じみたの歴史

1994年(28歳~29歳)

フォント
1994年1月7日(金)
<熊谷 高級クラブ エルビンゴ>
「ケビン・ブラッドリー グループ」
久保田浩(p) 本多順一郎(eb) ケビン・ブラッドリー(ds)
※初共演:本多順一郎(eb)

1994年1月11日(火)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 松本英之(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

1994年1月15日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
福永綾子(vo) 佐野宏(vib) 井口健一(ts) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

1994年1月20日(木)
<熊谷 高級クラブ エルビンゴ>
「ケビン・ブラッドリー グループ」
久保田浩(p) ザック(eb) ケビン・ブラッドリー(ds)
※初共演:ザック(eb)

1994年1月29日(土)
<新横浜 フジビューホテル>
「牧野幸文 結婚披露宴」
(セガ・サウンド同期)
久保田浩(p) 重田和之(b)

<関内 Replay Jr.>
「二次会」
久保田浩(p) 村崎弘史(eb) 藤島一哉(ds)

1994年1月31日(月)
☆セガ退職

1994年2月4日(金)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+スパークル・シャーリーズ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)
※初共演:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

1994年2月15日(火)
<西麻布 ウッディベル>
「久保田浩 グループ」
久保田浩(p) 村崎弘史(eb) 西尾研一(ds)

1994年3月2日(水)
☆会津若松へ旅行
※法政ニューオレの人たちと
岡崎正典(ts) 清水正義(bS) 久保田浩(p) 中西啓二郎(ds)

1994年3月2日(水)
☆セッション参加
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
山中良之(ts) 吉田桂一(p)
※会津若松から帰って三保千春ちゃんと

1994年3月11日(金)
☆セッション参加 (深夜)
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
吉原洋一(p) 香川裕史(b) 井川晃(ds)
※マンハッタンの深夜セッションに初参加

1994年3月22日(火)
☆追悼セッション
<高田馬場 イントロ>
早稲田ハイソのベース仁科くん
※自殺した後輩

1994年3月23日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
池野弘美(vo) 久保田浩(p) 長谷川泰弘(b) 諸田富男(ds)

1994年3月26日(土)
<新宿 J>
「ジャムセッション ホスト」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
※初共演:平麻美子(vo)

1994年3月27日(日)
☆軍司さん 結婚式二次会
(理科大ジャズ研先輩)
<関内 Replay Jr.>

1994年3月30日(水)
<千葉 ブラックセイント>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

1994年4月
☆潰瘍性大腸炎の再燃 1回目

1994年4月3日(日)
<場所?>
「波多野"Payapa"素子 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研後輩)
久保田浩(p) 志村洋一(b)

1994年4月9日(土)
<麹町会館>
「加瀬由美 結婚披露宴」
(諸田さん関係)
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

1994年4月16日(土)
<銀座 リストランテ ポストファーロ>
「結婚式二次会」
(理科大ジャズ研同期 学(まなぶ)関係)
Eve(tp) じみた(p) φ(フェイ)(b) まなぶ(ds)

1994年4月23日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+Marica」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) Marica(vo)
※初共演:Marica(vo)

1994年5月1日(日)~2日(月)
☆法政ニューオレの合宿に遊びに行く(岩井海岸)

1994年5月4日(水)、5日(木)
<吉祥寺 特設ステージ>
「吉祥寺音楽祭」

4日(水)
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

5日(木)
「諸田富男 六重奏団+スパークル・シャーリーズ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

1994年5月8日(日)
<半蔵門 東條会館>
「結婚披露宴」
(理科大ジャズ研後輩 大道寺の姉)
久保田浩(ep) 竹田直哉(vib) 長谷川泰弘(b)

1994年5月15日(日)
<青山 青学会館>
「健太郎 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研同期)
じみた(p) φ(フェイ)(b)

1994年5月21日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+Marica」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds) Marica(vo)
※初共演:小川高生(as)

1994年5月28日(土)
<吉祥寺 特設ステージ>
「仕事演奏」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

1994年5月28日(土)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 野村潤(ts) 久保田浩(p) 重田和之(b) 菊池倫三(ds)
※初共演:菊池倫三(ds)

1994年5月29日(日)
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
「井出正行 グループ」
池野弘美(vo) 井出正行(b) 久保田浩(p) 鈴木直勝(ds)
※初共演:井出正行(b) 鈴木直勝(ds)
※マンハッタンの井出正行グループ開始
※マンハッタンに初出演

1994年6月17日(金)
<場所?>
「寺田実サッカークラブのパーティ」
(新宿Jの幸田さん関係)
「バードマン幸田 グループ」
バードマン幸田(as, ss) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 竹内まゆみ(ds)
※俳優の寺田実さん

1994年6月18日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+佐々木君恵」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 佐々木君恵(vo)
※初共演:佐々木君恵(vo)

1994年6月19日(日)
<新宿 箪笥会館>
「新宿フェスティバル」
「バードマン幸田 グループ」
しばたあゆみ(vo) バードマン幸田(as, ss) 伊藤陸男(tp) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 竹内まゆみ(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)
※初共演:しばたあゆみ(vo) 伊藤陸男(tp)
※1500万円のピアノのこけら落とし

1994年7月5日(火)
☆諸田バンドで横浜のコンテストのために録音
<若松さんの家>
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
※落ちる、仕方なし

1994年7月8日(金)
☆学バンセッション
<東大ジャズ研>
大橋哲(tp) 松本英之(as) 久保田浩(p)
※初共演:大橋哲(tp)

1994年7月10日(日)
☆畔柳直之・三浦桃子 結婚式二次会
<新宿 J>

1994年7月15日(金)
<西麻布 ウッディベル>
「大亦ゆみ子 グループ」
大亦ゆみ子(vo) 久保田浩(p) 柴田良宏(b) 諸田富男(ds)
※初共演:柴田良宏(b)

1994年7月17日(日)
<花小金井 アサダ楽器>
「楽器フェア」
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 片岡雄三(tb) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
※初共演:片岡雄三(tb)

1994年7月19日(火)
<吉祥寺 特設ステージ>
「吉祥寺祭り」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

☆鏡剛 結婚披露パーティ
<市川 りぶる>

1994年7月22日(金)
☆銀座のクラビクラへ遊びに行く
佐藤修弘(p) 川端民生(b) 渡辺文男(ds)
※理科大ジャズ研大先輩のピアニスト佐藤修弘さんの店

1994年7月30日(土)
<早稲田 リーガロイヤルホテル>
「学(まなぶ) 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研同期)
じみた(p)φ(フェイ)(b)

<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 鏡剛(ds)

1994年8月7日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 佐々木悌二(b) 諸田富男(b) 他(vo)
※初共演:佐野亜利亜(vo)
※メルツェンでヴォーカルライブ開始

1994年8月21日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
高瀬龍一(tp) 窪井重吉(as) 久保田浩(p) 柴田喜久(b) 小泉源一郎(ds)
※初共演:高瀬龍一(tp)

