じみたの好きなアルバム 【その他】

 

This Time by Basie / Count Basie
1. This Could Be the Start of Something Big
2. I Left My Heart in San Francisco
3. One Mint Julep
4. The Swingin' Shepherd Blues
5. I Can't Stop Loving You
6. Moon River
7. Fly Me to the Moon
8. What Kind of Fool Am I?
9. Walk, Don't Run
10. Nice 'N' Easy
11. Theme From the Apartment
12. The Hucklebuck
13. Oh, Pretty Woman
14. Oh Soul Mio
15. Shangri-La
16. At Long Last Love
Count Basie (p)
Quincy Jones (arr)
Thad Jones (tp)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Frank Foster (ts, cl)
Frank Wess (ts)
Freddie Green (g)
Louie Bellson (ds)
Sonny Payne (ds)


1963/1/21〜24 録音
 ジャズのビッグバンドもいろいろありますが・・・んーん、私はやっぱりカウント・ベイシーですね。ベイシー楽団は最高です。
 このアルバムは「Hits of the 50's」となっているので1950年代のベイシー楽団のヒット集なんでしょう。
 ベイシーサウンドです。どれもベイシーらしいサウンドです。しかもこの時代が何がいいっていうと、あのクインシー・ジョーンズがアレンジャーなんですね。クインシー・ジョーンズもベイシー楽団出身です。実にダイナミックなすばらしいアレンジです。
 この時代ですから、メンバーも有名なミュージシャンがいろいろいます。もちろんフレディ・グリーンもいます。ベイシー楽団はやっぱりこの人がいないとだめです。ベイシーサウンドになりません。
 「This Could Be the Start of Something Big」は私はこの演奏が一番好きです。レイ・チャールズでも有名な「I Can't Stop Loving You」はここではとてもダイナミックな演奏となっています。
On the Road / Count Basie
1. Wind Machine
2. Blues for Stephanie
3. John the III
4. There Will Never Be Another You
5. Bootie's Blues
6. Splanky
7. Basie
8. Watch What Happens
9. Work Song
10. In a Mellow Tone
Count Basie (p)
Freddie Green (g)
John Clayton (b)
Butch Miles (ds)

1979/7/12 録音
 ベイシー楽団でもう1枚です。これはライブ盤です。ベイシーおぢさんもだいぶ歳とってますね。
 これはベイシーバンドの中でもかなり迫力ある演奏です。これがなぜ好きかっていうと、ライブで迫力ある演奏っていうのもあるんですが、ベースのジョン・クレイトンがすばらしいからです。この人は録音によっちゃレイ・ブラウンと間違えるぐらい似てます。ドラムはブッチ・マイルスですが、この時代の迫力あるベイシーサウンドは彼がいるからこそです。すばらしいドラマーです。ああ、もちろんフレディ・グリーンもいます。かかせませんね。
 曲はアップテンポの「Wind Machine」から始まります。この演奏だけでも圧倒されます。あとベイシーバンドの古くからのヒット曲「Splanky」を演奏しているってのがいいです。
Carnival / Maynard Ferguson
1. M. F. Carnival
2. Fantasy
3. Battlestar Galactica
4. Stella by Starlight
5. Birdland
6. Baker Street
7. How Ya Doin' Baby?
8. Over the Rainbow
Maynard Ferguson (tp, flh)
Peter Erskine - Drums


1978/5/15 録音
 夏の音楽です。カーニバルです。
 とにかく夏です。カーニバルです。メーナード・ファーガソン、私は好きです。ハイノートトランペッターでもこのくらいやってくれれば実に気持ちがいいです。
 やはり1曲目のカーニバルがいいですね。他には4曲目のステラや5曲目のバードランドなんかもすばらしいです。アレンジもよいです。
Live at Budokan / Quincy Jones
1. Introduction-Roots Mural Theme
2. I Ronside (Theme from Ironside NBC-TV)
3. Just Once
4. Razzamatazz
5. Manteca
6. Stuff Like That
7. Bluesette
8. Ai No Corrida
Quincy Jones (producer, conductor, keyboards)
Toots Thielemans (harm, g)
Peggy Lipton (vo)
Luis Johnson (b, vo)
Patti Austin (vo)
原信夫とシャープス&フラッツ


