じみたの好きなアルバム 【リズム楽器がリーダーのもの】


A Night at Birdland, Vol. 1 / Art Blakey Quintet
1. Annoucement by Pee Wee Marquette
2. Split Kick
3. Once in a While
4. Quicksilver
5. A Night in Tunisia
6. Mayreh
7. Wee-Dot
8. Blues
Art Blakey (ds)
Clifford Brown (tp)
Horace Silver (p)
Lou Donaldson (as)
Curly Russell (b)

1954/2/21 録音
 これはジャズ・メッセンジャーズという名前ではありませんが、実質はジャズ・メッセンジャーズですね。アート・ブレイキーの生涯続いたバンドの始まりです。また、まだピアノのホレス・シルバーと別れる前のものです。
 この日ハード・バップが誕生したと言われていますが、どうなんでしょうね。どちらにしろ演奏はハード・バップです。ハード・バップの代表作といっていいんじゃないでしょうか。曲もそれらしいものばかりです。
 メンバーもとてもよろしいです。もちろんクリフォードもすばらしいですが、ルーさんって本当にいいプレイしますね。ルーさん、いいです。
The Complete Capitol Recordings, Vol. 2 / Art Tatum
1. My Heart Stood Still
2. You Took Advantage of Me
3. I Gotta Right to Sing the Blues
4. How High the Moon
5. Makin' Whoopee
6. Goin' Home
7. Blue Skies
8. It's the Talk of the Town
9. Dancing in the Dark
10. Tenderly
11. Just One of Those Things
12. Indiana
13. Lover
14. Would You Like to Take a Walk?
Art Tatum (p)
Slam Stewart (b)
Everett Barksdale (g)

1949〜1952 録音
 クラシックやジャズなどすべての音楽史上でアート・テイタムを超えるピアニストはいないでしょう。あのクラシック界の巨匠ピアニスト、ホロビッツでさえ「アート・テイタムはすごい」とライブを見に行ったそうです。
 アート・テイタムはどのアルバムもすばらしいです。はずれはないでしょう。ソロピアノが多いです。私は管やリズム隊が入っているものよりソロピアノのほうが好きです。っていうかこれだけ弾ければ他の楽器は必要ありません。なのにテイタムはなぜか他の人と演奏するのが好きだったようです。
 これはタイトルどおりCapitolのコンプリート盤なんでしょうね。2枚出ています。最後の4曲がベースとギター入りで、その他はソロピアノです。まあすごいったらありゃしません。まったくこの人はどうなってるんでしょうか。手が4つぐらいないとできません。
 ベースのスラム・スチュアートの口ずさみとアルコのユニゾンも聴けます。
Something More / Buster Williams
1. Air Dancing
2. Christina
3. Fortune Dance
4. Something More
5. Deception
6. Sophisticated Lady
7. I Didn't Know What Time It Was
Buster Williams (b)
Shunzo Ohno (tp)
Wayne Shorter (ss, ts)
Herbie Hancock (p, key)
Al Foster (ds)

1989/5/8〜9 録音
 ベースのバスター・ウィリアムスのリーダーの作品です。ベーシストがリーダーで有名なアルバムってのは他の楽器に比べてそう多くはないと思いますが、まあこれは有名なほうじゃないでしょうか。
 なぜこのアルバムを出したかというと2曲目に「クリスティーナ」のオリジナルが入っているからです。これはよく出来た曲だと思います。見た目のバスターとは思えないぐらい・・・失礼・・・美しいバラードです。でも演奏するにはちょっと難しい曲なんですよね。ちなみにキーはGbです。
Light as a Feather / Chick Corea
1. You're Everything
2. Light as a Feather
3. Captain Marvel
4. 500 Miles High
5. Children's Song
6. Spain
Chick Corea (ep)
Joe Farrell (ts, ss, fl)
Stanley Clarke (b)
Airto Moreira (ds per)
Flora Purim (vo, per)

