入院 2001/7/9〜2002/3/30(約9ヶ月)

退院の理由

 2002年3月30日退院しました。しかし実はあまり状態がよくありません。本来は今程度の炎症があるから入院するのであって、私の場合は、
     「手術適応程度のひどい状態から今程度になったので退院」
なのです。退院の理由は炎症がなくなったからではなく、おおよそ次のような事です。

1.3月の現状では入院していても食事をして薬を飲んで寝ているだけである。点滴もない。
2.毎週週末に外泊(自宅)をしている。
3.10月から11月にかけて行なった白血球除去療法が退院して3ヶ月経たないと出来ない。
  (保険の関係)


入院中の経過

月日 検査・治療 プレドニン 点滴 蓄尿 食事 備考
7/9(月)   30mg     低残渣食(全粥) 入院。手術決定。最低約8ヶ月の入院が必要と聞かされる。
7/10(火)       低残渣食(全粥)  
7/11(水) ACTH筋注     低残渣食(全粥)  
7/12(木) IVH開始 夕〜なし 点滴のカテーテルが右鎖骨下に入らず、首の右側から入れられる。
7/13(金)   なし  
7/14(土) カテーテル入れ直し なし 点滴のカテーテルの向きを直す。しかし途中で抜けてしまい、右脚の付け根に入れられる。
7/15(日)   なし  
7/16(月)   25mg なし 免疫抑制剤開始。
7/17(火)   なし  
7/18(水) ACTH筋注 なし  
7/19(木)   なし  
7/20(金)   なし  
7/21(土)   なし  
7/22(日)   なし  
7/23(月)   20mg なし  
7/24(火)   なし  
7/25(水) ACTH筋注 なし  
7/26(木)   なし  
7/27(金)   なし  
7/28(土) 大腸カメラ なし 炎症がかなり改善されている。手術はしなくていいかも。
7/29(日)   なし  
7/30(月)   15mg なし  
7/31(火)   なし  
8/1(水) ACTH筋注 なし  
8/2(木)   なし  
8/3(金)   なし  
8/4(土)   なし  
8/5(日)   なし  
8/6(月)   10mg なし  
8/7(火)   なし  
8/8(水)   なし  
8/9(木)   なし  
8/10(金)   なし  
8/11(土) 大腸カメラ 昼〜流動食 炎症が改善。手術はなくなる。食事が開始。
8/12(日)   流動食  
8/13(月)   5mg 流動食  
8/14(火)   流動食  
8/15(水)   朝〜3分粥 点滴のカテーテルの状態が悪いのではずし腕からになる。
8/16(木)   3分粥  
8/17(金)   3分粥  
8/18(土)   朝〜5分粥 点滴が24時間でなくなる。午前9時ごろと午後4時ごろの2回で2時間ぐらい。毎回抜き差し。
8/19(日)   5分粥  
8/20(月)   なし 5分粥  
8/21(火)   夕〜7分粥軟菜食  
8/22(水)   7分粥軟菜食  
8/23(木)   7分粥軟菜食  
8/24(金)   朝〜軟菜食(全粥)  
8/25(土)   軟菜食(全粥)  
8/26(日)   軟菜食(全粥)  
8/27(月)   軟菜食(全粥)  
8/28(火)   軟菜食(全粥)  
8/29(水)   軟菜食(全粥)  
8/30(木)   軟菜食(全粥)  
8/31(金)   軟菜食(全粥)  
9/1(土) 大腸カメラ 30mg 朝〜なし 出血のため前処置をせず急遽大腸カメラを行う。食事もなくなる。点滴も24時間になる。
9/2(日)   なし 腕からの点滴が1日もたない。ほぼ毎日抜き差し。
9/3(月)   なし  
9/4(火)   なし  
9/5(水)   なし  
9/6(木)   なし  
9/7(金)   なし  
9/8(土) カテーテル挿入 なし 腕からでは栄養が行き渡らないないので右鎖骨下からカテーテルを入れられる。
9/9(日)   なし  
9/10(月)   なし  
9/11(火)   なし  
9/12(水)   なし  
9/13(木)   なし  
9/14(金)   なし  
9/15(土)   なし 出血がなくなる。
9/16(日)   なし  
9/17(月)   なし  
9/18(火)   なし  
9/19(水)   なし  
9/20(木)   なし  
9/21(金)   なし  
