じみたの嫌いなアルバム

 

Is / Chick Corea
1. Is
2. Jamala
3. This
4. It
Chick Corea (p)
Woody Shaw (tp)
Hubert Laws (fl)
Dave Holland (b)
Jack DeJohnette (ds)
Horace Arnold (ds)

1969年 録音
 私がチック・コリアであまり好きでない時期のアルバムです。チックのアルバムの中で私が好きでないものは、この頃の作品とリターン・トゥ・フォーエバーのロックがかった作品です。
 チックは1968年に有名な「Now He Sings, Now He Sobs」を、1972年に大ヒットした「Return To Forever」を録音していますから、このアルバムはその間に録音されたものです。この頃他にどういうアルバムがあるかというと、これまた私が好きでない「Song of Singing」や「A.R.C.」、あとは「Piano Improvisations」のVol.1、Vol2です。これはピアノソロだから私はまだ聴けます。
 このアルバム、ちょっとフリージャズに近いようなものです。曲名からしてもちょっとあやしいですよね。なぜ「Now He Sings, Now He Sobs」の後がこうなるんでしょう。よくわかりません。チックにとっては音楽の発想は同じなんでしょうけどね。もちろんチック自身の演奏は他のアルバムと同じです。しかし曲がよくわかりません。曲名もよくわかりません。
 いいメンバーなんですけどねえ。ヘタするとこんな変なものが出来上がってしまいます。
Elmo Hope Trio & Quintet / Elmo Hope
1. It's a Lovely Day Today
2. Mo Is On
3. Sweet and Lovely
4. Happy Hour
5. Hot Sauce
6. Stars Over Marakesh
7. Freffie
8. Carvin' the Rock
9.I Remember You Crazy
10. Abdullah
11. Chips
12. Later For You
13. Low tide
14. Maybe so
Elmo Hope (p)
Percy Heath (b)
Philly Joe Jones (ds)
Freeman Lee (tp)
Frank Foster (ts)
Art Blakey (ds)

1953/6/18, 1954/5/9 録音
 どうしてもエルモ・ホープはあまり好きになりません。なぜかというとバド・パウエルがいるからです。どう聴いてもバド・パウエルがちょっとヘタになった人としか思えません。もっといいバドのアルバム出してよ、って感じです。
 似てなければいいんです。似てるからからダメなんです。バドの影響が大きい人はたくさんいますよね。バリー・ハリスやハンプトン・ホーズぐらいならいいんです。しかしここまで似てるといかんです。この時代ってこういう人って結構いるんでしょうね。でもエルモ・ホープはまだいいほうでしょう。何枚もアルバム出してますからね。
 このアルバムもやはりちょっとヘタなバドが弾いてるって感じですが、元がバドですからね、演奏は別に悪くないです。
 やはりバドがすばらしすぎるんです。あのマイルスも自叙伝で「バド、とにかくバドでなければダメだ」と書いてありますね。バドがいなかったらエルモ・ホープはもっと活動したでしょうね。
Outward Bound / Eric Dolphy
1. G.W.
2. On Green Dolphin Street
3. Les
4. 245
5. Glad to Be Unhappy
6. Miss Toni
Eric Dolphy (as, bcl, fl)
Freddie Hubbard (tp)
Jaki Byard (p)
George Tucker (b)
Roy Haynes (ds)

1960/4/1 録音
 私はダメです。エリック・ドルフィーは好きになれません。何がいいんでしょうか。
 ドルフィーは究極のバップをやっているなどといわれます。確かにそうかもしれません。バップといえばバップです。しかし究極のバップって何でしょう。しかもそれをやったからって何?って感じです。
 ジョン・コルトレーンのグループにも一時期エリック・ドルフィーがいましたが、1人だけ浮いているって感じがします。
 このアルバムをなぜ買ったかというと、「Miss Toni」といういい曲が入ってるからと勧められたからです。私はその当時ドルフィーはコルトレーンのグループぐらいしか知りませんでしたので、1枚ぐらい買ってもいいかと思って買いましたが、やはりダメでした。
Sing Me a Song of Songmy / Freddie Hubbard
1. Threnody for Sharon Tate
2. This Is Combat I Know
3. The Crowd
4. What a Good Time for Kent State
5. Monodrama
6. Black Soldier (Mimaroglu)
7. Interlude
8. And Yet There Could Be Love
9. Postlude
Freddie Hubbard (tp)
Junior Cook (ts)
Kenny Barron (p)
Arif Mardin (org)
Ilhan Mimaroglu (Syn)
Art Booth (n)
Louis Hayes (ds)