1994年8月26日(金)
☆内田さんのスタジオセッション
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 重田和之(b) 内田修一(ds)
※内田セッション開始

1994年8月27日(土)
<千歳烏山 J MOOD>
「諸田富男 グループ」
清水あすか(vo) 小泉清人(g) 久保田浩(p) 稲垣護(b) 諸田富男(ds)
※初共演:清水あすか(vo) 稲垣護(b)

1994
☆教則ビデオ制作
※コードで弾くなるほどジャズピアノ入門

1994年9月3日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
村瀬由衣(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 井口健一(ts) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)
※初共演:村瀬由衣(vo)

1994年9月17日(土)
<八王子 BASH!>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

1994年9月24日(土)
<千歳烏山 J MOOD>
「豊田"ナバロ"晃 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小泉清人(b) 久保田浩(p) 佐藤"ハチ"恭彦(b) 諸田富男(ds)

1994年9月28日(水)
☆幡ヶ谷のレストラン「スタンダーズ」へ遊びに行く
※インドカレー

1994年10月1日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
広瀬麻美(vo) 井口健一(ts)久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)
※初共演:広瀬麻美(vo)

1994年10月3日(月)
☆ライブ観賞
<青山 ブルーノート>
「マッコイ・タイナー トリオ」
マッコイ・タイナー(p) エイブリー・シャープ(b) アーロン・スコット(ds)

1994年10月5日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 鏡剛(ds)

1994年10月7日(金)
<西麻布 ウッディベル>
「Joy田村 バースデイライブ」
Joy田村(vo) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

1994年10月8日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+広瀬麻美」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 広瀬麻美(vo)

1994年10月15日(土)~16日(日)
☆会津若松へ旅行

1994年10月17日(月)
<銀座 シグナス>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 大角一飛(b) 諸田富男(ds) 他(vo)

1994年10月23日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 飯田雅春(b) 鏡剛(ds) 他(vo)
※初共演:飯田雅春(b)

1994年10月28日(金)
<三鷹 カフェマグノリア>
「佐野宏 グループ」
佐野宏(vib) 久保田浩(p) 大多康之(b)
※カフェマグノリアに初出演

1994年10月29日(土)
<大宮 アコースティックハウス・ジャム>
「パーティ」
冨田久美(vo) 久保田浩(p) 藤田耕平(b)
※初共演:冨田久美(vo)

1994年10月30日(日)
<相模大野 居酒屋 新選組>
久保田浩(p) 永塚博之(b)
※初共演:永塚博之(b)

1994年11月3日(木)
☆理科大ジャズ研コンサートに出演
「大橋明 Love&Peace>
小林(tp) 林(g) じみた(p) 大橋(b) 西尾研一(ds)

☆学芸大学の学祭に出演
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
※初共演:池田潔(b)

1994年11月4日(金)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds) 宮園ゆかり(vo)
※初共演:宮園ゆかり(vo)

1994年11月6日(日)
☆清里ドライブ with 畔柳直之・桃子 夫妻

1994年11月10日(木)
<御茶ノ水 1933サニーサイド>
「久保田浩 デュオ」
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b)
※1933サニーサイドの久保田浩デュオ開始

1994年11月13日(日)
☆理科大ジャズ研のOB会
<御茶ノ水 NARU>

1994年11月18日(金)
<新宿 DOKIDOKI>
「ケーキバイキング」
久保田浩(p)
※1人も来ず

1994年11月26日(土)
<新宿 J>(深夜)
「ジャムセッション ホスト」
久保田浩(p) 重田和之(b)
※Jの深夜のジャムセッションホスト開始

1994年11月29日(火)
<新宿 DOKIDOKI>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

1994年12月3日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
六角幸生(vo) 井口健一(ts)久保田浩(p) 磯部英貴(b) 西尾研一(ds)
※初共演:六角幸生(vo)

1994年12月6日(火)
<大宮 アコースティックハウス・ジャム>
「冨田久美 デュオ」
冨田久美(vo) 久保田浩(p)
※アコースティックハウスジャムの冨田久美デュオ開始

1994年12月8日(木)
<吉祥寺?東急イン>
「吉祥寺ロータリークラブ」
「諸田富男 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

1994年12月10日(土)
<国立 障害者センター>
「クリスマス会」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 林正男(b) 諸田富男(ds)

1994年12月14日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 久保田浩(p) 安ヵ川大樹(b) 諸田富男(ds)

1994年12月17日(土)
<武蔵野市立 井之頭小学校>
「音楽鑑賞会」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

1994年12月18日(日)
<羽田空港>
「クリスマスBGM」
矢島(ds) ?(g) 久保田浩(p) ?(eb)

1994年12月18日(日)
<立川 居酒屋 新選組>
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b)
※楽しい音楽とは何か?

1994年12月21日(水)
<吉祥寺?東急イン>
「吉祥寺ライオンズクラブ」
「諸田富男 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

1994年12月24日(土)
<新宿 J>
「クリスマススペシャルライブ」
「早稲田ダンモOBバンド」
?(vo) 伊藤陸男(tp) バードマン幸田(as, ss) 久保田浩(p) 佐々木良廣(b) 小西勝(ds)
※初共演:佐々木良廣(b) 小西勝(ds)

1994年12月26日(月)
<新宿 J>
「久保田浩 グループ」
平麻美子(Vo) 岡崎好朗(tp) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 井川晃(ds)
※初共演:岡崎好朗(tp)
※Jで久保田浩グループ開始

1994年12月31日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+宮園ゆかり」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 宮園ゆかり(vo)




上記以外のライブや仕事です。

<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
「井出正行 グループ」
池野弘美(vo) 久保田浩(p) 井出正行(b) 鈴木直勝(ds)

<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 長谷川泰弘(b) 塩田哲嗣(b) 諸田富男(ds) 西尾研一(ds)

<銀座 シグナス>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
小川高生(as) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 林正男(b) 諸田富男(ds)

<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+Marica」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) Marica(vo)

<西麻布 ウッディベル>
「ヴォーカルバック」
久保田浩(p) 大坪寛彦(b) 柴田良宏(b) 諸田富男(ds)

<八王子 BASH!>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 佐野宏(vib) 井口健一(ts) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 脇義典(b) 諸田富男(ds) 西尾研一(ds) 菊池倫三(ds)
池野弘美(vo) 片山ふくみ(vo) 福永綾子(vo)

<熊谷 高級クラブ エルビンゴ>
「ケビン・ブラッドリー グループ」
久保田浩(p) 篠宏昌(eb) ザック(eb) ケビン・ブラッドリー(ds)

<千葉 ブラックセイント>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

<居酒屋 新選組>
<相模大野 国分寺 立川店>
「ピアノデュオ」
久保田浩(p) 重田和之(b) 志村洋一(b)




1994年1月7日(金)
<熊谷 高級クラブ エルビンゴ>
「ケビン・ブラッドリー グループ」
久保田浩(p) 本多順一郎(eb) ケビン・ブラッドリー(ds)

※初共演:本多順一郎(eb)