1972/10/8, 10/15 録音
 スペインです。ジャズではスタンダードナンバーです。そのオリジナルがこれですね。
 チック・コリアといえばリターン・トゥ・フォーエバーですが、その第一弾はその名の「Return To Forever」です。「La Fiesta」が有名ですね。これはそれと同じ時期の録音でメンバーも同じです。
 これは何回聴いても新鮮です。チックは生ピアノではなく全曲フェンダーローズを弾いています。実にさわやかなサウンドです。まだ若いスタンリー・クラークはウッドベースを弾いてますが、そんなに全部音で埋めつくさんでもええぢゃろが・・・いや、ここでは彼の「弾きすぎスタイル」もなんか合ってます。
 スペインだけでなく、これはどの曲もすばらしいと思います。しかし私はタイトル曲はそんなに好きではありません。なんでこの曲がタイトルになったんでしょう?「Children's Song」はテーマだけの短い曲です。この録音後、チックはチルドレン・ソングにナンバーを付けてたくさん作曲していろんなアルバムにばらまきます。私はいまひとつこの意図がよくわかりませんけど。
 いや〜、チックはコンディミスケールってのの使い方が実にうまいです。よくそこまで歌えるものです。しかしスペインってのは難しい曲です。ジョー・ファレルもちょっと戸惑ってます。まあそういうちょっと悩んで演奏するあたりがいいんですよ。名盤です。
The Mad Hatter / Chick Corea
1. The Woods
2. Tweedle Dee
3. The Trial
4. Humpty Dumpty
5. Prelude to Falling Alice
6. Falling Alice
7. Tweedle Dum
8. Dear Alice
9. The Mad Hatter Rhapsody
Chick Corea (syn, p, ep)
Joe Farrell (fl, piccolo, ts)
Eddie Gomez (b)
Steve Gadd (ds)
Herbie Hancock (key, ep)
他 (horns, strings)

1978 録音
 私は学生時代、一時チック・コリアにハマったことがありました。あの有名なスペインです。よくあそこまで「コンディミ(スケール)」を使いこなせるなあと感心しました。チックのアルバム「Light as a Feather」のソロは全曲コピーしたかもしれません。そのくらいハマったことがありました。
 これはチックの「Return To Forever」の中に入るものです。「Humpty Dumpty」が入ってますので一応有名かもしれません。まあジャズというかなんというか変わったアルバムです。いかにもチックらしいです。ちょっとスペインっぽいし。全曲通して聴くと1つの物語のような感じです。
 なんといってもこの中で一番おすすめは最後の「The Mad Hatter Rhapsody」です。アップテンポのラテンぽい曲です。この曲ではチックのお友達のハービー・ハンコックが入っているんですが、なんと、アルバムのリーダーよりもいいソロをとってしまった・・・という人が多いんですが、私もそう思います。チックはシンセ、ハービーはフェンダーローズでソロをとっているんですが、このハービーのソロが実にすばらしいです。ハービーってのは独特のアクセントの入れ方があり、これがハービーの個性の1つなんですが、ハービーがローズで語ってるように聴こえます。お友達のリーダー作でそんなカッコいいソロとっちゃいかんです・・・。
African Piano / Dollar Brand
1. Bra Joe from Kilimanjaro
2. Selby That the Eternal Spirit Is the Only
3. The Moon
4. Xaba
5. Sunset in Blue
6. Kippi
7. Jabulani
8. Tintiyana
Dollar Brand (p)

1969/10/22 録音
 ダラー・ブランドは南アフリカ共和国出身で唯一世界的に有名になったジャズミュージシャンです。あまり詳しいことは知りませんが、おそらくこの1枚で有名になったのではないでしょうか。彼の名前はダラー・ブランドですが南アでは「Abdullah Ibrahim」です。
 これは全曲ソロピアノで、広大なアフリカ大陸を表現したアルバムです。ピアノってのは表現力が広い楽器です。私はアフリカにはいったことがありませんが、そういうニオイがします。
"Fats" Waller / Fats Waller
1. It's a Sin to Tell a Lie
2. Your Feet's Too Big
3. I'm Crazy 'Bout My Baby
4. Draggin' My Heart Around
5. Music, Maestro, Please!
6. The Flat Foot Floogie
7. You're Not the Only Oyster in the Stew
8. 'Tain't Nobody's Bizness If I Do
9. Viper's Drag
10. My Very Good Friend, the Milkman
11. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself
12. Truckin'
13. I'm on a See-Saw
14. Handful of Keys
15. The Joint Is Jumpin'
16. I Wish I Were Twins
17. The Minor Drag
18. Sweet Sue
19. Black Raspberry Jam
20. A Tisket a Tasket
21. Dinah
22. Clothes Line Ballet
23. Nagasaki
24. Ain't Misbehavin'
Fats Waller (p, vo)