1971/1/21 録音
 フレディ・ハバードは多くのアルバムを出していますが、その中でおそらく唯一の異色アルバムです。
 何が異色かっていうと、これはソンミ事件をテーマにしているからです。フレディのこんな感じのアルバムは他には知りません。ベトナム戦争の最中の1968年に米軍がソンミ村の村民109人を虐殺しました。ソンミ村の大虐殺事件です。これをテーマにしているため普通のジャズではありません。
 こういうものを題材にして発表するのはいいことなんでしょうけど、音楽ってのは思想や宗教や事件が入ってくるとつまらなくなるのが常というもんです。最初からそういうミュージシャンならいいんですが、すばらしいジャズミュージシャンがわざわざこんなもん作らんでもいいと思うんですけど。
 いつものハバードはどこにいったんでしょうか。いい曲を書いているハバードはどこにいったんでしょうか。
 ちなみにこれはレコードなんですが、CDでは「Echoes Of Blue」というレコードとの2枚が一緒になっているようです。「Echoes Of Blue」は普通のジャズのアルバムです。ハバードはどうしてもこの「ソンミの歌」を売りたいんでしょうか。
Crossings / Herbie Hancock
1. Sleeping Giant
2. Quasar
3. Water Torture
Herbie Hancock (p, ep)
Eddie Henderson (tp, flh, per)
Julian Priester (tp, per,)
Bennie Maupin (sax)
Buster Williams (b, eb)
Billy Hart (ds, per)
Scott Beach (vo)
Victor Domagalski (vo)
Patrick Gleeson (syn)
Delta Horne (vo)
Candy Love (vo)
Victor Pantoja (conga)
Victor Pontoja (conga)
Sandra Stevens (vo)

1971/12 録音
 これはハービーの暗黒時代の一作品といわれています。私もそう思います。有名なアルバムではありません。ハービーはこの後、大ヒット作「ヘッド・ハンターズ」を発表します。この「クロッシング」を褒めたたえている人もいますが、どうかしてます。「ヘッド・ハンターズ」と聞き比べてみろっていうんです。
 曲がどれもよくわかりません。1曲目、25分です。聴いてられません。
 この作品、おそらくは「ビッチェス・ブリュー」の影響だと思われます。ハービーがもしこの路線で突っ走っていったら終わっていたでしょうね。というか、こんなのからよく「Head Hunters」になったもんです。
 ハービーの暗黒時代といわれるアルバムはこの「クロッシング」と、この前の「ムワンデシ」、後の「セクスタント」の3作品です。他の2つは私はちらっとしか聴いたことがありませんが、やはりおもしろくありません。「ムワンデシ」の前はブルーノートの「プリズナー」です。なんでこうも違うんでしょう。
 ちなみにこの暗黒時代の3作品はすべてレコード会社がワーナーです。「ヘッドハンターズ」はコロンビアです。「プリズナー」までのハービーのリーダー作はブルーノートです。・・・ワーナーさん、御苦労様です。
The Third World / Herbie Nichols
1. The Third World
2. Step Tempest
3. Blue Chopsticks
4. Cro-Magnon Nights
5. 2300 Skidoo
6. Shuffle Montgomery
7. The Gig
8. Hangover Triangle
9. Lady Sings the Blues
10. House Party Starting
11. Sunday Stroll
12. Terpsichore
13. Riff Primitif
14. The Spinning Song
Harbie NIchols (p)
Al Mckibbon (b)
Teddy Kotick (b)
Art Blakey (ds)
Max Roach (ds)