9/22(土)   なし  
9/23(日)   なし  
9/24(月)   なし  
9/25(火)   なし  
9/26(水)   なし  
9/27(木)   なし  
9/28(金)   なし  
9/29(土) 大腸カメラ なし 改善。
9/30(日)   なし  
10/1(月)   なし  
10/2(火)   なし  
10/3(水)   なし  
10/4(木)   なし  
10/5(金)   なし  
10/6(土)   なし  
10/7(日)   なし  
10/8(月)   なし  
10/9(火)   なし  
10/10(水)   なし  
10/11(木)   なし  
10/12(金)   なし  
10/13(土) 大腸カメラ なし 改善。
10/14(日)   なし  
10/15(月)   なし  
10/16(火)   なし  
10/17(水)   なし  
10/18(木)   なし  
10/19(金)   なし  
10/20(土)   なし  
10/21(日)   なし  
10/22(月)   なし  
10/23(火)   なし  
10/24(水)   なし  
10/25(木)   なし  
10/26(金)   なし  
10/27(土) 大腸カメラ なし 少し状態が悪くなる。白血球除去療法を行うことになる。
10/28(日)   なし  
10/29(月)   なし  
10/30(火)   なし  
10/31(水) 白血球除去 なし 白血球除去療法1クール目開始。針の片方は左腕、片方は左脚付け根から。脚のほうがうまく入らず右脚7回、左脚2回刺された。
11/1(木)   なし  
11/2(金)   なし  
11/3(土)   なし  
11/4(日)   なし  
11/5(月) カテーテル入れ替え なし 毎回白血球除去のため刺すのはたいへんなので鎖骨のカテーテルを2通路使える太いものに入れ替え。3日間ぐらい痛い。寝返りができない。
11/6(火)   なし  
11/7(水) 白血球除去 なし  
11/8(木)   なし  
11/9(金)   なし  
11/10(土)   なし  
11/11(日)   なし  
11/12月)   なし  
11/13火)   なし  
11/14(水) 白血球除去 なし  
11/15(木)   なし  
11/16(金)   なし  
11/17(土)   なし  
11/18(日)   なし  
11/19(月)   なし  
11/20(火)   なし  
11/21(水)   なし  
11/22(木) 白血球除去 なし  
11/23(金)   なし  
11/24(土)   なし  
11/25(日)   なし  
11/26(月)   なし  
11/27(火)   なし  
11/28(水) 白血球除去 なし 白血球除去療法1クール目終了。
11/29(木)   なし  
11/30(金) 大腸カメラ 昼〜流動食 炎症はよくなるがこのまま白血球除去療法を続けることになる。3ヶ月ぶりの食事。
12/1(土)   流動食  
12/2(日)   流動食  
12/3(月)   昼〜3分粥  
12/4(火)   3分粥  
12/5(水) 白血球除去 3分粥 白血球除去療法2クール目開始。
12/6(木)   3分粥  
12/7(金)   朝〜5分粥  
12/8(土)   5分粥  
12/9(日)   5分粥  
12/10(月)   昼〜7分粥軟菜食  
12/11(火)   7分粥軟菜食  
12/12(水)   7分粥軟菜食  
12/13(木) 白血球除去 昼〜軟菜食(全粥)  
12/14(金) 大腸カメラ 軟菜食(全粥) 改善。
12/15(土)   軟菜食(全粥)  
12/16(日)   軟菜食(全粥)  
12/17(月)   軟菜食(全粥)  
12/18(火)   軟菜食(全粥)  
12/19(水) 白血球除去 25mg 軟菜食(全粥)  
12/20(木)   軟菜食(全粥)  
12/21(金)   軟菜食(全粥)  
12/22(土)   軟菜食(全粥)  
12/23(日)   軟菜食(全粥)  
12/24(月)   軟菜食(全粥)  
12/25(火)   軟菜食(全粥)  
12/26(水) 白血球除去 軟菜食(全粥)  
12/27(木)   軟菜食(全粥)  
12/28(金)   軟菜食(全粥) 点滴が24時間でなくなる。
