
5. Can't Help Lovin' Dat Man
6. Embraceable You
7. Willow Weep for Me
8. Memories of You
9. Smoke Gets in Your Eyes
10. Portrait of Jenny
11. Where or When
12. Stardust
Clifford Brown (tp)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)
Max Roach (ds)
Barry Galbraith (g)
Neal Hefti (arr)


1955/1/18〜20 録音
 クリフォード・ブラウンは録音された演奏はすべてすばらしいという人もいるくらい偉大なトランペッターです。自動車事故でピアノのリッチー・パウエルと共に26歳という若さで亡くなってしまいました。しかもこの若さにしてはアルバムは数多くあります。いかにすばらしいミュージシャンだったかよくわかります。
 いわゆるバップもののアルバムがベストだ、という人が多いかと思いますが、私はこの1枚となってしまいます。これがクリフォード・ブラウンの代表的アルバムかどうかはともかくとして、演奏はいいのです。
 全曲バラードでストリングスが入ってますす。これはよく出来たバラードアルバムでしょう。これ1枚で完璧に完成されています。このアルバムはそれぞれの曲について書くことはありません。全曲すばらしいです。
Swing Low, Sweet Cadillac / Dizzy Gillespie
1. Swing Low, Sweet Cadillac
2. Mas Que Nada
3. Bye
4. Something in Your Smile
5. Kush
Dizzy Gillespie (tp)
James Moody (ts, as, fl, vo)
Mike Longo (p)
Otis Finch (ds)

1967/5/25〜26 録音
 ディジー・ガレスピーの変なアルバムです。
 1曲目です。ディジーが叫ぶんですが、これ、どう聴いても、「バリバリバリバリバリバリバリバリ、オカマ!」としか聞こえません。「オカマ」はいいとして「バリバリ・・・」はなんでしょうか?ディジーってのはおもしろい人です。こういうのを曲にしてしまうってのは彼のセンスでしょう。有名な「ソールト・ピーナッツ」とかもありますしね。
 2曲目は有名なラテンの曲です。ここからは普通にジャズしてます。
Dizzy's Big 4 / Dizzy Gillespie
1. Frelimo
2. Hurry Home
3. Russian Lullaby
4. Be Bop
5. Birk's Works
6. September Song
7. Jitterbug Waltz
Dizzy Gillespie (tp)
Joe Pass (g)
Ray Brown (b)
Mickey Roker(ds)

1974/9/19 録音
 これは結構渋い演奏です。メンバー的にもピアノがいないってのもあります。ディジーはほとんどの曲でミュートをしています。これも渋さを増しています。
 1曲目は「Frelimo」となっていますが、これはディジーの曲で「Tenga」とか「Tanga」とかいわれている曲です。ラテン風の曲です。この曲の実に渋い演奏がこのアルバムで聴けます。
 ただ4曲目のディジーの古いオリジナル「ビ・バップ」ですが、ちょっとこの歳にしてはアップテンポすぎます。テーマがちゃんと吹けてません。ディジーおぢさんも少し無理しましたねえ。
 あとはどれも渋い演奏となっております。
Trumpet Summit /Dizzy Gillespie
1. Daahoud
2. Chicken Wings
3. Just Friends
4. The Champ
Dizzy Gillespie (tp)
Clark Terry (tp, flh)
Freddie Hubbard (tp)
Oscar Peterson (p)
Joe Pass (g)
Ray Brown (b)
Bobby Durham (ds)

1980/3 録音
 これはトランペッター3人がセッションをしているというようなアルバムです。バックのミュージシャンはみんな有名ですがほとんどソロはありません。さすがパブロレーベルのノーマン・グランツ親分です。ピーターソンにもソロをとらせないとはジャズ界のドンです。
 3人の個性はみんな十分出ていると思います。まあそういう意味でお得なアルバムといえばそうかもしれません。私は3人とも好きなんですが・・・クラーク・テリーってのはいいですね。これといったリーダー作はないと思うんですが、数多くのアルバムに参加しています。ちょろっと参加してはすばらしいソロをとってしまう。ったく憎い人ですよ。またマイルス・デイビスの師匠でもあります。師匠のほうが長生きしてしまいましたね。
Fuego / Donald Byrd
1. Fuego
2. Bup a Loup
3. Funky Mama
4. Low Life
5. Lament
6. Amen
Donald Byrd (tp)
Jackie McLean (as)
Duke Pearson (p)
Doug Watkins (b)
Lex Humphries (ds)