 ベースの本多順一郎さんと初めて一緒に演奏しました。この年から「エルビンゴ」はジャズではなくフュージョン演奏になり、ベースはエレベーになります。この日は本田さんでしたが、ベースは篠宏昌さんの時が多かったです。

 また、これがこの年の最初のライブでした。


1994年1月11日(火)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 松本英之(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 新宿「J」での諸田バンドに、アルトの松本くんを入れて演奏しました。


1994年1月15日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
福永綾子(vo) 佐野宏(vib) 井口健一(ts) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

 井口バンドで、ライブ&新年会ジャムセッションを行ないました。理科大ジャズ研のOBの人たちが来ました。


1994年1月20日(木)
<熊谷 高級クラブ エルビンゴ>
「ケビン・ブラッドリー グループ」
久保田浩(p) ザック(eb) ケビン・ブラッドリー(ds)

※初共演:ザック(eb)

 ベースのザックと初めて一緒に演奏しました。姓がわかりません。白人のエレベーです。ジャズはできません。フュージョンしかできません。


1994年1月29日(土)
<新横浜 フジビューホテル>
「牧野幸文 結婚披露宴」
(セガ・サウンド同期)
久保田浩(p) 重田和之(b)

<関内 Replay Jr.>
「二次会」
久保田浩(p) 村崎弘史(eb) 藤島一哉(ds)

 セガ・サウンドの同期の牧野くんの結婚披露宴があり、バックの演奏を行ないました。場所は新横浜の「フジビューホテル」でした。

 ベーシストと同じ名前の重田さんという方がいましたね。

 二次会は関内のライブハウス「Replay Jr.」で行なわれました。このメンバーはセガの社員です。ジャズを演奏できる人がいました。

 私と同期のドラムの牧野くんは・・・分社で社長になっちゃいましたね。御苦労様です。もし私が会社やめてなかったら、私はどうなってたんでしょう?


1994年1月31日(月)
☆セガ退職

 セガを退職しました。実は「やめる宣言」をしたのはこれより1年半近く前です。なんだかんだと、だらだら仕事をしていました。約5年間いましたね。正確には4年と10ヶ月でした。

 私は周りにはあまり表だってやめると言いませんでした。もちろん周りはやめることは知ってましたが、この日だとは知らなかった人もいたようです。

  「あれ?明日から来ないんですか?」

来ません。

  「えー?そうなんですか?」

そのとおりです。私は大々的にお別れ会なんかされるのは嫌いです。静かに立ち去ります。まあでも一応、この日はサウンドにいたかなりの人たちと飲みに行きましたけどね。

 明日から夢の、

  プータロー生活

が始まります。うれしいな・・・金がなくなるけど。


1994年2月4日(金)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+スパークル・シャーリーズ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

※初共演:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

 新宿「J」での諸田バンドに、スパークル・シャーリーズを入れて演奏しました。初めて一緒に演奏しました。3人の女性ヴォーカルグループです。とても明るいおもしろい3人組です。


1994年2月15日(火)
<西麻布 ウッディベル>
「久保田浩 グループ」
久保田浩(p) 村崎弘史(eb) 西尾研一(ds)

 西麻布の「ウッディベル」で自分名義のライブを行ないました。ベースの村崎さんはセガの人です。


1994年3月2日(水)
☆会津若松へ旅行
※法政ニューオレの人たちと
岡崎正典(ts) 清水正義(bS) 久保田浩(p) 中西啓二郎(ds)

 法政ニューオレの人たちで、会津若松に住んでいる後輩のテナーの小澤くんの家に遊びに行きました。

 2月26日にニューオレのリサイタルがあり、打ち上げがありました。そして私が座っていたあたりの人で、小澤君の家でも遊びに行こうか、という話になりました。そしてそこにいた4人で行こうということになりました。たったそれだけです。他の人は知りません。たまたまそこにいた人たちだけです。そして小澤くんに電話すると早速OK。これで決まってしまいました。4日後のこの日、会津若松へ行くことになりました。まったく計画も何もありゃしない。
 このメンバー、考えるとメチャクチャです。別に仲が悪いとかじゃありません。でもこの4人の仲が特によかったわけでもないし、このメンバーでバンドやってたわけじゃないし、学年からいっても清水さんは私の1つ上、中西くんは3つ下、岡崎君は7つ下、バラバラです。ちなみに清水さんは私が入部した時はOBでした。いや~、打ち上げのたったあの状況だけで旅行が決まってしまうとは思いませんでした。

 岡崎くんのハイエースで行きました。会津若松ではライブハウスにセッションしに行きました。喜多方ラーメンも食べました。


1994年3月2日(水)
☆セッション参加
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
山中良之(ts) 吉田桂一(p)

※会津若松から帰って三保千春ちゃんと

 会津若松から帰ってきて、そのまま阿佐ヶ谷の「マンハッタン」のセッションに行きました。

 三保千春ちゃんと行きました。彼女にこのお店で歌ってほしかったからです。

 またこの日、ピアノの吉田桂一さんの演奏を初めて聴きました。


1994年3月11日(金)
☆セッション参加 (深夜)
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
吉原洋一(p) 香川裕史(b) 井川晃(ds)

※マンハッタンの深夜セッションに初参加

 阿佐ヶ谷のライブハウス「マンハッタン」の深夜の部のセッションに初めて行きました。ピアノの吉原さんとベースの香川さんは初めてです。


1994年3月22日(火)
☆追悼セッション
<高田馬場 イントロ>
早稲田ハイソのベース仁科くん

※自殺した後輩

 この記事は、今後このような出来事が起きないように、敢えて残しておきます。

 後輩が自殺してしまいました。早稲田ハイソのベース、仁科(にしな)くんです。

 私は、法政ニューオレで3つ下の後輩のベースの小野寺浩くんとバンドを組んでいました。彼のバンドは大井町の「JAM BOX」というスタジオでよく練習をしていました。小野寺くんは大学5年目のときには早稲田ハイソのベースをやっていました。そういうこともあって、小野寺くんは、早稲田ハイソで後輩にあたる仁科くんをよくスタジオに連れてきました。それで私も仁科くんとは仲良くなりました。セッションもしました。私は早稲田祭にも遊びに行ってたので、そこでも会ってました。

 仁科くんはとても真面目な人でした。スタジオの練習で曲が終わって休憩をとろうとするとすぐ、「ジュースは何がいいですか?」と言ってきます。いつだったか、何か飲みたいなと思っていたら、「もう買ってあります。」と。いくらだいぶ下の後輩といってもそこまですることはありません。ボーヤやマネージャとしてはとても優秀な人間でした。そして彼は3年生の時に早稲田ハイソのマネージャになりました。

 学生ビッグバンドはだいたいどこも年1回リサイタルがあります。年度の終わりの2月や3月にやるところが多いです。早稲田のハイソもそうです。リサイタルはかなり大きなホールで行ないます。法政ニューオレなんかも、有楽町の読売ホールや新橋のヤクルトホールなど、だいたいキャパ1000人ぐらいの大ホールで行ないます。こういうホールは何ヶ月も前、人気のあるホールなら1年ぐらい前から予約をしなければなりません。マネージャがホールを予約します。