? 録音
 このジャケットの顔・・・こういう人だったんでしょうね。他にもこんな感じの顔してるジャケットが多いです。ジャズ界のエンターテイナーだったらしいです。
 ファッツ・ウォーラーはハッピーです。まだバップなんぞが生まれる前の時代です。ジャズが楽しい音楽だというのがよくわかります。
 ピアノも歌も最高です。「It's a Sin to Tell a Lie」、最高ですよ。1人でピアノ弾いて歌ってます。これだけ1人でできれば楽しいでしょうね。
 ファッツ・ウォーラーはボーカリストに聴いてもらいたい人です。ジャズボーカルは3大女性ボーカリスト・・・エラ・フィッツジェラルド、サラ・ボーン、カーメン・マクレエ、また3大男性ボーカリスト・・・フランク・シナトラ、メル・トーメ、トニー・ベネットだけではありません。まだこういう人たちが出てくる前の偉大なエンターテイナーです。
 このアルバムはベスト盤でしょうかね。録音もいつだかわからないです。ファッツ・ウォーラーは1943年に亡くなっているのでおそらく1930年代か1940年代の亡くなる前までの録音です。古い録音ですが内容はとてもいいです。ピアノもボーカルも十分楽しめます。
At Last / Gene Harris with Scott Hamilton
1. You Are My Sunshine
2. lt Never Entered My Mind
3. After You've Gone
4. The Lamp Is Low
5. At Last
6. Blues for Gene
7. I Fall in Love Too Easily
8. Some of These Days
9. Stairway to the Stars
10. Sittin' in the Sandtrap
Gene Harris (p)
Scott Hamilton (ts)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Harold Jones (ds)

1990/5 録音
 ピアノのジーン・ハリスで好きなアルバムです。ジーン・ハリス、私は大好きです。ここでは若手のテナー奏者のスコット・ハミルトンもいい感じです。どう聴いても「おっさんテナー」なところがいいです。
 1曲目の「You Are My Sunshine」のイントロでジーン・ハリスが1コーラスピアノソロを弾くんですが、ちょっとブルースピアノっぽいところがいかにもジーン・ハリスらしいです。とても気持ちよいです。
Blue Benson / George Benson
1. Billie's Bounce
2. Low Down and Dirty
3. That Lucky Old Sun
4. Thunder Walk
5. Doobie Doobie Blues
6. What's New?
7. I Remember Wes
George Benson (g, vo)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Billy Cobham (ds)
Bob Cranshaw (b)
Clark Terry (tp)


1967 録音
 これはおそらくCDでは発売されていません。私はレコードも持っていません。録音テープしかありません。
 ジョージ・ベンソンがブリージンを出す前の録音ですね。まだ純粋にジャズギターリストだった頃ですかね。
 このアルバムはジャズ屋として聴く曲は1曲目の「Billie's Bounce」です。この曲だけで十分です。とにかくベンソンもハービー・ハンコックもすばらしいです。このハンコックのソロは私はとても参考になりました。またドラムがなぜかビリー・コブハムと思えないくらいおとなしい。これがまたいい感じを出してます。なんでこういう演奏になったんでしょう?
I Want to Hold Your Hand / Grant Green
1. I Want to Hold Your Hand
2. Speak Low
3. Stella By Starlight
4. Corcovado (Quiet Nights)
5. This Could Be the Start of Something
6. At Long Last Love
Grant Green (g)
Hank Mobley (ts)
Larry Young (org)
Elvin Jones (ds)

1965/3/31 録音
 タイトルはビートルズの曲です。なんかジャズになってるんですよね。私はビートルズを聴いてたことはありませんが、多少は知ってます。この曲も原曲は知ってましたが、よく聴くと「ああ、あの曲か」と感じるくらい原曲とはえらく違います。おもしろいアレンジを考えたもんです。グラント・グリーンもこのアルバムで多少は有名になれたのでしょうか?またテナーがモブレーってのがいいですね。
 2曲目以降は普通にジャズしてます。スタンダードばかりですね。スピーク・ロウはかなりアップテンポです。
 このアルバムのレーベルはブルーノートなんですが、ブルーノートらしいサウンドとなっています。オルガンのラリー・ヤングが入っているあたり、ブルーノートらしいですね。
Speak Like a Child / Herbie Hancock
1. Riot
2. Speak Like a Child
3. First Trip
4. Toys
5. Goodbye to Childhood
6. The Sorcerer
Herbie Hancock (p)
Thad Jones (flh)
Jerry Dodgion (alto-fl)
Peter Phillips (b-tb)
Ron Carter (b)
Mickey Roker (ds)

1968/5/9 録音
 ハービーのブルーノート時代の代表作です・・・というと文句をいわれそう。そう、代表作は「処女航海」です。いや、初リーダー作の「テイキン・オフ」かな。ああ、どれもハービーはいいのですよ。
 これ、ちょっと難しい曲ばかりですが、内容はいいと思います。私は好きですね。最後のソーサラーはマイルス・デイビスのリーダーでも出ていますが、こちらはハービーのトリオ演奏です。まあよくこんな難しい曲をトリオでやりますわ。
V.S.O.P. The Quintet / Herbie Hancock
1. One of a Kind
2. Third Plane
3. Jessica
4. Lawra
5. Introduction of Players / Darts
6. Dolores
7. Little Waltz
8. Byrdlike
Herbie Hancock (p)
Freddie Hubbard (tp)
Wayne Shorter (ts, ss)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