1959/10/4 録音
 ハードバップのトランペッター、ドナルド・バードです。ドナルド・バードもすばらしいトランペッターです。ちなみにドナルド・バードの
 1曲目はいかにもバップっていう感じの曲ですが、ちょっとコード進行が単純すぎるんですね。若手のアルト、ジャッキー・マクリーンが苦労しています。2曲目はアップテンポの曲。ジャッキー・マクリーン、この曲ではすばらしいソロを吹いてます。
 3曲目は曲名が「ファンキー・ママ」とかなっていますがブルースです。まあファンキーなブルースですけど。4曲目はミドルテンポの曲です。
5曲目はアフロの感じの曲。6曲目は楽しいファンキージャズです。
 
Jaws N' Stitt at Birdland / Eddie "Lockjaw" Davis & Sonny Stitt
1. S.O.S.
2. Jaws
3. Marchin'
4. I Can't Get Started
5. Roller Coaster
6. All the Things You Are
7. Whoops
8. Don't Blame Me
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Sonny Stitt (ts)
Doc Bagby (org)
Charlie Rice (ds)

1954 録音
 エディー・ロックジョー・デイビスとソニー・スティットのテナー2人のリーダーです。私はロックジョーが大好きなんですが、これはロックジョーのおすすめアルバムです。
 こうやって2人聞き比べると・・・もちろんスティットもいいんですが、このアルバムでは私はロックジョーのほうが好きですね。なんか人間くさい感じがします。そこがいいんです。スティットはもちろんすばらしいテナーですが、ロックジョーが横にいるとちょっと真面目すぎるような気がしてしまいます。まあでも両人ともすばらしいですけどね。
Montreux '77 / Eddie "Lockjaw" Davis
1. This Can't Be Love
2. I Wished on the Moon
3. The Breeze and I
4. Angel Eyes
5. Telegraph
6. Land of Dreams
7. Blue Lou
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Jimmie Smith (ds)

1977/7/15 録音
 エディー・ロックジョー・デイビスで好きなアルバムです。かなりお歳になってからの演奏ですから、少し雑といえば雑かもしれません。でもモントルーのライブというのもあり、楽しい演奏です。バックのミュージシャンもすばらしいです。
Hub-Tones / Freddie Hubbard
1.You're My Everything
2.You're My Everything [alternate take]
3. Prophet Jennings
4. Hub-Tones (Hubbard)
5. Hub-Tones [alternate take]
6. Lament for Booker
7. For Spee's Sake
8. For Spee's Sake [alternate take]
Freddie Hubbard (tp)
James Spaulding (as)
Herbie Hancock (p)
Reggie Workman (b)
Clifford Jarvis (ds)

1962/10/10 録音
 ブルーノート時代のフレディ・ハバードの中で好きなアルバムです。これ以外だとやはり初リーダー作の「オープン・セサミ」ですかね。「クライシス」という曲が好きです。
 1曲目の「ユー・アー・エブリシング」はスタンダードナンバーですが、かなりコードが変えてあります。いきなり最初からコードが違います。この曲をこのコード進行で演奏する人も多いです。よく考えられたコードだと思います。
 アルバムタイトルの曲は少しモードっぽい・・・ていうかモードかな・・・Bbのブルースです。いかにもハバード、ハンコックらがやりそうな感じの曲です。
 しかし、このアルバムでちょっと好きでないのがアルトのジェームス・スポルディングです。1980年代に開催されたマウント・フジ・ジャズ・フェスティバルで来日したので、あのアイン・シュタインな風貌を見た人も多いかと思います・・・いや、風貌はどうでもよい。この人の演奏は私はよくわからんです。おもしろいとは思いません。というか私はこの人は演奏によってはアマチュアの演奏にしか聞こえない。なぜこの人が名門ブルーノートでレコーディングできたのかが理解できません。
Red Clay / Freddie Hubbard
1. Red Clay
2. Delphia
3. Suite Sioux
4. The Intrepid Fox
5. Cold Turkey
Freddie Hubbard (tp)
Joe Henderson (ts)
Herbie Hancock (ep)
Ron Carter (b)
Lenny White (ds)