 どういう事情だかは私は知りません。仁科くんはホールの予約をしていなかったのです。これは私は後から聞きました。彼がホールの予約をしていなかったことで、リサイタルの時期近くになってどういう行動をとっていたのかは私は知りません。「まずい。どうしよう。」と思ったであろうことは想像できます。

 ある日、小野寺くんから電話がかかってきました。

  「あの~・・・」

  「実はですね・・・」

  「報告しなきゃいけない事が
   あるんですど・・・」

  「ホントの話なんですけど・・・」

小野寺くんというのは、いつもはとても明るい人です。このときはやけに声が暗かったので、何かあるとは思いました。しかし、まさかこんな話をされるとは・・・冬の寒い時期です。ある日、東京都の西にある奥多摩湖の近くの林の中で、彼は凍死状態で発見されたそうです。

 たかが学生バンドですよ。大ホールとってなかったんなら、小さいところだっていいじゃないですか。次年度になったっていいじゃないですか。なけりゃないでいいじゃないですか。たったそれだけのことで・・・

 私は彼がとても真面目なのはよく知ってました。しかし彼は・・・真面目過ぎたんでしょうね。


1994年3月23日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
池野弘美(vo) 久保田浩(p) 長谷川泰弘(b) 諸田富男(ds)

 八王子の「BASH!」に、このメンバーで出演しました。


1994年3月26日(土)
<新宿 J>
「ジャムセッション ホスト」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

※初共演:平麻美子(vo)

 新宿「J」のセッションリーダーバンドをやりました。この日、ヴォーカルの平麻美子さんが遊びに来ました。


1994年3月27日(日)
☆軍司さん 結婚式二次会
(理科大ジャズ研先輩)
<関内 Replay Jr.>

 理科大ジャズ研で1つ上の先輩、ベースの川又さん、通称「軍司」さんの結婚式二次会がありました。場所は関内のライブハウス「Replay Jr.」でした。この時は私は演奏していません。


1994年3月30日(水)
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

 千葉の京成大久保のライブハウス「ブラックセイント」に、諸田バンドで出演しました。


1994年4月
☆潰瘍性大腸炎の再燃 1回目

 前年度中には症状がなくなった潰瘍性大腸炎が復活してしまいました。

 この年の理科大ジャズ研の春合宿に行ったとき、下痢ではありませんでしたがトイレ回数が多くなりました。それは特に気にしていませんでした。この頃はそれよりアトピーの方が気になっていました。

 4月の中旬ぐらいからまた少しずつ下痢になっていき、ついに下血が始まりました。ああ、またです。間違いありません。

 5月の初旬に病院へ行きました。朝行きました。そして潰瘍性大腸炎だというと、

 「ものは相談ですが、今日大腸内視鏡検査できません?」

大腸カメラはだいたい前日から前処理が何かしらあります。当日は腸管洗浄剤という「下剤×100」のようなポカリスエットが腐ったような2リットルの液体を飲まされます。検査よりもこれがいやな人もたくさんいます。まあどうせやるんだし、今日できるっていうんであればさっさとやったほうがよい、ということでやってもらうことにしました。

 午後早速この「腐ったポカリ」を飲まされます。そしてカメラです。もうカメラも2回やっていましたが、やっぱり痛いです。痛み止めの注射や麻薬はありませんでした。そして間違いなく潰瘍性大腸炎であろうとのこと。後日組織検査して確定です。

 またステロイド剤を飲み始めました。そしてよくなっていきました。症状が完全になくなったのはこの年の末だったと思います。

 それから5年と数ヶ月間は再燃しませんでした。何を食べてもいくら酒を飲んでも再燃しませんでした。


1994年4月3日(日)
<場所?>
「波多野"Payapa"素子 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研後輩)
久保田浩(p) 志村洋一(b)

 理科大ジャズ研で1つ下の後輩、ヴォーカルのPayapaの結婚披露宴があり、バックの演奏を行ないました。


1994年4月9日(土)
<麹町会館>
「加瀬由美 結婚披露宴」
(諸田さん関係)
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 お友達の「フーリッシュ加瀬」・・・言っていいのかな?・・・こと加瀬由美ちゃんの結婚披露宴があり、諸田さんのグループでバックの演奏を行ないました。場所は麹町会館でした。体がでかかったですね。170CMありましたね。横幅も・・・まあまあって感じでしたね。おめっとさんです。


1994年4月16日(土)
<銀座 リストランテ ポストファーロ>
「結婚式二次会」
(理科大ジャズ研同期 学(まなぶ)関係)
Eve(tp) じみた(p) φ(フェイ)(b) まなぶ(ds)

 理科大ジャズ研同期の学に誘われて、結婚式二次会の演奏を行ないました。場所は銀座の「リストランテ ポストファーロ」でした。


1994年4月23日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+Marica」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) Marica(vo)

※初共演:Marica(vo)

 ヴォーカルのMaricaさんと初めて一緒に演奏しました。


1994年5月1日(日)~2日(月)
☆法政ニューオレの合宿に遊びに行く(岩井海岸)

 法政ニューオレの合宿に遊びに行きました。場所は千葉の南の岩井海岸にある「三富荘」でした。


1994年5月4日(水)、5日(木)
<吉祥寺 特設ステージ>
「吉祥寺音楽祭」

4日(水)
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

5日(木)
「諸田富男 六重奏団+スパークル・シャーリーズ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

 諸田バンドで、吉祥寺音楽祭に出演しました。


1994年5月8日(日)
<半蔵門 東條会館>
「結婚披露宴」
(理科大ジャズ研後輩 大道寺の姉)
久保田浩(ep) 竹田直哉(vib) 長谷川泰弘(b)

 理科大ジャズ研の後輩の大道寺(現:山野、山野順一郎婦人)のお姉さんの結婚披露宴があり、バックの演奏を行ないました。場所は半蔵門の「東條会館」でした。

 ビブラフォンの竹田くんから、

  「結婚式にバイブがあるってのは
   いいよ~。」
  「何かない?」

と言われていたんですが、やっと実現しましたね。確かにいいです。雰囲気がとてもいいです。


1994年5月15日(日)
<青山 青学会館>
「健太郎 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研同期)
じみた(p) φ(フェイ)(b)

 理科大ジャズ研の同期、ギターの健太郎の結婚披露宴があり、バックの演奏を行ないました。場所は青学会館でした。

 当日初めて打ち合わせをしましたね。この日、会場に行って初めて進行表を見せてもらいました。まあ、もう何回も披露宴はやっているから別にいいんですけどね。


1994年5月21日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+Marica」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds) Marica(vo)

※初共演:小川高生(as)

 諸田バンドにアルトの小川さんが参加しました。小川さんと初めて一緒に演奏しました。


1994年5月28日(土)
<吉祥寺 特設ステージ>
「仕事演奏」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 ドラムの諸田さんのリーダーで、吉祥寺のストリートで演奏しました。場所は伊勢丹近く「CITY Bank」前でした。本当のストリートではなく仕事です。