1977/7/16〜18 録音
 ハービーのVSOPの中の1つです。ハービーはこのライブ演奏のちょっと前に、自分のやってきた音楽をまとめるような大々的なコンサートを開きました。これがVSOPの第一弾で、アルバムでも出ています。このコンサートは3部構成だったんですが、1部がマイルス・デイビス的なグループの演奏、2部がハービーの暗黒時代といわれているグループの演奏、3部がヘッドハンターズのグループの演奏でした。この中で1部があまりに評判がよかったため、このグループで少しの間活動しました。これがVSOPです。まあメンバー的には誰がリーダーでもおかしくはありません。
 VSOPの演奏は何枚か出ていますが、私はこれが一番好きです。
 曲はというと、このメンバーですからいわゆるスタンダードナンバーなんてものはありません。このアルバムでは唯一最後のハバードのオリジナル「バードライク」がブルースです。
 1曲目の「One of a Kind」はハバードのオリジナルです。ハバードのオリジナルで「One of Another Kind」という曲がありますが、それとは違う曲です。「Another」のほうが有名だと思います。これも演奏するには難しい曲ですが、「a」のほうは曲がさらに難しいです。
 2曲目はロン・カーターのオリジナルで同名のタイトルのアルバムも出ています。ロン・カーターがリーダーで、メンバーはハンコックにトニーです・・・ほんとに仲良しですね。
 6曲目のドロレスはマイルス・デイビスの「マイルス・スマイルス」に入っている曲ですが、私はこちらの演奏のほうが好きです。
 最後、やっとブルースが現れますが、メチャクチャテンポが速いです。ショーター、ちゃんと吹いていません。しかしこれでいいのです。これがショーターです。この曲のトニーのすごいこと。もう何もいうことはありません。
Trio Live In New York / Harbie Hancock
1.I Love You
2.One Finger Snap
3.Cantaloupe Island
4.Maiden Voyage
5.Just One of These Things
Harbie Hancock (p)
Jeff Littleton (b)
Gene Jackson (dr)

1993 録音
 ハービー・ハンコックは活動範囲が広すぎて困ります。しかしどのアルバムも「クロい」・・・基本は黒人音楽だというのがいいんです。クロくないハービーっぽいものは全然おもしろくありません。
 これは比較的新しめのものでライブ盤です。ハービーのトリオといえばロン・カーターとトニー・ウィリアムスのものがありますが、この3人だと3人ともあばれてしまってわけわからん・・・ことはありませんが・・・。
 このアルバムのトリオはベースもドラムも超若手ですので、さらにハービーはあばれ放題です。1曲目の「I Love You」はアレンジがされていて転調しまくってます。しかも最後何小節か付け足されています。1回聴いただけじゃどこをやっているのかわかりません。ソロはというと・・・緊張感ありすぎます。殺人的ソロです。なんでそこまでやるんでしょう?
 2曲目以降もぜ〜んぶ激しいです。やっぱりハービーはカッチョいいですよ。
Blowin' the Blues Away / Horace Silver
1. Blowin' the Blues Away
2. The St. Vitus Dance
3. Break City
4. Peace
5. Sister Sadie
6. The Baghdad Blues
7. Melancholy Mood
8. How Did It Happen
Horace Silver (p)
Blue Mitchell (tp)
Junior Cook (ts)
Billy Mitchell (ts)
Gene Taylor (b)
Louis Hayes (ds)

1959/8/10 録音
 ファンキーです。ファンキージャズです。ファンキージャズといえばホレス・シルバーです。
 これは名盤でしょうね。1曲目からドファンキーです。何もいうことはありません。美しいバラード「ピース」やファンキージャズの極めつけ「Sister Sadie」など聴いてて楽しいものばかりです。ファンキー・ファンキー・ファンキーです。
 このころのブルーノートから出ているホレス・シルバーがリーダーのアルバムはファンキーなものばかりです。
Goodnight, It's Time to Go / Jack McDuff
1. Sanctified Waltz
2. Goodnight, It's Time to Go
3. I'll Be Seeing You
4. A Smooth One
5. McDuff Speaking
Jack McDuff (org)
Harold Vick (ts)
Grant Green (g)
Joe Dukes (ds)