1970/1/27〜29 録音
 CTIです。CTIらしいアルバムです。ドラムのレニー・ホワイトなんかいたりして。
 この「レッド・クレイ」という曲、私にとってはカッコいい曲なんです。8ビートの曲です。キーがC#マイナー、演奏するには難しい曲です。
 4曲目の「イントリピッド・フォックス」はハバードが何回もレコーディングしていますが、これが最初の録音ですね。これも難しい曲です。
 レコードでは入っていたのは4曲でした。CDで追加された5曲目の「コールド・ターキー」ですが、こノアルバム中この1曲だけ変な曲です。「コールド・ターキー!」って叫んでいます。レコードで没になった理由がわかりました。
Sweet Return / Freddie Hubbard
1. Sweet Return
2. Misty
3. Whistling Away the Dark
4. Calypso Fred
5. Heidi-B
6. The Night Has a Thousand Eyes
Freddie Hubbard (tp, flh)
Lew Tabackin (ts, fl)
Joanne Brackeen (p)
Eddie Gomez (b)
Roy Haynes (ds)

1983/6/13〜14 録音
 このアルバムはタイトル曲なんかどうでもいいです。最後の「夜千」です。これほどさわやかな「夜千」はありません。この曲をこんなにさわやかに演奏することがいいのかどうかわかりませんが、スカっとします。朝の音楽です。「夜千」といえばコルトレーンが「コルトレーンズ・サウンド」でモードで演奏していて、そのコード進行で演奏する人も多いんですが、この曲は原曲どおりに演奏したほうが好きです。このハバードのような感じが好きです。
 4曲目の「カリプソ・フレッド」も好きです。これ、キーがAメジャーです。こんなキーでもサラっと演奏してしまうんですね。
Soul Station / Hank Mobley
1. Remember
2. This I Dig of You
3. Dig Dis
4. Split Feelin's
5. Soul Station
6. If I Should Lose You
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Art Blakey (ds)

1960/2/7 録音
 イモテナーなんですかねえ?私はそうは思いませんけどねえ。
 ブルーノートらしいサウンドではないですか。モブレーのリーダー作は私は聴いた限り全部同じような感じです。だからいいんです。ハズレがない。なんかモブレーを聴くとホっとします。落ち着きます。
 したがってハンク・モブレーはこのアルバムでなくてもいいんです。モブレーの中でも、このアルバムの2曲目の「ディス・アイ・ディグ・オブ・ユー」が特に好きだからこれにしました。モブレーだけでなくピアノのウィントン・ケリーもいいです。
Flying Home The Best of Verve Years / Illinois Jacquet
1. Speedliner
2. Pastel
3. Groovin'
4. Cotton Tail
5. Boot 'Em Up
6. Bluesitis
7. Lean Baby
8. Port of Rico
9. Where Are You?
10. Heads
11. It's the Talk of the Town
12. The Kid and the Brute
13. Sophia
14. Honeysuckle Rose
15. Stardust
16. Las Vegas Blues
17. Achtung
18. Have You Met Miss Jones?
19. No Sweat
20. Flying Home
Illinois Jacquet (ts)


1951/1/18〜1958/4/21 録音
 ホンカーといえばまずアーネット・コブかイリノイ・ジャケーとなると思いますが、これはイリノイ・ジャケーがリーダーのものです。
 イリノイ・ジャケーといえば「フライング・ホーム」です。この曲あってイリノイ・ジャケーです。いくつか録音が残されているようですが、やはり古い演奏・・・この演奏でしょう。
 このアルバムはベスト盤のようですが、そんなことはどうでもいいです。もちろん他の曲もいいんですが、この「フライング・ホーム」が入っているからいいのです。しかもアルバムの最後です。思いっきりブローです。最高です。
Tetragon / Joe Henderson
1. Invitation
2. R.J.
3. The Bead Game
4. Tetragon
5. Waltz for Zweetie
6. First Trip
7. I've Got You Under My Skin
Joe Henderson (ts)
Don Friedman (p)
Kenny Barron (p)
Ron Carter (b)
Jack DeJohnette (ds)
Louis Hayes (ds)