1955/5/6〜1956/4/19 録音
 このピアニストを知っている人がどれくらいいるでしょうか。「不遇なピアニスト、ハービー・ニコルス」。何を見てもそう書いてあります。ハービー・ニコルスはほとんどアルバムがありません。私は本でハービー・ニコルスがセロニアス・モンクに似ていると書いてあったので買ってみました。よくモンクと比較されているようです。またハービー・ニコルスは批評家によっては非常に高く評価されています。ピアニストでも高く評価している人もいます。といってもごく少人数ですが。
 1曲目ですが、ミディアムファーストぐらいの4ビートの曲です。しかし私はコードチェンジが全然おもしろくありません。ソロも私にとっては全然おもしろくない。途中ハービー・ニコルスは場所を間違えています。自分の曲ぢゃろが・・・。この曲はキーがCなんですが、後テーマの最後、なぜかピアノ1人だけ低いFの音で終わっています。とても中途半端な終わり方です。何を考えているのかよくわかりません。
 まあ後もだいたいこんな感じです。9曲目の「レディ・シングス・ザ・ブルース」はビリー・ホリデイが詞を付けて有名になった曲ですが、私は好きではありません。
 セロニアス・モンクは「孤高のピアニスト」といわれますが、真の孤高のピアニストはハービー・ニコルスじゃないでしょうか。
Total Response / Horace Silver
1. Acid,Pot Or Pills
2. What Kind Of Animal Am I?
3. Won't You Open Up Your Senses
4. I've Had A Little Talk
5. Soul Serchin'
6. Big Business
7. I'm Aware Of The Animal Within Me
8. Old Mother Nature Calls
9. Total Response
Horace Silver (ep)
Cecil Bridgewater (tp,flh)
Harold Vick (ts)
Richie Resnicoff (g)
Bob Cranshaw (eb)
Mickey Roker (ds)
Salome Bay
Andy Bay(vo)

1971/1/29, 1971/11/15 録音
 ホレス・シルバーはファンキージャズの元祖です。ファンキージャズをやらなければなりません。ファンキーだからホレス・シルバーなのです。
 「ホレス・シルバー・トリオ」「ホレス・シルバー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズ」「ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ」「ホレス・スコープ」「ソング・フォー・マイ・ファーザー」などは全部ブルーノートから出ているものです。すばらしいアルバムばかりです。ホレスはブルーノートのピアニストの第一人者だったのです。しかしブルーノートのホレス・シルバーはファンキージャズだけではありませんでした。ブルーノートの全アルバムリストを見ると4300番台から変なアルバムがいくつか書いてあります。
 どうやら1960年代終わりあたりからホレス・シルバーは変わったようです。自分の思想を音楽に入れるようになりました。もちろんミュージシャンとして思想を曲で表現するのは構いません。しかし、音楽というものは思想や宗教などが入れば入るほどつまらなくなるのが常というものです。
 この「トータル・レスポンス」というアルバムは「人心連合」という3部作の2作目のものです。なぜかCDではこの2作目しか発売されていません。1作目と3作目の内容は私は知りません。「人心連合」・・・いったい何なんでしょうか。それまでのファンキーなホレスはどこへ行ったんでしょうか。このジャケットの表情は・・・ホレスはどうしたんでしょうか。
 ホレス・シルバーの中では異色の作品です。内容はといえば、ジャズ・ロックだかフュージョンだかソウルだかのなり損ないのようなもんです。全編ボーカルがフィーチュアされています。ソウル系のミュージシャンには結構評価されているようですが、ジャズ屋としてはこれはいただけません。これはホレスではありません。
 ホレスはこの後ブルーノートにいくつかのアルバムを残してしばらく活動停止します。そしてだいぶたってからファンキージャズで復活しました。そう、それでこそホレスです。やっぱりホレスはファンキーでなければなりません。
Infinity /John Coltrane
1. Peace on Earth
2. Living Space
3. Joy
4. Leo
John Coltrane (ts)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Elvin Jones (ds)
Alice Coltrane (p, org, harp, vib, tamboura, tympani)
Charlie Haden (b)
他 (strings)