1981/7/9 録音
 これはちょっと普通のジャズアルバムとは違うかもしれません。クインシー・ジョーンズの武道館でライブ録音です。ジャズ以外の曲も入ってます。有名な「愛のコリーダ」もありますね。
 ジャズ屋として聴くものは5曲目のマンテカです。トランペッターのディジー・ガレスピーの曲ですが、ここでのハーモニカのトゥーツ・シールマンのソロがすばらしすぎます。この人は自分のことはギターリストだと思っているらしいです。口笛とギターでユニゾンで演奏するスタイルです。そういうアルバムも出しています。が、あなたはやっぱり世界一のハーモニカ奏者です。ギターなんかやらなくていいのです。こんなハーモニカソロをとれる人が他にいるでしょうか。
Ella in London / Ella Fitzgerald
1. Sweet Georgia Brown
2. They Can't Take That Away from Me
3. Ev'ry Time We Say Goodbye
4. The Man I Love
5. It Don't Mean a Thing
6. You've Got a Friend
7. Lemon Drop
8. The Very Thought of You
9. Happy Blues
Ella Fitzgerald (vo)
Tommy Flanagan (p)
Joe Pass (g)
Keter Betts (b)
Bobby Durham (ds)

1974/4/11 録音
 エラはたくさんアルバムがありますが、私はそんなに詳しくはありません。まあエラの場合、どのアルバムもはずれはないと思います。
 これはロンドンでのライブ盤です。いかにもライブらしいアルバムです。エラは1曲目の「Sweet Georgia Brown」からノリまくってます。5曲目の「It Don't Mean a Thing」ではかなり遊んでます。ここでトミー・フラナガンもエラと共に遊んでます。エラが「ベイシー!」というとフラナガンがカウント・ベイシーっぽく弾き、「エリントン!」というとデューク・エリントンっぽく弾きます。フラナガンってのはそういうこともできるんですね。すごい人です。7曲目の「Lemon Drop」はウディ・ハーマン楽団の十八番の曲でスキャットで作られた曲です。ここでもエラのスキャットが十分楽しめます。
 これだけでもこのアルバムは十分楽しめるんですが、個人的に好きなのは6曲目の「You've Got a Friend」です。この曲はもともとはジャズではなくキャロル・キングの曲です。今ではジャズボーカリストも歌う人は結構いますけどね。ジャズ以外ではダニー・ハザウェイが有名だと思います。ダニー・ハザウェイの歌は泣けます。この曲は私はこのエラのバージョンが一番好きです。私はこの1曲のためにこのアルバムを買いました。そうしたところ、他の曲もとてもよかった、というわけです。
Live from Concord to London / Ernestine Anderson
1. Don't Get Around Much Anymore
2. Days of Wine and Roses
3. Stormy Monday
4. Am I Blue
5. Take the "A" Train
6. My Romance
7. Solitude
8. I Got It Bad (And That Ain't Good)
9. Do Nothin' Till You Hear from Me
10. Take the "A" Train
11. Love for Sale
Ernestine Anderson (vo)
Hank Jones (p)
Ray Brown (b)
Jake Hanna (ds)