1967/9/27〜1968/5/16 録音
 ジョーヘンってどういうフレーズが出てくるかわかりません。古くさ〜いフレーズやったり、モードしてみたり、大幅にアウトしてみたりで、予想できないところがいいのです。
 これはメンバー的にもとてもいいです。曲もスタンダードからジョーヘンやベースのロン・カーターのオリジナルまで幅広いです。7曲目の「I've Got You Under My Skin」はボーカリストが歌う曲としても有名なスタンダードナンバーですが、いかにもジョーヘンらしい演奏です。
An Evening with Joe Henderson / Joe Henderson
1. Ask Me Now
2. Serenity
3. Beatrice
4. Invitation
Joe Henderson (ts)
Charlie Haden (b)
Al Foster (ds)

1987/7/9 録音
 ジョー・ヘンダーソンのトリオといえば、ロン・カーターとアル・フォスターとのビレッジ・バンガードでの2枚のライブ盤が有名ですが、私はこちらのほうが好きです。
 ベースがチャーリー・ヘイデンです。私は昔は嫌いでした。私はヘイデンのやってることはよくわかりませんけど、聴けば聴くほどなぜだかいいんです。ジョー・ヘンダーソンがなぜチャーリー・ヘイデンを選んだのかもよくわかりませんが、このアルバムはなぜか3人が合ってるように聞こえます。
Impressions /John Coltrane
1. India
2. Up 'Gainst the Wall
3. Impressions
4. After the Rain
5. Dear Old Stockholm
John Coltrane (ts, ss)
Eric Dolphy (as, bcl)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Reggie Workman (b)
Elvin Jones (ds)
Roy Haynes (ds)

1961/11/5, ? 録音
 これはジョン・コルトレーンのアルバムでは有名です。インプレッションズという曲はジャズではスタンダードとなっていますが、その一番最初の演奏です。
 コルトレーンのインプレッションズの録音はたくさんありますが、これが一番よいのではないでしょうか。このアルバムの録音日は1日だけではないので曲によってメンバーが違いますが、インプレッションズは、コルトレーン、マッコイ、ギャリソン、エルビンのカルテットです。ああ、やはりこのメンバーの演奏はすばらしいです。コルトレーンがこのメンバーで活動したのも納得できます。
 インプレッションズの演奏でこれ以外では、レコードで「To the Beat of a Different Drum」というタイトルで出ていたアルバムの演奏が好きです。CDでは別名で出ているかもしれません。ドラムのエルビン・ジョーンズが麻薬で服役中の時でロイ・ヘインズがドラムなんですが、途中のコルトレーンとロイのデュオ部分がすばらしいです。
The European Tour /John Coltrane
1. The Promise
2. I Want to Talk About You
3. Naima
4. Mr. P.C.
John Coltrane (ts, ss)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Elvin Jones (ds)

1963/10/22 録音
 ジョン・コルトレーンは好きなアルバムが多くて困ったもんです。100枚ぐらい書かないとだめです。
 コルトレーンをプレスティッジ時代、アトランティック時代、インパルス時代と分けるとこれはインパルス時代のものです。レーベルはインパルスではなくノーマン・グランツのパブロです。演奏はというと、この時代ですからモード入ってます。「I Want to Talk About You」のエンディングのコルトレーンのソロなんか頭がどうかしてます。
 この中で一番好きな曲は「Mr. P.C.」です。この曲はコルトレーンの録音もたくさんありコルトレーン以外にも録音はありますが、私はこの演奏が一番好きです。まずマッコイがソロを取りますが、いかにもこのころのマッコイって感じです。そしてその後コルトレーンとエルビンだけになりますがこれが圧倒です。どこまでも果てしなく盛り上がります。ライブ盤だからこその演奏です。
Interstellar Space / John Coltrane
1. Mars
2. Venus
3. Jupiter
4. Saturn
5. Leo
6. Jupiter Variation
John Coltrane (ts, bells)
Rashied Ali (ds)