1961/7/14 録音
 オルガンの「ブラザー・ジャック・マクダフ」です。この人はジミー・スミス以上に黒いかもしれません。ジミー・スミス以外にブルージーなオルガンを聴いてみたい人にはジャック・マクダフが一番です。
 とにかくブルージーです。クロいです。いいです。これぞオルガン・ジャズ・ブルースって感じです。
The Dynamic Duo /Jimmy Smith & Wes Montgomery
1. Down by the Riverside
2. Night Train
3. James and Wes
4. 13 (Death March)
5. Baby, It's Cold Outside
6. O.G.D.
Jimmy Smith (org)
Wes Montgomery (g)
Oliver Nelson (arr)
Richard Davis (b)
Grady Tate (ds)


1966/9/21, 9/28 録音
 ジミー・スミスはたくさんリーダー作がありますが、これは名盤です。ウェスの名盤にもなっていますね。
 ジミー・スミスとウェス・モンゴメリーがオリバー・ネルソンのアレンジによるビッグバンドをバックに演奏しています。オリバー・ネルソンのダイナミックなアレンジがすばらしいです。
 1曲j目の「Down by the Riverside」は有名なアメリカ民謡です。原曲とはかなり違ったアレンジがされています。ソロはなぜだかブルースとなっています。
 このアルバムでは2曲目の「Night Train」が一番有名でしょう。2人ともすばらしいソロをとっています。
Off the Top /Jimmy Smith
1. Off the Top
2. Endless Love
3. Mimosa
4. I'll Drink to That
5. Theme from M.A.S.H.
6. Ain't Misbehavin'
7. Jimmy Smith Rap
Jimmy Smith (org)
Stanley Turrentine (ts)
George Benson (g)
Ron Carter (b)
Grady Tate (ds)
Crusher Bennett (per)
Errol Bennett (per)

1982/6/7 録音
 ジミー・スミスのこちらのアルバムはそんなに有名ではありません。が、プレイはいいですね。
 まあよくもこんなクロい人たちを集めたものです。しかも大物ミュージシャンばかりです。真っ黒です。黒人ジャズが好きな人にはたまりません。
 1曲目はジミー・スミスのオリジナルで楽しい曲です。2曲目はライオネル・リッチーの有名なバラードの曲です。タレンタインってのはこういうバラードをうまく吹きますね。4曲目はジミー・スミスのオリジナルのブルースですが、曲が始まる前にベンソンがちょっと遊んでいる部分もなぜか入っています。レコーディングというより楽しいスタジオセッションって感じがします。7曲目の「Ain't Misbehavin'」はスタンダードナンバーですが、ここでジミー・スミスはちょっと古くさい感じを出しています。7曲目は曲ではなく語りです。
Somewhere Before /Keith Jarrett
1. My Back Pages
2. Pretty Ballad
3. Moving Soon
4. Somewhere Before
5. New Rag
6. A Moment for Tears
7. Pout's Over
8. Dedicated to You
9. Old Rag
Keith Jarrett (p)
Charlie Haden (b)
Paul Motian (ds)

1968/10/30〜31 録音
 これはキースの初期の傑作ではないでしょうか。
 曲はいろいろ入っていますが、なんといっても1曲目のボブ・デュランの「マイ・バック・ページ」がいいです。なんだかオリジナルの演奏とはだいぶ違うようですが。でもそんなことはいいんです。これがキースのオリジナル曲だったとしてもいいんです。
 ここからキースの歴史が始まるわけですね。しかしこのキースの顔、若い。
Facing You / Keith Jarrett
1. In Front
2. Ritooria
3. Lalene
4. My Lady; My Child
5. Landscape for Future Earth
6. Starbright
7. Vapallia
8. Semblence
Keith Jarrett (p)

1971/11/10 録音
 キースのソロピアノです。キースはソロピアノのアルバムがたくさんありますが、私はこれが一番好きです。曲も他のライブ盤のような即興で作られた曲ではありません。
 キースらしい演奏です。キースって曲によっては白人とは思えないような泥臭いこともやるんですよね。そういうところもよろしいです。
Standards in Norway /Keith Jarrett
1. All of You
2. Little Girl Blue
3. Just in Time
4. Old Folks
5. Love Is Many Splendored Thing
6. Dedicated to You
7. I Hear a Rhapsody
8. How About You?
Keith Jarrett (p)
Gary Peacock (b)
Jack DeJohnette (ds)

1989/10/7 録音
 キース・ジャレットのスタンダーズトリオの中の1枚です。まあスタンダーズはどれもいいと思いますが、これにしました。これはライブ盤です。
 どの曲もスタンダーズらしい演奏ですが、一番圧倒なのは「Just In Time」ですかね。特にエンディング部分がすばらしいです。
Dark Beauty / Kenny Drew
1. Run Away
2. Dark Beauty
3. Summer Night
4. All Blues
5. A Felicidade
6. It Could Happen to You
7. Love Letters
8. Silk Bossa
9. Blues Inn
10. In Your Own Sweet Way
11. A Stranger in Paradise
Kenny Drew (p)
Niels Pedersen (b)
Albert "Tootie" Heath (ds)