12/29(土)   軟菜食(全粥)  
12/30(日)   軟菜食(全粥)  
12/31(月) 白血球除去 点滴
軟菜食(全粥) 白血球除去療法2クール目終了。鎖骨下のカテーテルを入れたまま外泊。半年ぶりの家。
1/1(火)         外泊
1/2(水)         外泊
1/3(木)   20mg   軟菜食(全粥) 外泊
1/4(金) カテーテル抜く   軟菜食(全粥) カテーテルを抜く。病院内で自由な身になる。
1/5(土)     軟菜食(全粥)  
1/6(日)     軟菜食(全粥)  
1/7(月)     軟菜食(全粥)  
1/8(火)     軟菜食(全粥)  
1/9(水)     軟菜食(全粥)  
1/10(木)     軟菜食(全粥)  
1/11(金) 大腸カメラ   軟菜食(全粥) 改善
1/12(土)     軟菜食(全粥)  
1/13(日)     軟菜食(全粥)  
1/14(月)     軟菜食(全粥)  
1/15(火)     軟菜食(全粥)  
1/16(水)     軟菜食(全粥)  
1/17(木)     軟菜食(全粥)  
1/18(金)     軟菜食(全粥)  
1/19(土)     夕〜普通米軟菜食  
1/20(日)     軟菜食  
1/21(月)     昼〜常食  
1/22(火)     常食 蓄尿終了
1/23(水)        常食  
1/24(木)       常食  
1/25(金)       常食  
1/26(土)       常食 外泊
1/27(日)         外泊
1/28(月)       常食 外泊
1/29(火)       常食  
1/30(水)       常食  
1/31(木)   17.5mg     常食  
2/1(金)       常食  
2/2(土)       常食 外泊
2/3(日)         外泊
2/4(月)         外泊
2/5(火)       常食 外泊
2/6(水)       常食  
2/7(木)       常食  
2/8(金)       常食  
2/9(土)       常食 外泊
2/10(日)         外泊
2/11(月)       常食 外泊
2/12(火)       常食  
2/13(水)       常食  
2/14(木)       常食  
2/15(金) 大腸カメラ     常食 改善
2/16(土)       常食 外泊
2/17(日)         外泊
2/18(月)       常食 外泊
2/19(火)       常食  
2/20(水)       常食  
2/21(木)       常食  
2/22(金)       常食  
2/23(土)       常食 外泊
2/24(日)         外泊
2/25(月)         外泊
2/26(火)       常食 外泊
2/27(水)       常食  
2/28(木)   15mg     常食  
3/1(金)       常食  
3/2(土)       常食 外泊
3/3(日)         外泊
3/4(月)       常食 外泊
3/5(火)       常食  
3/6(水)       常食  
3/7(木)       常食  
3/8(金) 大腸カメラ     常食 S字結腸は改善したが直腸の炎症が少し悪くなる。
3/9(土)       常食 外泊
3/10(日)         外泊
3/11(月)       常食 外泊
3/12(火)       常食  
3/13(水)       常食  
3/14(木)       常食  
3/15(金)       常食  
3/16(土)       常食 外泊
3/17(日)         外泊
3/18(月)       常食 外泊
3/19(火)       常食  
3/20(水)       常食  
3/21(木)       常食  
3/22(金)       常食  
3/23(土)       常食 外泊
3/24(日)         外泊
3/25(月)         外泊
3/26(火)       常食 外泊
3/27(水)       常食  
3/28(木)       常食  
3/29(金) 大腸カメラ     常食 直腸の炎症が改善。退院決定。
3/30(土) 退院     常食  