1994年5月28日(土)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 野村潤(ts) 久保田浩(p) 重田和之(b) 菊池倫三(ds)

※初共演:菊池倫三(ds)

 八王子の「BASH!」に、このメンバーで出演しました。

 そう、このライブはドラムを諸田さんにお願いしてたのに、後からできなくなったって断られたのです。事情ありで。ドラム探すのたいへんだったですよ(^^)。以前に野村潤ちゃんのバンドにいた菊池くんにやってもらいました。


1994年5月29日(日)
<阿佐ヶ谷 マンハッタン>
「井出正行 グループ」
池野弘美(vo) 井出正行(b) 久保田浩(p) 鈴木直勝(ds)

※初共演:井出正行(b) 鈴木直勝(ds)
※マンハッタンの井出正行グループ開始
※マンハッタンに初出演

 ベースの井出さんに誘われて、井出バンドに参加することになりました。井出さんとはマンハッタンのセッションで会っていました。また、ドラムの直勝さんと初めて一緒に演奏しました。


1994年6月17日(金)
<場所?>
「寺田実サッカークラブのパーティ」
(新宿Jの幸田さん関係)
「バードマン幸田 グループ」
バードマン幸田(as, ss) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 竹内まゆみ(ds)
※俳優の寺田実さん

 俳優の寺田実さんのサッカークラブのパーティでの演奏を行ないました。

 寺田実さん、とても渋い方ですね。私はちょっと恐い人かと思ってましたけど、普通の方でした。とても丁寧な言葉で接してくれました。


1994年6月18日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+佐々木君恵」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 佐々木君恵(vo)

※初共演:佐々木君恵(vo)

 ヴォーカルの佐々木君恵さんと初めて一緒に演奏しました。名古屋だかどこだか関西のほうに住んでて帰れなくなるかとかで、3ステージ目はヴォーカルを先にやって、バンドだけの演奏が後になってしまいました。


1994年6月19日(日)
<新宿 箪笥会館>
「新宿フェスティバル」
「バードマン幸田 グループ」
しばたあゆみ(vo) バードマン幸田(as, ss) 伊藤陸男(tp) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 竹内まゆみ(ds)
スパークル・シャーリーズ:寒川孝子(vo) 市来文恵(vo) 小島薫(vo)

※初共演:しばたあゆみ(vo) 伊藤陸男(tp)
※1500万円のピアノのこけら落とし

 新宿の箪笥町にある箪笥会館のホールで演奏を行ないました。

 この日、このホールに新しいスタインウェイのピアノが入りました。価格は1500万円です。最高価格のものです。・・・そう、これを最初に弾いたのは私です。しかし役所っつーのは金持ってますね。少しはジャズ界に分けろ。


1994年7月5日(火)
☆諸田バンドで横浜のコンテストのために録音
<若松さんの家>
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)
※落ちる、仕方なし

 メンバーはこれです。

 なんだか横浜のジャズフェスでコンテストがあるというんで、応募してみるかということになりました。普通ならスタジオに入って録音するんでしょうが・・・。

 若松さんの家です。スタジオではありません。部屋ですねえ。志村さんがDaTを持ってきました。小さなステレオマイクも持ってきました。これを天井に付けてと・・・こんなんでいいんでしょうか?

 録音しました。聴きました。片方聞こえません・・・マイクの”L”がこわれているらしい・・・
 これで出してしまいました。おいおい・・・

 結果は、

  落第

今考えても落ちるようなメンバーではありません。まあこのバンドはライブするのが目的ですから、コンテストなんかどうでもいいっていえばどうでもいんですけどね。審査員の寸評にいろいろ文句が書いてありました。

 まあわたくし的にはちょっとうれしかったです。このコンテストの応募には指定の曲がありました。その指定の曲の中から1曲選ばなければなりませんでした。「Stella By Starlight」や「Softly As in A Morning Sunrize」がありました。いわゆるジャズのスタンダードです。その中に「On Green Dolphin Street」がありました。まあ普通にソロをだらだらとやるだけではおもしろくないので、私がアレンジをすることにしました。テーマ「A-B-A-B'」のAの部分を三拍子にアレンジしました。エンディングもちょっと付け足しました。このアレンジが寸評でことごとく誉められてました。まあ落ちたのは残念だけど私はこれがあったからよかったのですわ。バンドのみなさん、すんまへんね。

 しかし、諸田さん、最後までこのアレンジが「わかんねーよ」って言ってましたが。だから、1泊の長さは同じで3拍子になるか4拍子になるかだけの違いなんですって・・・といってもわかってくれませんでしたけど。そんなに難しいですかね。


1994年7月8日(金)
☆学バンセッション
<東大ジャズ研>
大橋哲(tp) 松本英之(as) 久保田浩(p)

※初共演:大橋哲(tp)

 東大のジャズ研にセッションをしに行きました。法政ニューオレで私の6つ下の後輩のトランペットの大橋くんや、アルトの松本くんがいました。大橋くんとはこのころからセッションするようになったと思います。


1994年7月10日(日)
☆畔柳直之・三浦桃子 結婚式二次会
<新宿 J>

 ドラムの畔柳(くろやなぎ)くんとヴォーカルの桃ちゃんの結婚式二次会が新宿の「J」であったので行きました。

仲人は諸田さんでした。諸田さんは結婚していません。1人仲人です。あとで写真を見せてもらいましたがおもしろかったですね。スモークの中に浮いてる仲人1人・・・よくそんな写真撮れましたね。

 畔柳くんと桃ちゃんの出会いの場には私もいました。これは諸田さんが企画した飲み会です。集団の飲み会ではありません。男は諸田さんと私とクロちゃんの3人、女はモモちゃんと松本洋子ちゃんという同じくヴォーカルの子の2人の、計5人だけの飲み会です。諸田さんが5人で飲もうよ、と言い出しました。私もクロちゃんもこの女の子2人のことは知りませんでした。諸田さんが連れてきたのです。吉祥寺の大鵬で飲みました。その後、電車で帰るんですが、吉祥寺の改札でクロちゃんがモモちゃんを追いかけているのは見ました。その後どうなったか知りません・・・家まで付いていったという話でしたが・・・。いつのまにか一緒になっていました。まったく、やりますねえ、クロちゃん。


1994年7月15日(金)
<西麻布 ウッディベル>
「大亦ゆみ子 グループ」
大亦ゆみ子(vo) 久保田浩(p) 柴田良宏(b) 諸田富男(ds)

※初共演:柴田良宏(b)

 ヴォーカルの大亦ちゃんのライブに誘われました。ベースの柴田良宏さんと初めて一緒に演奏しました。


1994年7月17日(日)
<花小金井 アサダ楽器>
「楽器フェア」
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 片岡雄三(tb) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

※初共演:片岡雄三(tb)