1967/2/22 録音
 1枚ほどフリージャズを・・・といっても変わったフリージャズです。私はフリージャズが好きなわけではありませんが、コルトレーンのフリージャズは聴けます。
 日本名では「惑星空間」という名前です。レコードでは4曲だったんですが、CDになって終わりの2曲が追加されたんですね。英語がわかる人は一発ですが、曲名は順番に「火星」「金星」「木星」「土星」です。またこの録音はコルトレーンが亡くなる5ヶ月前の録音です。
 なぜこれがいいかというとデュオだからです。コルトレーングループはピアノがマッコイ・タイナーが抜けてからアリス・コルトレーンになりましたが、私は好きではありません。何を表現したいのか全然わからない。ブルーノートスケールを羅列しただけにしか聞こえない。それにマッコイと比べると・・・比べるほうがおかしいですね。それにあのすばらしいジミー・ギャリソンも後期コルトレーンでは変なことをやり出したのであまり好きではない。後期コルトレーンでは「ビレッジバンガード・アゲイン」が傑作だとかいわれてますが、私にとっては全然おもしろくない。それにコルトレーンがあまりフリーキーすぎるアルバムもちょっと・・・ってことで「惑星空間」がいいんです。
 どの曲もコルトレーンのベル・・・鈴から始まります。そして2人のデュオになって、最後はまた鈴になり曲が終わります。
 しかしラシッド・アリってのはナニモンですかね。確かにこのアルバムはいいと思います。が、コルトレーン以外はどうなんでしょう。私は聴いたことありませんが。しかも全曲パルスドラムです。パルスを発してます。他のコルトレーンのアルバムもすべてパルスです。全アルバム全曲同じパルス演奏です。パルスしかありません。なんなんでしょうか?
Blues Walk / Lou Donaldson
1. Blues Walk
2. Move
3. The Masquerade Is Over
4. Play Ray
5. Autumn Nocturne
6. Callin' All Cats
Lou Donaldson (as)
Herman Foster (p)
Peck Morrison (b)
Dave Bailey (ds)
Ray Barretto (per)

1968/7/28 録音
 ルーさん、いいっす。私はそんなに聴いたわけではありませんが、聴く限りルーさん、いいっす。
 ルーさんの代表的なアルバムでしょうか。そうなってるかもしれません。またルーさんとずっと一緒に演奏している盲目のピアニスト、ハーマン・フォスターもいい感じです。
The Complete Concert 1964 / Miles Davis (My Funny Valentine & "Four More")
1. Introduction by Mort Fega
2. My Funny Valentine
3. All of You
4. Go-Go
5. Stella by Starlight
6. All Blues
7. I Thought About You
8. So What
9. Walkin'
10. Joshua
11. Go-Go
12. Four
13. Seven Steps to Heaven
14. There Is No Greater Love
15. Go-Go
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ts)

1964/2/12 録音
 マイルス・デイビスについては時代によって演奏内容が全く違うので人によって好みが分かれるものです。しかし全部好きだという人は・・・ちょっとカメレオンすぎます。
 私はハンコック、ロンカー、トニーがいた時代が一番好きです。マイルスが電化する前、ギリギリの線でアコースティックなジャズをやっていた頃です。
 このCD、「My Funny Valentine」と「Four More」で別々に出ていた2枚が一緒になったんですね。私、知りませんでした。
 演奏はアップテンポの迫力ある曲からバラードまで全部すばらしいです。
 よくジョージ・コールマンはイモだといわれます。マイルスの自叙伝にも「オレのバンドのバックの連中がヤツを嫌った」とか書いてあります。そんなにイモですかねえ。私は結構いいと思いますが。この後の東京でのライブでは、テナーがトニーが引き連れて来たサム・リバースになりますが。サム・リバースってのも嫌いではないですがよくわからん。まあどちらにしてもマイルスはウェイン・ショーターを入れたかったんですね。
Miles Smiles / Miles Davis
1. Orbits
2. Circle
3. Footprints
4. Dolores
5. Freedom Jazz Dance
6. Gingerbread Boy
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ts)

1966/10/24〜25 録音
 マイルス・デイビスのグループにテナーのウェイン・ショーターが加わってからのものです。これで音楽監督はショーターになりました。
 スタジオ録音だというのに迫力ある演奏です。ライブと全然変わりゃしない。
The Old Country / Nat Adderley
1. The Old Country
2. Bohemia After Dark
3. Jeannine
4. Almost Always
5. Love for Sale
6. One for Daddy O
7. Stella by Starlight
8. The Chant
9. Nippon Soul
Nat Adderley (cor)
Vincent Herring (as)
Rob Bargad (p)
James Genus (b)
Billy Drummond (ds)