1976/8/1, 1977/10/11 録音
 私は女性ボーカリストでは、アーネスティン・アンダーソンが一番好きです。アーネスティンはジャズボーカリストというよりブルースボーカリストのほうが近いかもしれません。実際そういうアルバムも数多く出しています。
 これは2つのライブを収めたアルバムです。まあ何がいいって前半のハンク・ジョーンズトリオがバックのほうでしょう。ハンク・ジョーンズてのは何をやってもすばらしいピアニストです。1曲目のイントロからして、「おおっ、始まるぞ!」って感じです。またこの1曲目ではアーネスティンは前テーマを2コーラス歌っていますが、そのノリのいいことといったらありません。別にテクを披露してるわけでもないし、スキャットをやってるわけでもありません。ちょっとメロディーフェイクをしてる程度です。ジャズのノリというものがわからない人はこういうのはダメかもしれませんが、4ビートの気持ちよさというのはこういうところにあると思います。これぞ4ビートジャズって感じです。またレイ・ブラウンのベースもとても気持ちよいです。
I've Got a Crush on You / Frank Sinatra
1. A Lovely Way to Spend an Evening
2. Embraceable You
3. All the Things You Are
4. They Say It's Wonderful
5. How Deep Is the Ocean?
6. Time After Time
7. Always
8. But Beautiful
9. The Song Is You
10. Fools Rush In
11. I've Got a Crush on You
12. I'm Glad There Is You
13. Love Me
14. Why Try to Change Me Now?
Frank Sinatra - Vocals


1943-1952 録音
 フランク・シナトラはたくさんアルバムがあります。私はそんなに詳しくはありませんが、はずれはありません。
 このシナトラ、画像をみてもらうとわかりますが若いです。録音も古いですね。このアルバムはストリングスがバックのものが多くバラード中心です。
 なぜこのアルバムを出したかというと、1曲目のバラード「A Lovely Way to Spend an Evening」がおすすめだからです。この曲は映画「Higher and Higher」の中で使われたらしいのですが、あまり有名な曲ではではありません。その中ではアン・バートンのものが有名ですが、私はシナトラのほうをおすすめします。アン・バートンのほうはメロディが原曲と少し違います。こちらのほうはほとんど原曲どおりです。この演奏はバックはストリングスではなくコーラスのみとなっています。またそれがいい感じを出しています。バラード好きな人にはこのアルバムはおすすめです。
At Newport '63 /Joe Williams
1. Without a Song
2. Spoken Word Introduction by Joe Williams
3. Gravy Waltz [Studio Version]
4. She's Warm, She's Willing, She's Wonderful
5. Come Back, Baby
6. Medley: All God's Chillun Got Rhythm
7. Wayfaring Stranger
8. Every Day I Have the Blues
9. Anytime, Anyday, Anywhere
10. April in Paris
11. In the Evenin' (When the Sun Goes Down)
12. Some of This 'N' Some of That [Studio Version]
13. Roll 'Em Pete
14. Gravy Waltz
15. Medley: All God's Chillun Got Rhythm
16. Some of This 'N' Some of That

Joe Williams (vo)
Thad Jones (tp)
Ben Webster (ts)
Howard McGhee (tp)
Bob Cranshaw (b)
Clark Terry (tp, flh)
Junior Mance (p)
Mickey Roker (ds)
Zoot Sims (ts)

1963/7/5 録音
 私は男性ボーカリストではジョー・ウィリアムスが一番好きです。
 これは古く1963年のニューポートでのライブ盤ですがジョーさん、とてもノッてます。またバックのミュージシャンによくそんなメンバーを集めたなって感じです。こんなメンバーなら何も不満はないでしょう。楽しいアルバムです。
The Very Best of the Manhatan Transfer / Manhattan Transfer
1. Boy from New York City
2. Trickle Trickle
3. Gloria
4. Operator
5. Tuxedo Junction
6. Four Brothers
7. Ray's Rockhouse
8. Soul Food to Go
9. Spice of Life
10. Baby Come Back to Me
11. Candy
12. A Nightingale Sang in Berkeley Square
13. Birdland
14. Java Jive
15. Route 66
16. Twilight Zone/Twilight Tone
Tim Hauser (vo)
Alan Paul (vo)
Janis Siegel (vo)
Cheryl Bentyne (vo)