 諸田バンドで、諸田さんが勤めてたアサダ楽器のフェアで演奏を行ないました。トロンボーンの片岡くんと初めて一緒に演奏しました。


1994年7月19日(火) [1]
<吉祥寺 特設ステージ>
「吉祥寺祭り」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 苅田"$子"恭子(as) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 ドラムの諸田さんのリーダーで、吉祥寺祭りに出演しました。



1994年7月19日(火) [2]
☆鏡剛 結婚披露パーティ
<市川 りぶる>

 その後、ドラムの鏡くんの結婚披露パーティが市川のライブハウス「りぶる」であったので行きました。吉祥寺祭りの時間が終わってから行ったので、演奏時間は終わってました。


1994年7月22日(金)
☆銀座のクラビクラへ遊びに行く
佐藤修弘(p) 川端民生(b) 渡辺文男(ds)

※理科大ジャズ研大先輩のピアニスト佐藤修弘さんの店

 理科大ジャズ研の大先輩、ピアノの佐藤さんが経営している銀座の「クラビクラ」に、同じく先輩の井口さんや知り合いの日下部さん夫妻らと遊びに行きました。私も1曲飛び入りしました。


1994年7月30日(土) [1]
<早稲田 リーガロイヤルホテル>
「学(まなぶ) 結婚披露宴」
(理科大ジャズ研同期)
じみた(p)φ(フェイ)(b)

 理科大ジャズ研の同期で、ドラムの学まなぶの結婚披露宴が早稲田の「リーガロイヤルホテル」であり、バックの演奏を行ないました。二次会は翌日の7月31日(日) 青山の「Body&Soul」で行なわれました。



1994年7月30日(土) [2]
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 鏡剛(ds)

 その後に八王子の「BASH!」に、このメンバーで出演しました。


1994年8月7日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 佐々木悌二(b) 諸田富男(b) 他(vo)

※初共演:佐野亜利亜(vo)
※メルツェンでヴォーカルライブ開始

 阿佐ヶ谷の「アーティスト・コントリビューション」というところの横内さんという方の企画で、「ライブ・アット・アスピレーション」という名前のライブが始まりました。毎回アマチュアのヴォーカルが3人ぐらいいました。

 市ヶ谷の「メルツェン」はライブハウスではなく居酒屋です。

 この企画のライブは何年も続いたんですが、市ヶ谷の「メルツェン」から、銀座「シグナス」、青山のアメリンカンバー「ブレスレス」、上野「アリエス」と店が変わりました。

 この日ではなかったと思いますが、「メルツェン」の時にヴォーカルの佐野亜利亜さんと知り合いました。亜利亜さんがまだ「佐野たか子」で西麻布の「Woody Bell」へ習いに行ってたころですね。

 のちに「ブレスレス」でヴォーカルの高樹レイさんや千葉妹佐美ちゃんとも知り合いました。

 久しぶりにベースの悌二さんを呼んで一緒に演奏しました。ああ、やっぱりすばらしいです。


1994年8月21日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
高瀬龍一(tp) 窪井重吉(as) 久保田浩(p) 柴田喜久(b) 小泉源一郎(ds)

※初共演:高瀬龍一(tp)

 この日はトラでした。予定のピアノの人が突然できなくなってしまったようです。

 そしてこの日にトランペットの高瀬さんがいました。マイルスがやってる曲ばかり演奏しました。高瀬さんの演奏もマイルスでした。好きなんですねえ。


1994年8月26日(金)
☆内田さんのスタジオセッション
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 重田和之(b) 内田修一(ds)

※内田セッション開始

 理科大ジャズ研の先輩、ドラムの内田さんに誘われ、スタジオセッションをすることになりました。この年の末まで続きました。


1994年8月27日(土)
<千歳烏山 J MOOD>
「諸田富男 グループ」
清水あすか(vo) 小泉清人(g) 久保田浩(p) 稲垣護(b) 諸田富男(ds)

※初共演:清水あすか(vo) 稲垣護(b)

 ドラムの諸田さんのリーダーで、千歳烏山のライブハウス「J MOOD」に出演しました。ベースの稲垣さんと初めて一緒に演奏しました。とてもすばらしいです。


1994
☆教則ビデオ制作
※コードで弾くなるほどジャズピアノ入門

 諸田バンドのテナーの若松さんに教則ビデオの制作の話がきたので、諸田バンドのメンバー1人1人がそれぞれの楽器で1本ずつ教則ビデオを作ることになりました。

 この仕事に関しては内容は書きません。バンドメンバーはなぜだかわかる(^^)

 とにかくモノは出来ました。

  コードで弾くなるほどジャズピアノ入門

です。音楽館から出ています。


1994年9月3日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
村瀬由衣(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 井口健一(ts) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

※初共演:村瀬由衣(vo)

 ヴォーカルの村瀬由衣さんと初めて一緒に演奏しました。この方はジャズヴォーカルっていうか、もっと幅広く活動してる方ですね。CDもたくさん出てますし、ラジオ番組の司会などもやってますね。


1994年9月17日(土)
<八王子 BASH!>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 諸田バンドで八王子のライブハウス「BASH!」に出演しました。


1994年9月24日(土)
<千歳烏山 J MOOD>
「豊田"ナバロ"晃 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小泉清人(b) 久保田浩(p) 佐藤"ハチ"恭彦(b) 諸田富男(ds)

 ナバロバンドのベースの大角一飛さんができなかったのでハチくんにやってもらいました。


1994年9月28日(水)
☆幡ヶ谷のレストラン「スタンダーズ」へ遊びに行く
※インドカレー

 幡ヶ谷のレストラン「スタンダーズ」に遊びに行きました。代々木「NARU」での井口健一バンドにお客さんで毎回来ていた日下部(くさかべ)さんという夫妻が経営していたお店です。お店はもうなくなってしまいました。

 日下部さんにはジャズ演奏のビデオをたくさんダビングしていただきました。それも半端な数ではありません。

 お店では、ジャズ関係者が来るとジャズのビデオを流してくれました。

 日下部さんは井口さんと同世代の方です。その昔は代々木の「NARU」でアルバイトをしていたんですよね。その後は、九段下にある有名なインドカレーのお店「アジャンタ」で修行し、自分のお店を出したそうです。ということで「スタンダーズ」ではメイン料理の1つとしてインドカレーがありました。私は特別にここのインドカレーの作り方を教えてもらいました。私のうちでインドカレーを食べたことのある人が結構いると思いますが、あのカレーは日下部さんに教えていただいたレシピそのものです。「スタンダーズ」のインドカレーの味です。とてもおいしいです。是非ともこのお店を紹介したかったんですが・・・お店を閉めてしまってとても残念です。


1994年10月1日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
広瀬麻美(vo) 井口健一(ts)久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

※初共演:広瀬麻美(vo)

 ヴォーカルの広瀬麻美さんと初めて一緒に演奏しました。とにかくこの日は「ビリー・ホリデー」そのものっていう印象でした。すばらしいヴォーカルです。


1994年10月3日(月)
☆ライブ観賞
<青山 ブルーノート>
「マッコイ・タイナー トリオ」
マッコイ・タイナー(p) エイブリー・シャープ(b) アーロン・スコット(ds)