1990/12/5〜6 録音
 私はナット・アダレイはあまり知りませんです。別に嫌いではありませんが。ある日CD屋に行ったらこれが流れていて、なんかいい感じのトランペットだなあと思ってカウンターに行ったらこのCDでした。後日、どうしても聴きたくて買ってしまいました。
 ナットアダレイはどちらかというと控えめなトランペッターだと思います。そういう意味ではアート・ファーマーと似ていますかね。これも控えめなところがとてもいい感じだと思います。ちょっと寂しい感じの「The Old Country」やアップテンポの「Jeannine」や「Love for Sale」などが好きです。ナットアダレイと対照的な若手のアルト、ビンセント・ハーリングもなかなかいい感じです。
Birds of a Feather / Phil Woods
1. Star Eyes
2. Goodbye Mr. Evans
3. Petite Chanson
4. Summer Night
5. My Old Flame
6. Nica's Dream
Phil Woods (as)
Hal Galper (p)
Steve Gilmore (b)
Bill Goodwin (ds)

1981/8/11〜12 録音
 チャーリー・パーカー系の白人アルト奏者ではまずフィル・ウッズです。ジャズを知らない人でもビリー・ジョエルの「Just the Way You Were」の途中のソロがフィル・ウッズだというとわかる人もいるでしょう。実にすばらしいアルト奏者です。
 これはそれとは違い、かなり激しいです。1曲目の「Star Eyes」からブローしまくってます。2曲目からはそれなりのウッズです。そして最後の「ニカの夢」でまたブローしまくりました。アルトのブローもこれくらいやってくれると気持ちいいです。
Sonny Side Up / Sonny Rollins & Sonny Stitt & Dizzy Gillespie
1. On the Sunny Side of the Street
2. The Eternal Triangle
3. After Hours
4. I Know That You Know
Sonny Rollins (ts)
Sonny Stitt (ts)
Dizzy Gillespie (tp)
Ray Bryant (p)
Tom Bryant (b)
Charlie Pership (ds)

1957/12/19 録音
 これは誰のリーダーなんでしょうか。アルバムに「Sonny」なんて名前がついてるから2ソニーのどっちかなんですかね。でもガレスピー親分もいるし・・・。
 まあそんなことはいいです。ソリストが多いですからどの曲も演奏時間が少々長めです。でも飽きません。実にいい演奏だと思います。
At the Opera House / Stan Getz with J.J. Johnson
1. Billie's Bounce
2. My Funny Valentine
3. Crazy Rhythm
4. Blues in the Closet
5. Billie's Bounce
6. My Funny Valentine
7. Crazy Rhythm
8. Yesterdays
9. It Never Entered My Mind
10. Blues in the Closet
Stan Getz (ts)
J.J. Johnson (tb)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Connie Kay (ds)

1957/10 録音
 スタン・ゲッツとJ.J.ジョンソンのライブ録音です。
 バックのミュージシャンも大物ばかりですが、どちらかというとバックはどうでもいいって感じです。2人の演奏がよろしいかと思います。J.J.がイマイチだという人もいるようですが、そうですかねえ。よろしいかと思いますが。
 MJQで有名になったドラムのコニー・ケイってその昔はこういう演奏してたんですね。私は驚きです。
Captain Marvel / Stan Getz
1. La Fiesta
2. 500 Miles High
3. Captain Marvel
4. Time's Lie
5. Lush Life
6. Day Waves
Stan Getz (ts)
Chick Corea (ep)
Stanley Clarke (b)
Tony Williams (ds)
Airto Moreira (per)

1972 録音
 スタン・ゲッツのアルバムでこれを出すのは変でしょうか。ジャズ・サンバしか知らない人にとっては、これはゲッツじゃないかもしれません。またドラムにトニーがいます。叩いてます。
 メンバーからしても・・・これはチック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」じゃねーか・・・です。曲からしても・・・これは「リターン・トゥ・フォーエバー」ぢゃろが・・・です。
 ゲッツはなぜこのようなメンバーを従えたのでしょうか。しかもですよ、この後、パーカッションのアイアート・モレイラ以外の4人のメンバーでモントルー・ジャズ・フェスティバルに出ています。ライブ録音が残っていてレコードになっています。
 チックのほうのアルバムのサックスはジョー・ファレルです。これはこれでいいんですが。こちらは巨匠ゲッツです。さすがゲッツです。ジャズ・サンバだけではありません。なんでもできちゃう人です。しかもゲッツらしい演奏です。どう聴いてもゲッツのフレーズ、ゲッツの音です。やはりゲッツは巨匠ですよ。
Let It Go / Stanley Turrentine
1. Let It Go
2. On a Clear Day
3. Ciao, Ciao
4. Tain't What You Do
5. Good Lookin' Out
6. Sure as You're Born
7. Deep Purple
Stanley Turrentine (ts)
Shirley Scott (org)
Ron Carter (b)
Bob Cranshaw (b)
Otis Finch (ds)
Bob Simpkins (ds)
Mack Simpkins (ds)