1965/6/16、? 録音
 ジョン・コルトレーンは私が高校時代から好きだったテナー奏者です。とにかく好きでレコードもたくさん買いました。CDもたくさん買いました。発売されているCDの大部分は持っています。コルトレーンは大きく分けてプレスティッジ時代、アトランティック時代、インパルス時代となりますが、私は個人的にはインパルス時代のフリージャズの前までが一番好きです。「アフリカ・ブラス」から「トランジション」までです。いや、どの時代もコルトレーンはすばらしいです。フリーも含めて。
 これだけ好きなコルトレーンの中で唯一嫌いなアルバムがこの「インフィニティ」です。これは正確にはコルトレーンの純粋な演奏ではありません。アリス・コルトレーンが勝手に後からオーバーダビングしたアルバムです。だから嫌いなのです。アリス・コルトレーンの名義なら別にいいんですけどジョン・コルトレーンの名義になっているから困ったもんです。
 私はアリス・コルトレーンの演奏はよくわかりません。昔はバップをやってらしいですが、少なくとも後期コルトレーンの演奏ではそういう感じに聞こえるものは1枚もありません。リーダーで発売されているものは宇宙音楽ばかりで買う気にもなりません。
 内容はというと、どの曲も変なイントロが付け足されて、演奏時間が引き延ばされて、間にアリスのわけのわからんピアノやハープやビブラフォンやオルガンなどのソロが入っています。またストリングスがフリーしてます。実に気持ち悪い演奏です。
 このアルバムはコルトレーンの死語に発表されたものなので、コルトレーン本人の意図に関係なくアリスが好き勝手にいじくって発売したものです。それを「ジョン・コルトレーン」の名義で発売するとはどういうことなんでしょう。
 この4曲はすべて後からオリジナルの演奏が出たので比較できるようになりました。アリスは元の演奏のよさがまるでわかっていません。いくら旦那とはいえ、やっていいことと悪いことがあります。どうでもいいミュージシャンならいいんですけど、なにせ偉大すぎるコルトレーンですからね。自分の表現したいことは自分のアルバムでやればいいんです。
How Long Has This Been Going On? / Sarah Vaughan
1. I've Got the World on a String
2. Midnight Sun
3. How Long Has This Been Going On?
4. You're Blase
5. Easy Living
6. More Than You Know
7. My Old Flame
8. Teach Me Tonight
9. Body and Soul
10. When Your Lover Has Gone
Sarah Vaughan (vo)
Oscar Peterson (p)
Joe Pass (g)
Ray Brown (b)
Louie Bellson (ds)


1978/4/25 録音
 偉大なジャズ・ボーカリストなんでしょうけどね。わからんではないですが、私は好きになれません。なぜかって、女性ボーカリストとは思えないからです。オカマみたいっす。どうしても好きになれない。
 これ、たぶん名盤でしょう。バックもピーターソンがやっています。ピーターソンがバックをやっているボーカルのアルバムはあまり数はありませんが、出ているものはどれもすばらしい演奏ばかりです。エラとのデュオなんか最高です。
 このアルバムもピータンソンがバックだから買ってみたんですが、やはり私はいただけませんでした。
Sonny Rollins Plus Four / Sonny Rollins
1. Valse Hot
2. Kiss and Run
3. I Feel a Song Coming On
4. Count Your Blessings
5. Pent-Up House
Sonny Rollins (ts)
Clifford Brown (tp)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)
Richard Powell (b)
Max Roach (ds)

1956/3/22 録音
 これ、名盤でしょう。でも私はあまり好きではありません。演奏内容は別に悪いとは思いません。メンバーもいいのが集まってます。
 1曲目の「バルス・ホット」と5曲目の「ペント・アップ・ハウス」は日本人もよく演奏する有名な曲です。これが私はあまり好きでないのです。だからなんですね。ロリンズの有名な曲であまり好きでない曲はこの2曲だけです。



アルバム目次 トップ