入院 2002/7/1〜2002/9/4(約2ヶ月)

入院の理由

 2002年3月30日に退院して自宅療養を続けていたのですが、3ヶ月後の2002年7月に再び入院しました。入院の目的は、白血球除去療法を行うことです。保険の関係で1回の入院で白血球除去は2クール(1クールは5回で、2クールは10回)までしか行うことが出来ません。それ以上行うと自費(1回約15万円近い)となります。そもそも退院の理由が、前回の入院で白血球除去を2クール行なってしまい、それ以上の治療が何も出来ないので、白血球除去を行うために退院させられた、という事なのです。3ヶ月開けると白血球除去が出来るようなので、お約束どおり、3ヶ月後に白血球除去のために入院、となりました。

 白血球除去療法は必ずしも入院する必要はありません。通院でも可能です。しかし、私の主治医が「通院だと危ないから」という理由で入院させられました。


白血球除去療法

 白血球除去療法は、名前のとおり、白血球を除去する療法です。潰瘍性大腸炎は、白血球が誤って自分の大腸を攻撃するようなので、白血球を取り除けば症状が治まるだろう、という考えです。約7割の人に効果があると言われています。

 実際には、血液を除去装置に通して白血球を取り除き、再び体に戻す、という事を行います。人工透析のようなものです。実際、私は、人工透析担当の方にやってもらいました。体のどこか2ヶ所に注射針より大きな針を刺し、片方から血液をとり、片方へ戻します。1回が約1時間、1週間に1回、5回(5週間)で1クールです。保険適用は1回の入院につき2クールまでのようで、全部で10回(10週間)となります。

 除去中の約1時間はベッドで寝ているだけです。針が普通の注射針より大きいので、刺す時が痛いですが、あとはなんともありません。本を読んだりテレビを見たり出来ます。


入院

 私はこの入院では白血球除去しかやっていません。当初から白血球除去しかやる予定がありませんでした。だから入院の必要はなかったのですが・・・主治医がどうしても心配だからというので、仕方なく入院しました。確かに白血球除去後は白血球が少ない状態ですから、少々危険ではあるのですが、前回の入院の時に10回ともなんともなく、毎回翌朝に血液検査をしても異常はなく、入院担当医は「入院の必要はないのでは」と言っていましたが・・・。

 除去の曜日は基本的に水曜日になりました。入院といっても週1回の1時間の除去以外は何もする事がありません。非常に時間の無駄です。当然ですが自宅療養のほうが気分がいいです。そこで、今回はノートパソコンを購入して持っていく事にしました。それでも飽き飽きするのはわかっているので、必ず週末は外泊することにしました。月に6泊まで外泊していい事になっているので、最大限利用することにしました。そうそう、入院中は風呂に入れないのですよ。入ってもいいのですが、週に2日、それも曜日や時間が決められているのです。そんなのに合わせるより、自宅の風呂に入ったほうがいいです。

 結局、毎週土曜日の午前中に自宅に帰り、月曜日か火曜日の夕方に病院に戻って水曜日に白血球除去、という生活を2ヶ月と少し行ないました。

 除去の結果は・・・医者によるとあったらしいです。自分的には何も変わっていませんが。大腸自体の状態は前よりいいが、トイレ状態は変わってない、という結果でした。