1974 録音
 ケニー・ドリューで1枚ならこれです。たぶんこれだという人も多いかと思います。
 ケニー・ドリューはこの後、ベースのニールス・ペデルセンとドラムのエド・シグペンとのトリオで活動します。なぜかこのトリオは女性に人気があるのですね。いわゆる「おしゃれ〜!」なジャズといったところでしょうか。いや、内容はドリューです。でも確かに「おしゃれ〜!」に出来上がっています。
 まあおしゃれジャズも悪くはないんですが、ドリューはドリューらしくいきたいところです。ということでこの「ダーク・ビューティ」なんかいいと思いますよ。
The Real McCoy / McCoy Tyner
1. Passion Dance
2. Contemplation
3. Four by Five
4. Search for Peace
5. Blues on the Corner
McCoy Tyner (p)
Joe Henderson (ts)
Ron Carter (b)
Elvin Jones (ds)

1967/4/21 録音
 これは名盤でしょうね。マッコイのアルバムの中では一番有名じゃないでしょうか。私もこれはいいと思います。曲は全曲マッコイのオリジナルです。
 マッコイとドラムのエルビンは2人とも同じ頃にジョン・コルトレーングループを抜けました。その2人が直後に一緒にこんなアルバムを出すとは。やっぱりフリージャズではなくこのようなことをやりたかったんでしょうかね。
Trident / McCoy Tyner
1. Celestial Chant
2. Once I Loved
3. Elvin (Sir) Jones
4. Land of the Lonely
5. Impressions
6. Ruby, My Dear
McCoy Tyner(p)
Ron Carter(b)
Elvin Jones(ds)

1975/2/18-19 録音
 私は学生時代はマッコイフリークでした。ジョン・コルトレーンのフリージャズを聴き込んでしまってマッコイが何を表現したいのかがよくわかるようになりました。マッコイについては「コルトレーン時代やブルーノート時代は好きだけど、それ以降は・・・」という人も多いですね。マッコイはアルバムも多く、私は好きなものが多いです。インパルスの「ブルースとバラードの夜」やブルーノートの「The Real McMoy」は名盤です。その後マッコイはマイルストーンに移籍しますが、その第一弾は「Sahara」です。タイトル曲は雄大なスケールの曲です。
 マッコイで何を載せようかなと迷ったんですが「Trident」にしました。これはマイスルトーン時代のものです。マッコイはピアノだけでなくチェレスタもちょっとだけ弾いています。バックのミュージシャンもよろしいです。ロン・カーターがちょっと遊びすぎって感じもしますが。これは管がいない分、いかにもマッコイらしいアルバムだと思います。2曲目の「Once I Loved」なんか「どうしてそうなるの?」って感じです。まるで違う曲です。個人的には4曲目の「Land of the Lonely」がいいですかね。ミドルテンポの3拍子のモードの曲ですが、タイトルどおりの感じがします。
Fly with the Wind / McCoy Tyner
1. Fly With the Wind
2. Salvadore de Samba
3. Beyond the Sun
4. You Stepped Out of a Dream
5. Rolem
McCoy Tyner (p)
Hubert Laws (fl)
Ron Carter (b)
Billy Cobham (ds)
他 (strings)

1976/1/19 録音
 これはマッコイのアルバムの中でも壮大なスケールのアルバムです。ストリングスが入っています。ジャズアルバムで「ウィズ・ストリングス」というとバラード系が多いですがこれはまったく違います。激しいマッコイをさらに激しくしてしまいました。
 圧倒なのはタイトル曲です。マッコイのソロもストリングスに触発されたのかいつもより増して激しいです。またドラムのビリー・コブハムがさらに激しさを増しています。この人はいったいいくつタムを使っているのでしょうか?7、8個ぐらいタムが並んでる写真を見たことがありますが。次から次へとタムを出しまくりどこまでも盛り上げてくれます。そこまでせんでもええぢゃろが・・・って感じです。すべてが吹き飛んでしまうアルバムです。
Mel Lewis and Friends / Mel Lewis
1.Ain't Nothin' Nu
2.A Child Is Born
3.Sho' Nuff Did
4.Moose the Mooche
5.De Samba
6.Windflower
Mel Lewis (ds)
Freddie Hubbard (tp)
Cecil Bridgewater (tp)
Gregory Herbert (as, ts)
Michael Brecker (ts)
Hank Jones (p)
Ron Carter (b)