1964/9/21, 1966/4/15 録音
 私はスタンリー・タレンタインが大好きです。ちょっとブルージーなクサいプレーがたまりません。
 これは割と古い録音です。この頃、タレンタインはブルーノートから何枚もリーダー作が出ているようですが、私はインパルスから出ているこのアルバムがいいと思います。
 1曲目の「レット・イット・ゴー」は有名なシュガーの元となった曲です。シュガーはキーがCマイナー、こちらはBbマイナーですがコード進行は同じです。
 オルガンのシャーリー・スコットは私はそれほど好きではありませんが、このアルバムでの演奏は控えめですがいい感じだと思います。
Cherry /Stanley Turrentine
1. Speedball
2. I Remember You
3. The Revs
4. Sister Sanctified
5. Cherry
6. Introspective
Stanley Turrentine (ts)
Milt Jackson (vib)
Cornell Dupree (g)
Bob James (p, ep)
Hilary James (ep)
Ron Carter (b)
Billy Cobham (ds)

1972/5/17 録音
 CTIのスタンリー・タレンタインです。
 タレンタインはいいアルバムがたくさんありますが、この「チェリー」も有名だと思います。CTIのタレンタインといえば「シュガー」かもしれませんが、どちらかというと私はこのチェリーのほうが好きです。
 タイトル曲よりも1曲目のリー・モーガンのオリジナルのブルース「スピード・ボール」が好きですね。タレンタインらしいブルースソロが展開されています。
Speak No Evil / Wayne Shorter
1. Witch Hunt
2. Fee-Fi-Fo-Fum
3. Dance Cadaverous
4. Speak No Evil
5. Infant Eyes
6. Wild Flower
7. Dance Cadaverous [alternate take]
Wayne Shorter (ts)
Freddie Hubbard (tp)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Elvin Jones (ds)

1964/12/24 録音
 ウェイン・ショーターは実はリーダー作は調べてみるとそんなに数はないんですね。活動の割には少ない。まあ考えて見ればそうかもしれません。ショーターは音楽監督としての才能が抜群ですからね。これは私も高く評価してます。アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズを変えたのはショーター、マイルス・デイビスを変えたのもショーター、ウェザー・リポートを作ったのもショーター、ジャズ界を大きく変えているではありませんか。
 私はプレイヤーとしてのショーターも好きです。ショーターは真の即興演奏者でしょう。でも純粋なジャズ以外はあまり好きではありません。その中でウェザー・リポートはいいと思います。
 リーダー作はブルーノート時代に限ります。やはりこの時代がよろしいかと思います。
 有名な「ジュ・ジュ」もいいと思いますが、どちらかというとこちらのほうが好きです。全曲ショーターのオリジナルです。ショーターらしい曲ばかりです。またバックのメンバーがショーターサウンドをいい具合に出しています。
Super Nova / Wayne Shorter
1. Supernova
2. Sweet Pea
3. Dindi
4. Water Babies
5. Capricorn
6. More Than Human
Wayne Shorter (ss)
Jack DeJohnette (ds, p)
John McLaughlin (g)
Sonny Sharrock (g)
Miroslav Vitous (b, g)
Walter Booker (g)
Airto Moreira (per)
Maria Booker (vo)
Chick Corea (ds, key, vib)

1969/8/29 録音
 ブルーノート時代のウェイン・ショーターの後期の作品です。ショーターファンからすると、こんなアルバム出さなくても他にいろいろあるのに・・・って言われそうですが。なかなかいいと思いますけどね、これ。
 このアルバムではチック・コリアがドラムで参加しています。といってもメインはディジョネットですけどね。
 この中ではおそらく3曲目の泣きの「Dindi」が有名だと思いますが、私は個人的には1曲目の「スーパーノバ」がいいですね。なんといっても2人のギターが何をやっているのかよくわかりません。これがいいんです。特にソニー・シャーロックです。この人はいったいナニモンでしょうか?なんでこういうスタイルになったんでしょう?しかしこのような曲ではいい感じ出してると思います。
 このアルバムではショーターとソニー・シャーロックを楽しみましょう。



アルバム目次 トップ