※ACTH筋注・・・副腎皮質刺激ホルモン筋肉注射
※プレドニン・・・ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)
※IVH・・・中心静脈栄養法。鎖骨下や首、鼠径部などにカテーテルを入れ高カロリー輸液を点滴する。


入院中のおもな出来事

7/28(金) 病院の盆踊り大会。病室で聞く。子供のころ踊った炭坑節が流れていた。
8/13(月)〜8/15(水) お盆。何もない。
9/1(土) 新宿歌舞伎町ビル火災。
9/11(火) ニューヨーク同時多発テロ事件。
10/10(水) 誕生日。食事なし。
12/25(火) クリスマス。夕食に小さいケーキが出た。
12/31(月) 外泊。半年ぶりに家に帰る。
1/27(日) 浅草JANOMEで病気回復祈願ライブ。7ヶ月ぶりに鍵盤をさわった。


入院中の1日

これが入院中の1日です。

午前0時  
午前1時
午前2時
午前3時
午前4時
午前5時
午前6時 6:00 起床。6;30 検温。
午前7時 7:45 お茶を配りに来る。
午前8時 8:00 朝食。
午前9時  
午前10時 先生回診(時間不定)。看護婦が血圧を計りに来る。
午前]11時 11:45 お茶を配りに来る。
午前12時 12:00 昼食。
午後1時 1:30 検温。
午後2時  
午後3時
午後4時
午後5時 5:45 お茶を配りに来る。
午後6時 6:00 夕食。
午後7時  
午後8時 看護婦が見回りに来る。
午後9時 9:00 消灯。
午後10時  
午後11時


入院中の1週間

入院中の1週間の出来事です。

日曜日 体重測定(午前7時ごろ)。回診なし。
月曜日 病衣交換。
火曜日 点滴のライン交換。
水曜日 シーツ交換。回診なし。
木曜日 病衣交換。
金曜日 採血(午前6時半ごろ)
土曜日  