1976/6/18 録音
 メル・ルイスといえばサドメル楽団、サド・ジョーンズ&メル・ルイス楽団でしょう。ということでこのアルバムはメンバーからしてもめずらしいのではないでしょうか。本当にフレンドなのでしょうか?若手のマイケル・ブレッカーが入っているというのも魅力です。
 でも出来映えはすばらしいです。うまくまとまってます。スタンダードからちょっとモードっぽい曲まで選曲もよろしいです。
 1曲目はサド・ジョーンズのオリジナルの曲で、少しモードがかったような曲です。ブレッカーはコルトレーンスタイル、ハンク・ジョーンズはオーソドックス、ハバードが中間・・・なんていう対照的なところがいいですね。
 4曲目はジャムセッションなんかでも演奏されるチャーリー・パーカーの曲ですが、テーマのAABAのAの部分は16ビートで演奏されています。元の曲がいいんですね。こういうリズムでもなかなか合ってます。
The Trio [Verve] / Oscar Peterson
1. I've Never Been in Love Before
2. In the Wee Small Hours of the Morning
3. Chicago
4. The Night We Called It a Day
5. Sometimes I'm Happy
6. Whisper Not
7. Billy Boy
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

1961/9〜1961/10 録音
 オスカー・ピーターソンです。ザ・トリオです。名盤です。何を見ても名盤になっています。ピーターソンで1枚ならこれです。
 最高です。最高というしかありません。これ以上の言葉はありません。
My Favorite Instrument / Oscar Peterson
1. Someone to Watch over Me
2. Perdido
3. Body and Soul
4. Who Can I Turn To
5. Bye, Bye Blackbird
6. I Should Care
7. Lulu's Back in Town
8. Little Girl Blue
9. Take the "A" Train
Oscar Peterson (p)

1968/4 録音
 ピーターソンのリーダー作は数多いです。しかしなぜだかピアノソロはないんですね。あまり好きではないのでしょうか。まあ無理にソロアルバムなんか出さなくてもいいんですけどね。それにピーターソンの場合、数多くのアルバムにソロピアノの演奏があります。
 私が知る限り、ピーターソンのソロアルバムはこれ1枚だけです。
 1曲目は有名なバラードのスタンダードナンバーですが、とにかくすごいです。ああ、これぞピーターソンのソロです。これだけ弾ければ楽しいでしょうね。こういうのを聴くとピアノをやめたくなります。リスナーのほうがいいです。
 2曲目もインストでよく演奏するスタンダードナンバーです。こういう曲は昔のピアニストなら即、「ストライドピアノ」、となるでしょうが、ピーターソンはちょっと違います。なんだかこの感じがいいです。
 そう、このアルバムはストライドピアノ中心でないところがいいんです。
Oscar Peterson Big 6 at Montreux / Oscar Peterson
1. Au Privave
2. Here's That Rainy Day
3. Poor Butterfly
4. Reunion Blues
Oscar Peterson (p)
Toots Thielemans (harm)
Milt Jackson (vib)
Joe Pass (g)
Niels Pedersen (b)
Louie Bellson (ds)

1975 録音
 ピーターソンがリーダーのモントルーでのセッションです。
 セッションですからちょっと演奏が雑です。1曲目はチャーリー・パーカーの有名なブルースですが、ビブラフォンのミルト・ジャクソンともあろう人がテーマを間違えまくってます。これでいいんでしょうか?・・・いけません。
 このアルバムは何がすごいっていうと、ピーターソンよりもハーモニカのトゥーツ・シールマンです。1曲目のブルースのソロです。こんなのハーモニカでできるソロじゃありません。この人はいったいどうなってるんでしょうか。私はトゥーツ・シールマンの演奏をそれほど多く知っているわけではありませんが、このブルースのソロが一番おそろしいです。
 2曲目は有名なスタンダードナンバーですが、4ビートで演奏されています。これはこれでなかなかいい感じです。
Oscar Peterson And The Basists / Oscar Peterson
1. There Is No Greater Love
2. You Look Good to Me
3. People
4. Reunion Blues
5. Teach Me Tonight
6. Sweet Georgia Brown
7. Soft Winds
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Niels Pedersen (b)