 青山の「ブルーノート」にマッコイ・タイナーのトリオを見に行きました。

 学生の頃、一時マッコイフリークになってしまった私ですが、初めて生の演奏を見ました。マッコイはよく日本に来ているんですけどね。演奏はCDで聴いてたとおりです。やっぱり顔は恐いです。体もデカいです。まあ巨大オスカー・ピーターソンに比べればたいしたことはありませんが。

 このメンバーは、ずいぶん長い間組んでいるトリオです。マッコイも飽きないもんですなあ。

 そういえば、マッコイのダイエット方法っちゅうのを聞いたことがあります・・・あれで?どこが唾胃ゑっ吐しとるんぢゃ?・・・してたらしいです。プロテインダイエットというものです。そういうのありますよね。で、マッコイはどうするかというと・・・

  1. いつものとおりメシを食う。
  2. +プロテインを食う。

・・・どこが唾胃ゑっ吐ぢゃ!・・・結果はあのとおりです。


1994年10月5日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 鏡剛(ds)

 八王子の「BASH!」に、このメンバーで出演しました。


1994年10月7日(金)
<西麻布 ウッディベル>
「Joy田村 バースデイライブ」
Joy田村(vo) 久保田浩(p) 磯部英貴(b) 諸田富男(ds)

 西麻布のヴォーカルスクール「ウッディベルl」に習いに行っていた、ヴォーカルのJoy田村さんのバースデイライブを行ないました。

 磯部くんもJoyさんのことを知ってたのにはびっくりしました。んーん、ジャズ界はどこでどうつながっているかわかりませんね。


1994年10月8日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+広瀬麻美」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 広瀬麻美(vo)

 新宿「J」での諸田バンドに、ヴォーカルの広瀬さんを迎えました。


1994年10月15日(土)~16日(日)
☆会津若松へ旅行

 この年の3月に法政ニューオレの人たちで、会津若松に住んでいた法政ニューオレの後輩のテナーの小澤くんの家に泊まりに行ったんですが、また遊びに行きました。彼と会津のライブハウスでセッションしました。


1994年10月17日(月)
<銀座 シグナス>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 大角一飛(b) 諸田富男(ds) 他(vo)

 アーティスト・コントリビューションの横内さんの企画物のヴォーカルのライブです。これ以降何回か銀座「シグナス」でありました。


1994年10月23日(日)
<市ヶ谷 メルツェン>
「ライブ・アット・アスピレーション」
「ヴォーカルライブ」
久保田浩(p) 飯田雅春(b) 鏡剛(ds) 他(vo)

※初共演:飯田雅春(b)

 アーティスト・コントリビューションの横内さんの企画物のヴォーカルのライブです。ドラムの鏡くんに、ベースの飯田くんを紹介されました。初めて一緒に演奏しました。


1994年10月28日(金)
<三鷹 カフェマグノリア>
「佐野宏 グループ」
佐野宏(vib) 久保田浩(p) 大多康之(b)

※カフェマグノリアに初出演

 理科大ジャズ研の大先輩、ビブラフォンの佐野さんの誘われて、三鷹の「カフェマグノリア」に出演しました。

 「カフェマグノリア」に初めて出演しました。


1994年10月29日(土)
<大宮 アコースティックハウス・ジャム>
「パーティ」
冨田久美(vo) 久保田浩(p) 藤田耕平(b)

※初共演:冨田久美(vo)

 初めて大宮の「アコースティックジャムハウス」に行きました。これはライブではありません。何かのパーティでの演奏でした。

 ベースの藤田さんに、

  「何かのパーティの演奏の仕事が
   あるんだけどやんない?」

と誘われました。またその時に、

  「他に誰かヴォーカルがいるみたい。」
  「変なヴォーカルだったら困るなあ。」

と言われました。

 当日行って初めて名前を聞きました。一緒に演奏してみると・・・なんだ、ちゃんと歌えるじゃん、と2人で安心。冨田さんとはその日のうちに仲良くなりました。そして後日、彼女からライブを誘われるようになりました。

 そういえば冨田さん、自分から「モンチッチ」とか言ってました。んーん、確かにその髪の毛では某お店に文句を言われますね。


1994年10月30日(日)
<相模大野 居酒屋 新選組>
久保田浩(p) 永塚博之(b)

※初共演:永塚博之(b)

 居酒屋「新選組」でのBGMです。ベースの永塚(えいづか)博之さんと初めて一緒に演奏しました。んーん、ちょっと恐かったです。見た目が・・・。でもいいベースでした。


1994年11月3日(木) [1]
☆理科大ジャズ研コンサートに出演
「大橋明 Love&Peace>
小林(tp) 林(g) じみた(p) 大橋(b) 西尾研一(ds)

 理科大ジャズ研のコンサートに出演しました。OBバンドです。



1994年11月3日(木) [2]
☆学芸大学の学祭に出演
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

※初共演:池田潔(b)

 その後、諸田バンドで学芸大学の学祭のジャズ研の場所に出演しました。ベースの志村さんは学芸大学のジャズ研出身です。この時、(まだ学芸大の現役だったのかな?)ベースの池田潔くんがいました。セッションをしました。


1994年11月4日(金)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds) 宮園ゆかり(vo)

※初共演:宮園ゆかり(vo)

 ヴォーカルの宮園ゆかりさんと初めて一緒に演奏しました。しばらく新宿「J」での諸田バンドのヴォーカルは宮園さんになります。


1994年11月6日(日)
☆清里ドライブ with 畔柳直之・桃子 夫妻

 畔ちゃんの車で行きましたね。運転手は畔柳くん1人です。御苦労様でした。


1994年11月10日(木)
<御茶ノ水 1933サニーサイド>
「久保田浩 デュオ」
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b)

※1933サニーサイドの久保田浩デュオ開始

 御茶ノ水のレストラン「1933サニーサイド」で自分名義のライブを行ないました。これ以降1933でライブを行なうことになります。


1994年11月13日(日)
☆理科大ジャズ研のOB会
<御茶ノ水 NARU>

 御茶ノ水「NARU」で理科大ジャズ研のOB会を行ないました。


1994年11月18日(金)
<新宿 DOKIDOKI>
「ケーキバイキング」
久保田浩(p)
※1人も来ず

 新宿のライブハウス「DOKIDOKI」で昼間のケーキバイキングのBGMの仕事を頼まれたので行きましたが、客は1人も来ませんでした。ギャラだけもらって帰りました。これは教則ビデオ関係です。膨大な数のケーキは、運良く別のところで使われたようです。


1994年11月26日(土)
<新宿 J>(深夜)
「ジャムセッション ホスト」
久保田浩(p) 重田和之(b)

※Jの深夜のジャムセッションホスト開始

 新宿ライブハウス「J」でセッションリーダーをやりました。深夜24:00からのセッションです。これ以降「J」でのセッションリーダーをやることになります。


1994年11月29日(火)
<新宿 DOKIDOKI>
「諸田富男 六重奏団」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds)