他の患者さん

これは私の思い出です。名前は差し控えます。

胃潰瘍
Iさん
70才ぐらい。私が入院した時に横のベッドにいた。1日3食のうえに10時と3時のおやつまで出ていたので、こっちは食事もないのに!と思っていたら胃潰瘍で手術をしていたらしい。野球が好きなようで消灯後もテレビを見ていた。7月中に退院した。が、10月頃に病室に現われて他の患者さんと話をしていたのを聞いていたら、また入院したらしい。どうも調子が悪くなったようだ。階が違ったので、その後はどうなったかはわからない。
病名不明
Mさん
80才。とても元気。喉が悪いのか、ちょっとしゃべりにくそう。退院の日、ラーメンを食べに行こうと言っていた。
怪我
(多分)
Nさん
50代。足が悪いようなのだが普通に歩いているので病人に見えない。でも階段の上り降りが難しいらしい。よく酒の話をしていた。病院の盆踊りの日も「酒が飲みたい」と言っていた。退院の日も「これから友人と飲みに行く」と言っていた。
糖尿病
Sさん
75才ぐらい。毎週3回院内の透析に行っていた。最初の頃は割りと元気だったが、だんだん目が見えなくなってきたようだ。おまけにひざも悪くなり、1階上の透析室に行くのにも車椅子を使うようになった。ある日、外泊許可を申請したのだが、1日だけならよいと知ったのが不満だったのか、「最初は2日いいと看護婦が言ったのに」とか「1日だけなら意味がない」とか、かなりごねていた。さんざん看護婦にごねたが結局1日だけになった。こっちは24時間点滴で外泊自体が出来ないというのに…。糖尿は良くならず、目もあまり見えず、ひざも良くならず、車椅子を使っているのに、強引に退院した。その後ある日、車椅子に乗っている人に看護婦が「Sさん!」と声をかけていたので見たら、Sさんだった。また入院したのかもしれない。
胃潰瘍
Mさん
75才。胃潰瘍だが高齢なため手術はない。毎朝新聞を1階に取りに行っていた。性格はとても良く、いつもニコニコしていた。見舞いも沢山の人が来ていた。かなり元気な状態で退院した。その後ある日、院内で点滴をしているMさんを見た。どうやらまた入院したらしい。1月に病室移動があって、そこで同室になったのだが、なんと24時間点滴だった。しかもあまり歩けないため、おむつをしていた。その弱々しい姿を見てショックだった。歩くためのリハビリをしていたが、その後それもなくなった。結局24時間ベッドの上。食事も全然食べられなくなった。しかもだんだんボケてきた。看護婦に「早く死にたい」と言っている。そんな短期間で人間は弱々しくなるものなのか?…3月病室が変わったため、その後どうなったかはわからない。
病名不明
Iさん
84才。とても元気。血管の流れが悪くなる病気のようで、2回目の手術のための入院だった。看護婦やヘルパーも顔を知っていて「あらIさん、また入院なの?」と言われていた。入院の日と、その次の日、おもらしをした。高齢だから仕方ないのだろう。でもその後はなかった。2度目の手術の入院だから最初緊張していたのかもしれない。とても気さくな人で、私にもよく話しかけてくれた。家が農家なのか、奥さんがさつまいもをよく持ってきていた。手術後、しばらくして元気に退院していった。
病名不明Nさん 75才ぐらい。肺に水が溜まったようで、胸に管を刺された。内臓の病気らしい。ある日血管造影の検査があり、その後は24時間動いてはいけないのだが、消灯前の看護婦の見回りの時に、看護婦に「こんなの、日当5万ぐらいもらわないとやってらんないよ!」と言い放った。まあ気持ちはわかる。でも看護婦から「ここは病院よ」と言われ、そのまま集中治療室へ連れて行かれた。その後は別の病室へ移ったが、ある日見ると点滴をしていた。状態が悪くなったようだ。
足の怪我
Fさん
25才ぐらい。土木関係の仕事をしている。毎朝検温後、すぐひげ剃りを始め、終わるとすぐ洗面所へ。規則正しい人だ。奥さんが1日置きぐらいで見舞いに来ていた。ずっと車椅子だったが1週間ぐらいでそのまま退院してしまった。
肝炎
Mさん
20代。いつもカーテンを閉めているので顔が全くわからない。ずっとノートパソコンをさわっていた。
怪我
Tさん
62才。植木職人。仕事中に木から落ちたらしい。同室になる前の1ヶ月は、どこも痛くもないのに丸1ヶ月絶対安静にしていないといけなかったらしく、動けなかったらしい。同室になった時は車椅子だったが、そのうち杖になり、1ヶ月ぐらいで杖もなくなり普通に歩けるようになった。尿が1日20回ぐらいあるようだが、それは後遺症らしい。ただ、私が入院していた病院は泌尿器科がなかったので、なんと近くの大学病院へ通院していた。入院中に別の病院へ通院とは…。当然だろうが本人もブツブツ言っていた。尿の回数は減らないまま退院した。
怪我
Hさん
50才ぐらい。交通事故。車を運転中にぶつけられ、意識不明の重体で救急病院へ搬送されたらしい。奇跡的に助かって転院してきた。ずっと車椅子。ぶつけてきた人はとてもいい人だったらしく、その人に対しては怒っていなかったが、自分が加入している保険会社に相当怒っていた。保険会社は事故本人が長期間意識不明だったため死ぬと思っていたらしく、全く連絡をして来なかったとの事。いいかげんな会社だ。相当な補償額を請求したようだ。かなりの重症で体は鉄板だらけと言っていた。車椅子のまま退院した。が、3月にまた入院してきた。骨髄炎の疑いがあり、もし骨髄炎だったら手術が必要との事。私が退院したため、その後はどうなったかわからない。交通事故はこわい。
怪我
Sさん