1977/7/15 録音
 ピーターソンのモントルーでのライブです。
 いや〜、このアルバムで、このベース2人の違いがよくわかるというもんです。1人は巨匠中の巨匠、レイ・ブラウン、もう1人は若手のテク派、ニールス・ペデルセンです。
 ピーターソンは古くバーブ時代のベースはすっとレイ・ブラウンでした。いわゆるピーターソンの名盤といわれているものはすべてベースはレイ・ブラウンです。ピーターソンはバーブを離れてからしばらくたってニールス・ペデルセンと活動しました。この2人が一緒に出演していたとは。
 私はニールス・ペデルセンはあまり好きではありません。これが前置きです。
 1曲目です。有名なスタンダードナンバーです。先発はペデルセンです。どう聴いてもエレベーのような音です。まずこれが好きでない理由の1つです。
 ピーターソンのソロが終わるとペデルセンのソロになります。テクの目白押しです。テクがすごいのはわかるんですが、間がない。1つも間がない。これが好きでないもう1つの理由です。そんなフレーズ、歌えるんか?って感じです。ピーターソンのソロってのは演奏を聴くとわかりますがいつも歌ってます。小さい声ですが演奏に混じって入っています。これが違うんです。ペデルセンはとても歌っているとは思えない。しかも音がエレベーですからね。聴いてて疲れます。途中、もういいって感じです。
 ペデルセンのソロが終わると、レイ・ブラウンに交代します。ああ、これぞベースですよ、ベース。ベースってのはこうでなければなりません。なんでこうも違うんでしょうか。もう1発目の音からして違います。音、ビート、重圧感、すべて最高です。しっかりと曲を支えています。これがベースというものです。巨匠です。
Black Orpheus / Ray Brown
1. The Days of Wine and Roses
2. I Thought About You
3. Black Orpheus
4. How Insensitive
5. My Foolish Heart
6. Please Send Me Someone to Love
7. Ain't Misbehavin'
8. When You Wish upon a Star
9. Things Ain't What They Used to Be
Ray Brown (b)
Gene Harris (p)
Jeff Hamilton (ds)

1975/2/18-19 録音
 ジーン・ハリスのピアノで私が好きなアルバムです。リーダーはレイ・ブラウンです。田舎に引っ込んでしまったジーン・ハリスをレイ・ブラウンが引っ張り出したらしいです。このトリオは本当にすばらしいです。演奏スタイルはオーソドックスで曲もスタンダードばかりです。私はこういうのが一番好きなんですね。巨匠レイ・ブラウンもいいですが、若手の白人ドラマーのジェフ・ハミルトンもこういうスタイルの人たちにはとても合ってます。オスカー・ピーターソンとも一緒に演奏していました。
 ジーン・ハリスはブルー・ノート時代のスリーサウンズが有名ですが、私はどちらかというと晩年のジーン・ハリスのほうが好きです。。
 ということでスリーサウンズではなくこちらのほうにしました。この中でも一番好きなのは1曲目の「酒バラ」です。アレンジがされていて途中転調もします。このアルバムはこの曲だけでも十分です。まさにこれぞジーン・ハリスって感じです。
1 + 3 / Ron Carter
1. Doom
2. New Song, No. 3
3. Muffin
4. Mr. T.W
Ron Carter (b)
Hank Jones (p)
Herbie Hancock (p)
Tony Williams (ds)

1978/7/29 録音
 ロン・カーターのアルバムです。遊び人のロン・カーターですからね。ちょっと弾きすぎって感じもありますが。
 これが好きな理由は、ハンク・ジョーンズもハービー・ハンコックもいいと思うからです。しかもこの1枚で両人が聴けます。前半2曲がハービー、後半2曲がハンク・ジョーンズです。ドラムは全曲トニーです・
 ハービーのほうのトリオは、有名なマイルス・デイビス・クインテットのバックメンバーですね。ハンク・ジョーンズのほうのトリオはグレイト・ジャズ・トリオの一番最初のメンバーです。
 ということで演奏は悪いはずがありません。ハービーはアウト指向型、ハンク・ジョーンズはオーソドックス指向型といってもいいですね。どちらの演奏もすばらしいです。
Emergency /Tony Williams
1. Emergency
2. Beyond Games
3. Where
4. Vashkar
5. Via the Spectrum Road
6. Spectrum
7. Sangria for Three
8. Something Special
Tony Williams (ds)
John McLaughlin (g)
Larry Young (org)

1969/5/26〜28 録音
 激しいですこれは。トニー・ウィリアムス、たたきまくってます。またメンバーがジョン・マクラフリンにラリー・ヤングです。マクラフリン、弾きまくってます。ラリー・ヤング・・・オルガンでモードをやるヤツ・・・モードしまくってます。
 これは激しいです。1曲目からみんな飛ばしてます。これは全曲は聴けません。というか1曲目だけで十分ですけど・・・。
 いや〜、でもすばらしいですよ、このアルバムは。聴き応え十分あります。



アルバム目次 トップ