 私が持っているのはこれではなく、1980年に日本で発売された「Time Trip」というLPの視聴盤です。友人にもらいました。それもベスト盤のようなものです。これはCDで発売されているベスト盤ですが、曲は大部分が同じです。
 まあともかく世界最高のコーラスグループであることは間違いないでしょう。ジャズコーラスといえばやはりマントラでしょう。これはマントラで有名な曲はすべて入っています。
 6曲目の「フォー・ブラザーズ」はウディ・ハーマン楽団の十八番の曲ですが、マントラでも有名になりました。
 この中の13曲目の「バードランド」はウェザー・リポートがオリジナルでヒットしましたが、マントラのほうも有名です。私はプレイボーイ・ジャズ・フェスティバルのビデオを持っているんですが、この中でウェザーとマントラが競演しています。これもまたすばらしい演奏です。
Jazz at the Opera House
(CD1)
1 Free Form/ Straight, No Chaser
 (Denny Zeitlin, Herbie Hancock)
2 The Village
 Toshiko Akiyoshi)
3 Falling Petal
 (Toshiko Akiyoshi, Lew Tabakin)
4 Maiden Voyage
 Bobby Hutcherson, Herbie Hancock)
5 Sister Cheryl
 Wynton Marsalis, Wayne Shorter, Herbie Hancock, Charlie Haden, Tony Williams)

(CD2)
1 Dedication to Conrad Silvert
2 Hesitation
 (Wynton Marsalis, Wayne Shorter, Charlie Haden, Tony Williams)
3 Dedication to Conrad Silvert
4 Silence
 (Wynton Marsalis, Wayne Shorter, Charlie Haden, Tony Williams)
5 Footprints
 (Wynton Marsalis, Wayne Shorter, Herbie Hancock, Charlie Haden, Tony Williams, Jaco Pastorius, Bobby Hutcherson)
6 Round Midnight
 (Wayne Shorter, Herbie Hancock)
Wynton Marsalis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Lew Tabakin (ts)
Bobby Hutcherson (vib)
Herbie Hancock (p)
Denny Zeitlin (p)
秋吉敏子 (p)
Charlie Haden (b)
Jaco Pastorius (eb)
Tony Williams (ds)

1982/2 録音
 これはジャズ評論家のコンラッド・シルバートの夢の実現のコンサートです。評論家というのはミュージシャンからはいやがられるものですが、コンラッドはめずらしく慕われていたようです。コンラッドは病気のため入院し、ハービー・ハンコックらが病気の彼の夢を実現させました。そしてコンラッドは34歳という若さで亡くなりました。こういう事情を知って演奏を聴くとまた違うものです。
 まず1曲目がすばらしいです。これはハービー・ハンコックとデニー・ザイトリンの2人のピアニストのデュオです。フリーのソロからかなりアップテンポのストレイト・ノー・チェイサーとなだれ込むのですが、とにかくすばらしいです。ハービーはチック・コリアとのデュオもありますが、こちらのほうも聴き応え十分です。
 CD2の2曲目の「Hesitation」は超速です。3曲目の「Dedication to Conrad Silvert」はベースのチャーリー・ヘイデンのオリジナルで、なんとももの悲しい曲です。
 また、6曲目のラウンド・ミッドナイトは予定外で、このコンサート直前にピアノのセロニアス・モンクが亡くなったため追悼の意味で演奏されたらしいです。
Live / Donny Hathaway
1. What's Going On
2. The Ghetto
3. Hey Girl
4. You've Got a Friend
5. Little Ghetto Boy
6. We're Still Friends
7. Jealous Guy
8. Voices Inside
Donny Hathaway - Vocals