28才。サッカーが趣味。足の怪我で手術。2ヶ月ぐらいで退院した。
大腸ガン
Sさん
62才。運転手。入院当初は腰が少し痛いという症状で整形外科の患者だった。ある日、腸が張った感じがするとの事で食事がとれなくなり、検査のため消灯後に吐きながら鼻からチューブを入れられた。とても苦しそうだった。そして別の病室へ移った。2ヶ月後ぐらいに私のいる病室に戻ってきたのだが、なんと大腸ガンで手術していたことがわかった。しかも人工肛門になっていた。別の病気で入院したのに何という事…。人工肛門が閉じれば退院らしい。早い人だと1ヶ月との事。ところがなかなか閉じない。食事をしなければ閉じ方が早くなるとの事で、1月に1週間ぐらい絶食になったがあまり意味がなかった様子。1週間ぐらいだと意味がないのかもしれない。3月下旬、なんと半年経っても閉じない。私のほうが早く退院してしまった。
病名不明
Kさん
60代。2回目の入院。その前の入院は7ヶ月で手術が3回だったらしい。そのうち2回めは失敗だとか言っていた。会話を聞いていると多分、永久人工肛門。少し調子が悪くて入院してきたのだが、すぐ良くなって退院。結局点滴だけだった。
胆のう
の病気
Kさん
75才。腰が痛いとかで入院してきた。前にも入院していたらしく、看護婦が顔を知っていた。胆のうが悪いようで手術をした。だんだん回復し、リハビリも開始。ところが腰の痛みは取れないようで、だんだん元気がなくなっていった。点滴が開始された。今度は左手があまり動かなくなった。おむつが開始された。そのうち食事が全く取れなくなり、ついに24時間点滴となった。その後、ほとんどしゃべれなくなった。性格が良く、見舞いの人も多かった。早く元気になってほしい。
胆石
Tさん
60才ぐらい。農家。口がすごく悪い。農家のためか?でも性格は悪くない。手術。手術後に鼻のチューブがなかなか抜けずブツブツ言っていた。1ヶ月ぐらいで退院。
大腸
ポリープ
Sさん
40代。大腸ポリープの手術は2回目。今回はかなりの大手術だったようだが全然平気。看護婦が「大丈夫?」と聞いてもニヤッと笑うだけ。手術慣れとは怖い。
怪我
Sさん
58才。交通事故。東北道を運転中、後ろからトラックに追突されたとの事。車内には家族など6人が乗っていて、そのうち子供と、その奥さんと、孫の1人が死亡。本人と奥さんと孫の1人が助かった。この事故はマスコミで報道されたらしい。福島の病院に即入院。その後に地元埼玉の大学病院に転院。そして私のいる病院に転院してきた。奥さんと孫も違う病室にいた。病室に来た時は、そんな大事故の怪我人とは思えないぐらい元気だった。転院2回めだから、かなり回復していたのか?何の仕事をしていたかわからないが、大事故に遭い、60歳近かったためか、もう仕事はしないと言っていた。気さくな人で、よく話しかけてきて、私の病気の事もとても心配してくれた。
病名不明
Hさん
40代ぐらい。お尻にこぶみたいなものが出来て、それを取る手術。簡単な手術らしく、毎日パチンコをしに外出していた。入院の必要があったのだろうか。
糖尿病
Kさん
60代。性格は良いのだが。独り言がうるさい。いびきもうるさい。
大腸の
病気
Kさん
60才ぐらい。やたらと敬語を使う。必要以上に使う。聞いていて何か裏がありそうなくらい敬語を使う。私は見ていないが、看護婦が気持ち悪いと言ったぐらい綺麗好きらしく、ベッド周りが異様に綺麗だったらしい。ある日の消灯後、看護婦に「明日外出するから点滴の時間を早くしてほしい」と言っていた。看護婦が「朝6時前後なら大丈夫ですが」と答えると、「10時に出たいから”後”は困る」と。看護婦が「でも前後になるのはしょうがないですよ」と言うのに反論して、「病院側の主張と私の主張との接点を…」とか「前後という意味は…」とかウザったい事をグタグタ言っていた。結局看護婦が「わかりました!5時半”前後”に点滴します!」と言い放って終わった。でもこれって点滴の速さが遅ければどうにもならないのだが…。別の話、手術した人は手術後に病院内を朝昼晩3周づつ歩くように言われているのだが、なぜか「目標は朝昼晩10周づつ」と決めていて、それをわざわざ看護婦やヘルパーに言っていた。そんな事、わざわざ言わなくてもいいものを。ある日歩いてるのを見たら、わざわざ距離が長くなるように通路の一番外側を歩いていて、角に来ると90度カクッと向きを変えていた。どう見ても変な歩き方だ。あと食事後は必ず病室と洗面所を5、6回往復していた。何をしていたのだろうか。とにかく変な人だった。
肝炎?
Tさん
60代。点滴が終わるとナースコールで必ず「ハーイ、Tです。点滴終わりました。」と言う。言葉がカワイイじいさんだった。
病名不明
Kさん
60代。点滴が終わるとナースコールで必ず「点滴終わったよ〜〜〜。」と言う。言葉がカワイイじいさんだった。
病名不明
Kさん
84才。とても元気。内臓の病気らしい。手術前の日、夜9時以降は食事をとらないように、と言われていた。手術後、看護婦が同じ病室の人に「昨日Kさん、何か変わった事はありませんでしたか?」と聞いていて、Kさんの横の人が「消灯の後に何かお菓子を食べる音がしてたよ」と。看護婦は「ええっ!」。何か異常事態があったのだろう。
病名不明
Sさん
88才。看護婦やヘルパーが通るたびに必ず何か話しかけていた。この人は誰かいるとしゃべらないとだめな人のようだ。
尿路結石
Eさん
40代。結石がとても痛そう。なわとびをやらされていた。ある時、なわとびで石が出たため退院となった。なわとびの効果もあるのかな。