 新宿のライブハウス「DOKIDOKI」に諸田バンドで出演しました。これも教則ビデオ関係です。


1994年12月3日(土)
<代々木 NARU>
「井口健一 グループ」
六角幸生(vo) 井口健一(ts)久保田浩(p) 磯部英貴(b) 西尾研一(ds)

※初共演:六角幸生(vo)

 男性ヴォーカルの六角幸男さんと初めて一緒に演奏しました。これよりだいぶたってから六角さんとライブをやるようになります。


1994年12月6日(火)
<大宮 アコースティックハウス・ジャム>
「冨田久美 デュオ」
冨田久美(vo) 久保田浩(p)

※アコースティックハウスジャムの冨田久美デュオ開始

 ヴォーカルの冨田さんとデュオでライブを行ないました。これ以降、大宮のアコースティックハウスジャムで冨田さんとデュオをやることになります。


1994年12月8日(木)
<吉祥寺?東急イン>
「吉祥寺ロータリークラブ」
「諸田富男 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

 吉祥寺のロータリークラブのクリスマスパーティでの演奏を行ないました。場所は東急インでした。


1992年12月10日(土)
<国立 障害者センター>
「クリスマス会」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 林正男(b) 諸田富男(ds)

 国立にある「障害者センター」のクリスマス会で演奏しました。何回かやってます。


1994年12月14日(水)
<八王子 BASH!>
「久保田浩 グループ」
三保千春(vo) 久保田浩(p) 安ヵ川大樹(b) 諸田富男(ds)

 八王子の「BASH!」に、このメンバーで出演しました。


1994年12月17日(土)
<武蔵野市立 井之頭小学校>
「音楽鑑賞会」
「諸田富男 グループ」
豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

 井の頭小学校の音楽鑑賞会で演奏しました。


1994年12月18日(日)
<羽田空港>
「クリスマスBGM」
矢島(ds) ?(g) 久保田浩(p) ?(eb)

 理科大ジャズ研OBのピアノの練木さんのトラで、こういう演奏を行ないました。矢島さんは練木さんと同業者です。ギタ-の人とエレベーの人は顔は覚えているんですが、名前がわかりません。ギタ-の人は新宿「J」のライブを見に来てくれました。エレベーの人は「ムーミン」と呼ばれていました。


1994年12月18日(日)
<立川 居酒屋 新選組>
久保田浩(p) 塩田哲嗣(b)
※楽しい音楽とは何か?

 居酒屋「新選組」でのBGMです。

 新選組はごく普通の安い居酒屋です。演奏も週末だけでミュージックチャージもありません。まあ単にバックミュージックでしょう。客はジャズを聴きにくるわけではないので演奏後の拍手なんかもありません。ところがベースの塩田君とやるときだけ、最初の1、2曲ですがなぜか拍手喝采になることが多かったのです。もちろん彼と演奏するのは楽しかったんですが、彼曰く、「こういうお店だっていい演奏をやればちゃんと聴くんだよ。こっちの楽しさが客に伝わるんだよ。」と。いい演奏をすればその音楽の楽しさが、特別聴こうとしていない客にさえ伝わるんだな、とつくづく思いました。


1994年12月21日(水)
<吉祥寺?東急イン>
「吉祥寺ライオンズクラブ」
「諸田富男 グループ」
三保千春(vo) 豊田"ナバロ"晃(tp) 久保田浩(p) 藤田耕平(b) 諸田富男(ds)

 吉祥寺のライオンズクラブのクリスマスパーティでの演奏を行ないました。場所は東急インでした。


1994年12月24日(土)
<新宿 J>
「クリスマススペシャルライブ」
「早稲田ダンモOBバンド」
?(vo) 伊藤陸男(tp) バードマン幸田(as, ss) 久保田浩(p) 佐々木良廣(b) 小西勝(ds)

※初共演:佐々木良廣(b) 小西勝(ds)

 新宿「J」のクリスマススペシャルライブに誘われました。早稲田ダンモのOBバンドです。ベースの佐々木さんはダンモのOB会長です。お店にタモリさんと写っている写真がありますよね。タモリさんは早稲田ダンモの出身で、新宿「J」の取締役宣伝部長ですから、たまにお店に遊びに来ます。私も、ライブをやっている時にタモリさんが何回か店に来られたことがあります。


1994年12月26日(月)
<新宿 J>
「久保田浩 グループ」
平麻美子(Vo) 岡崎好朗(tp) 久保田浩(p) 塩田哲嗣(b) 井川晃(ds)

※初共演:岡崎好朗(tp)
※Jで久保田浩グループ開始

 新宿の「J」で自分名義のライブを行ないました。このメンバーで出演しました。これ以降何回か自分名義で新宿の「J」に出演することになります。

 っていうかベースの塩田くんが、「ジミちゃん、どっかライブハウスとって一緒にやろうよ。」っていうからとったんです。他の店でも彼とはやってましたが「J」でもやることにしました。何回か私のリーダーで「J」でやった後、彼はアメリカに行ってしまったのでその時点でやめてしまいましたが。

 この当時、バークリー音楽院から帰ってきたばかりで、ほとんど仕事をしていなかったトランペットの岡崎くんを入れました。塩田くんがすすめてくれました。岡崎くんには私もこれより以前に新宿の「J」でのセッションで会ったことがありました。彼がバークリーから一時帰省していたときです。私はその時に「いいトランペットがいるなあ」と思いました。名前を聞くと「岡崎」・・・彼は、私の法政ニューオレの後輩であるテナーの岡崎正典くんのお兄さんだったのです。そして、このバンドのメンバーを決めようとしてたときに塩田くんにすすめられたので、その時演奏を聴かずとも何も文句なしでした。演奏はすばらしかったですね。

 ドラムの井川くんはすばらしいドラムなのは知ってます。それにしばらく一緒に演奏していなかったので誘いました。

 ヴォーカルの平さん・・・私より年下なんだけどクセで平さんって呼んでます・・・は本当はこのバンドのヴォーカルではありませんでした。別に平さんがダメなんじゃありません。一緒にバンドやるなら清水貴和子さんにしようと思っていたのです。貴和ちゃんとはだいぶ前からの知り合いなのになぜか一緒に演奏することがなかったのです。しかも私好みのすばらしいヴォーカルです。ところが貴和ちゃんがこの日できなかったのです。それなら貴和ちゃんと仲のよい平さんにしようか、ってことで平さんにやってもらいました。まあこのことで平さんにはずーっとお世話になってしまうんですけどね。また、「J」でのライブはこれ以降全部平さんにやってもらいました。そういうことなんですよ、平さん。・・・ダチだからいいよね。


1994年12月31日(土)
<新宿 J>
「諸田富男 六重奏団+宮園ゆかり」
豊田"ナバロ"晃(tp) 小川高生(as) 若松孝(ts) 久保田浩(p) 志村洋一(b) 諸田富男(ds) 宮園ゆかり(vo)

 この年最後のライブでした。




じみたの歴史目次
じみたトップページ