1972 録音
 これはソウル音楽です。私は別にソウルファンってわけではありませんが、このダニー・ハザウェイは泣けます。
 これはダニー・ハザウェイのライブ録音です。1曲目はソウルでは有名なマービン・ゲイの曲です。ダニーは途中のフェンダー・ローズでソロをとっています。4曲目はキャロル・キングの曲です。しかしオリジナルよりもこちらの演奏のほうが有名ではないでしょうか。泣けます。
 ダニーは、ホテルから飛び降り自殺をし、わずか34年という若さで亡くなりました。伝説のソウルミュージシャンです。
Hallelujah, I Love Her So / Ray Charles
1. Ain't That Love
2. Drown in My Own Tears
3. Come Back Baby
4. Seinner's Prayer
5. Funny (But I Still Love You)
6. Losing Hand
7. A Fool for You
8. Hallelujah, I Love Her So
9. Mess Around
10. This Little Girl of Mine
11. Mary Ann
12. Greenbacks
13. Don't You Know
14. I Got a Woman
Ray Charles (p, vo)


1951〜/1961 録音
 レイ・チャールズ、いいです。黒人音楽です。ソウルフルなボーカルは最高です。
 でも私はソウルファンってほどではないですし、レイ・チャールズ・コレクターでもありませんので、ベスト盤でいいのです。といってもレイ・チャールズはヒット曲が多いので困ったもんです。
 これは1950年代の曲集のようなものです。特に8曲目の「ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー」が好きなもんで出しました。
 レイ・チャールズの他のアルバムで特に好きなのは、レオン・ラッセルの「ア・ソング・フォー・ユー」ですかね。
Original Musiquarium I / Stevie Wonder
1. Superstition
2. You Haven't Done Nothin'
3. Living for the City
4. Front Line
5. Superwoman
6. Send One Your Love
7. You Are the Sunshine of My Life
8. Ribbon in the Sky

9. Higher Ground
10. Sir Duke
11. Master Blaster (Jammin')
12. Boogie on Reggae Woman
13. That Girl
14. I Wish
15. Isn't She Lovely
16. Do I Do
Stevie Wonder (vo, syn, harm, etc)

 スティービー・ワンダーもレイ・チャールズと同じで黒人音楽です。ソウルフルです。
 私が持っているのはこのアルバムの後半だけです。買った時なぜか分割されて販売されていました。これ2枚組だったんですね。
 このアルバムは70年代以降の軌跡を、スティービー自身の選曲によって収録したものらしいです。ということでスティービーのヒット曲ばかりです。最後の「ドゥー・アイ・ドゥー」ではディジー・ガレスピーのトランペットソロも入っています。
The Historic Mocambo Session '54 / 守安 祥太郎
(CD1)
1 I Want to Be Happy
2 Out of Nowhere
3 This Love of Mine
4 On a Slow Boat to China
5 Strike up the Band

(CD2)
1 Tenderly
2 Everything Happens to Me
3 Steeple Chase
4 My Funny Valentine
5 Perdido
6 It's only a Paper Moon
守安 祥太郎 (p)
Hampton Hawes (p)
宮沢 昭 (ts)
五十嵐 明要 (as)
渡辺 明 (as)
海老原 啓一郎 (as)
渡辺 貞夫 (as)
鈴木 寿夫 (b)
滝本 達郎 (b)
秋吉 敏子 (b)
清水 潤 (ds)
五十嵐 武要 (ds)

1954/7 録音
 日本人のアルバムで何か1枚、というならば私は間違いなくこれを出します。古い録音です。しかしこのころの日本人のジャズはとてもすばらしいです。しかしよくこんな演奏が残ってましたね。ナベサダが入ってますがまだ無名のころです。
 守安さんや宮沢さんは向こうのミュージシャンだといってもいいぐらいでしょう。おまけでピアノの秋吉さんが遊びでベースを弾いている演奏まで入っています。守安さんはこの翌年、電車に飛び込んで自殺してしまいました。
Blow Up / 鈴木 勲
1.Aqua Marine
2.Everything Happens To Me
3.Blow Up
4.Like It Is
5.I Can't Get Started
6.Low Flight
鈴木 勲 (b, cello)
菅野 邦彦 (p)
ジョージ 大塚 (ds)
水橋 孝 (b)

1973/3/29〜30 録音
 ベースのオマさんのリーダーのアルバムです。学生時代よく行ったジャズ喫茶「コーナーポケット」でよくかかっていました。当時はこの中の「Everything Happens To Me」が一番好きでした。この曲は普通バラードで演奏されますが、ここではミディアムの4ビートで演奏しています。実にスガチンさんのピアノが心地よいです。エロールガーナーの作曲した「Like It Is」もこのアルバムで知りました。私もよく演奏します。
 しかし時が経つと変わるものですね。当時、コーナーポケットのマスターが、「1曲目のジョージさんのシンバルのこの1発。これだよ。」と言っていたんですがまさにそれです。私は当時この曲はそんなに好きではありませんでした。この「Aqua Marine」という曲、とても重々しいスローな曲です。スガチンさんはフェンダーローズを弾き、ゴンさんがベース、オマさんはアルコです。とても重たいアルコソロです。なんといってもここでのジョージ大塚さんのセンスがすばらしすぎます。やはり音楽はテクニックの披露ではありません。センスです。他の曲も悪くはありませんが、私にとってはこのアルバムはこの1曲のためにあるといってもいいぐらいです。
Hush-a-bye / 森山 威男
1.Sunrise
2.Hush-a-bye
3.North Wind
4.Lover Man
5.Snow Tiger
森山 威男 (ds)
向井 滋春 (tb)
小田切 一己 (ts, ss)
板橋 文夫 (p)
望月 英明 (b)

1978/2 録音
 ドラムの森山さんのレギュラーカルテットにトロンボーンの向井さんがゲストで演奏したアルバムという感じでしょうか。板さんが入っているということで出しました。私がピアノの板さんの演奏を聴いたのはこれが初めてです。
 1曲目は板さんのオリジナルでジョン・コルトレーンのインプレッションズのような曲です。はぁ〜、板さん、すでにピアノ壊してます(^^)。どうなってるんでしょうね。そこまで表現しますかい?しかも真剣なんですね。でもそういうものが浮かんでくるんだからいいんですよ。ジャズは何をやったっていいんです。私はこれに感動したんですね。ちなみに板さんはフリー系ピアニストではありませんので。
 2曲目は「おやすみなさい」のハッシャバイです。そういう感じの演奏ではありませんけどね。この演奏、なんか泣けます。板さん、泣いてますよ。ところでテナーの小田切さんって方、私はよく知りません。小田切さんの演奏はこのアルバムの他の曲は私にとってはまあ普通って感じですが、この曲は泣けます。小田切さんはこの録音後、肺炎で亡くなってしまったんですね。
 森山さんはすばらしいドラマーです。スタイルでいうとエルビン・ジョーンズが一番近いでしょうか。私は生で何回も見ましたが、すごいですよ。ま、芸大出身ですしね。芸大出身のドラマーなんて何人いるんでしょうか。見たことのない人は森山さんのライブを見に行きましょう。
渡良瀬 / 板橋文夫
1 Someday My Prince will Come
2 Msunduza
3 I Can't Get Started
4 Tone (利根)
5 Watarase (渡良瀬)
6 Miss Cann
7 Goodbye
板橋文夫 (p)

1981 録音
 私の大好きな板さんのアルバムの中で1枚というならやっぱりこれでしょう。板さんのリーダー作の3枚目です。ってことでもう古い演奏になってしまいました。でもやっぱり板さんの基本はこれでしょう。しかしこの渡良瀬はCDでは出ていないようです。レコードで買っておいてよかった。
 これは全編板さんのピアノソロです。まあいろいろ曲が入ってますが、やっぱり渡良瀬ですね。日本人でなければこういう曲はできませんし、演奏できません。だからいいのです。ジャズってのは日本人が向こうのマネをしたって所詮ダメです。外人が演歌や日本民謡を歌ってるのと同じです。日本人らしいからいいのですよ。また逆にこういう種類の音楽は外人にはできません。
 7曲目の「Goodbye」もスタンダードの曲ではなく板さんのオリジナルです。なんか悲しい「さよなら・・・」って感じです。いい曲です。



アルバム目次 トップ